三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての呉

趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男

この記事の所要時間: 438

 

 

 

三国志の時代は世の中が乱れ、人心は不安定でした。

誰もが将来に不安を感じていて、宗教や占いが大流行して黄巾(こうきん)の乱も

その延長線上で発生した宗教反乱であったのです。

三国志には、于吉(うきつ)左慈(さじ)管輅(かんろ)李意其(りいき)

と言うような仙人が登場しますが、彼らの予言は完全に神秘的な能力で

他人が簡単には真似できないものでした。

 

しかし、今回、紹介する趙達(ちょうたつ)は仙人のような神秘主義ではなく

算木を使用して計算を行い数学的な知識を駆使して多くの予言を行った

インテリ数学者だったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師

関連記事:管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師

 

 

算木を用いる数学的な趙達の予言方法

 

趙達は生没年不詳、司隸河南郡(しれいかなんぐん)の出身で

後漢末から三国時代の人物でした。

若い頃から精緻で綿密な思考を得意としていた趙達は後漢の侍中(じちゅう)

単甫(ぜんほ)の元で学問を修めています。

 

その後、中原が騒がしくなったので占ってみると東南の地方には王者の気があり

ここから帝王が出現するので、ここに行けば難を逃れると考え移住していきました。

もちろん、東南の地とは呉の支配地である揚州を意味しています。

 

さて、趙達が他のスピリチャルな仙人や占い師と大きく違うのは、

彼が「九宮一算の術」という占術と数学をミックスしたような技能を売りにした点です。

 

趙達が九宮一算術を誰から習ったかは書かれていません。

おそらく持ち前の精緻で綿密な性格を駆使し、従来の天文や計算術を改良し

人の運命や未来を予想する計算術を編み出したのではないでしょうか?

 

 

他の予言者と異なる趙達の数を当てる秘術

 

私達は現代人の奢りで古代の人々なんか掛け算位しか出来ないんじゃない?

等と罰当たりな事を考えますが、それはとんでもない間違いです。

 

例えば、日食を割り出す計算方法は、三角関数の数学知識が必要であり

今でも文系人間がコンピュータ無しに割り出すのは結構大変なのです。

中国人は紀元前の昔から、2センチ程度のマッチ棒のような算木という道具で

代数方程式のような複雑な計算を延々とやり続け、暦を生み出して、

天体の運行を予測し、国家儀式や種まき収穫のような農業技術に応用しました。

 

趙達は精緻で綿密な性格だというので数学が得意だったのでしょう。

実際に、それを裏付けるような逸話が残っています。

 

数学の力で占いを的中させる趙達

 

例えば、趙達は飛翔している(いなご)の正確な数を割り出したという話があり、

それを疑った人に対しては、ムシロの上にランダムに小豆を撒かせ数を数えずに

算木を使って小豆の数を言い当てたと言われています。

 

これなど確実に占いではなく、蝗の飛翔している空間の立方メートルと

蝗のサイズから計算して凡その数を割り出したのでしょうし、小豆の数は、

これを撒く人間の手の平の容積から撒ける小豆の個数を出したと推測できます。

 

もう一つ、ある人が趙達の占いを試そうと、大きな倉庫に何万という白紙の竹簡(ちくかん)

しまい込んで扉を施錠してから、趙達に数を当てさせようとした事があります。

この時も趙達は算木で占い、竹簡の数を当てた上、それが白紙である事まで

言い当てて人々をビックリさせたそうです。

 

竹簡が白紙かどうかまでは分かりませんが、倉庫の容積と竹簡のサイズを

頭に入れておけば竹簡の数を割り出すのは難しくないでしょう。

 

これらは数学の知識がない当時の一般庶民には完全に魔法に見えたと思います。

少なくとも、上記に挙げたような逸話はスピリチャルな能力ではなく

趙達が数学知識で答えを割り出したケースだと考えられるのです。

 

自分で編み出した占術だから伝授を惜しんだ

 

三国志に登場する仙人には、気前よく長生きの秘訣を教える人や、

南華老仙(なんかろうせん)のように張角(ちょうかく)に気まぐれに「乱れた世を糺せ」と

太平要術(たいへいようじゅつ)の書を授ける気前の良い人がいますが、趙達は自分の占術を惜しんで

誰にも教えようとはしませんでした。

 

闞沢(かんたく)殷礼(いんれい)のような名だたる儒者が教えを請うても門前払いし、

太史丞の公孫滕(こうそんとう)は、若い頃から趙達に師事し一生懸命に学んだので、

一時、趙達は占術の書物を与えようと考えましたが、途中で惜しくなり

占術の書は盗まれたと理由にならない事を言い、うやむやにしました。

 

遺失物を探すのも趙達の得意なのですから占いで探せばいいのですが

この時はダンマリを通して何もしていません。

自分が苦心して編み出した占術を人に与えるのが惜しくなったのでしょう。

 

このようなケースは趙達に限らず、ニュートンやフェルマーのような

科学者や数学者には見られ、自分が苦労して得た知識を他人に与える事を

躊躇してしまうわけです。

 

自分の占術を後世に残したいという気持ちもあったでしょうが

「苦労して得た知識をタダでやりたくない」という気持ちがそれに勝り、

とうとう九宮一算術は後世に伝わらなかったのではないでしょうか?

 

趙達激白!諸葛亮司馬懿はバカ

 

当時、占いには占星術や風を読む方法もありました。

しかし、趙達はこのような占いを端からバカにしていたようです。

 

「帷幕の中で算木を廻らせ、戸外に出ずに天道を知るのが占いなのに

昼夜、戸外に身をさらし寒暑に耐えながら予兆を読み取ろうとする人々は

誠に御苦労千万なことだな」

 

趙達の占いは自然現象を読んだり、天体運行の記録をつけるのではなく

軍営に閉じこもり、ひたすら算木(さんぼく)をこねくり廻して結果を出すものであり

そうではなく、野外に出て星と惑星の動きを見ている人々は

無意味な苦労をしているバカだと思えたのでしょう。

 

つまり、蜀の有名な天才軍師や魏を簒奪し晋の礎を築いた陰険将軍は、

趙達から見れば、取るに足りない人々なのです。

 

 

孫権に仕えるがやっぱり占術の秘密は喋らず・・

 

趙達はいつ頃からか不明ですが、孫権(そんけん)に仕えはじめます。

さっそく孫権は趙達に戦の吉凶を占わせますが、百発百中で孫権は感心しきり、

そこで、占術の秘密を教えてくれと頼みますが趙達の返事はNoでした。

不機嫌になった孫権は、趙達を露骨に差別し官位も上げなかったので、

趙達は占いは100%的中にも関わらず、身分は低いままでした。

 

西暦224年、魏の曹丕(そうひ)は呉討伐の軍を起こし広陵まで侵攻してきます。

孫権は徐盛(じょせい)の献策を用い、長江沿いにハリボテの城を築いて対抗しました。

曹丕は巨大な城が出来ていたので、呉の備えは万全と考え退却します。

 

この時、孫権は戦の推移を趙達に占わせました。

すると趙達は「曹丕が逃げ出しますが呉は庚子(こうし)の年に滅亡いたします」と答えました。

 

孫権が聞き咎めて「いつの庚子だ」と訊ねると、趙達は指を屈して計算し

58年後でございますと返答すると、孫権は、なーんだと安心し

 

「今も生きるのに精一杯なのに、そんな先の事は知らん子孫が考える事じゃ」

 

そう言って、少しも深刻に考えなかったそうです。

結局、趙達の予言は的中し58年後、西暦280年に呉は滅亡しました。

いくら58年後とはいえ、少しも動じないとは孫権、呑気と言うか、

いい加減な性格と言うか・・

 

自分の寿命を予言し、その通りに死去

 

ある時、趙達は何を思ったか自分の命運について占いました。

それは自分で思った以上に尽きるのが近かったようで

 

「私の寿命は某年某月某日に尽きると出た、その日に死ぬであろう」

こう言い、嘆かわしいと妻に愚痴をこぼしました。

 

すると、今度は妻が嘆き悲しみます、何しろ夫の占いは外れた事がないのです。

おいおい大声で泣いて泣き止む事がありません。

「しまった」と思った趙達は、もう一度算木を並べて命運を占います。

 

「おお!喜べお前、さっきは計算違いであった、こっちの長いのが本当だ」

 

こうして、泣いている妻に計算しなおした寿命を見せました。

ようやく妻は泣き止みましたが、それは趙達の優しい嘘でした。

やはり最初の占い通りに趙達は亡くなってしまったからです。

 

孫権は趙達が亡くなったと聞くと、血も涙もなく趙達の本を押収しようと

屋敷に突入しますが、家中ひっくり返しても一冊の本も出てきません。

怒った孫権は、趙達の娘を拘禁して責め(ただ)しましたが、

ついに一冊の著書も手に入りませんでした。

 

 

趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師

関連記事:周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  2. 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定…
  3. イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ!
  4. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・
  5. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶…
  6. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  7. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!
  8. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる
  2. 「古代エジプトのグライダー」ニセモノ説は冤罪だった【HMR流◯転裁判】 古代エジプトのグライダー
  3. 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だった?
  4. 江藤新平と佐賀の乱について語り佐賀を観光しよう! 江藤新平 幕末
  5. 張遼の愛馬の名前は?蒼天航路でも大活躍した黒捷
  6. 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!

三國志雑学

  1. 愛妻家の魏の将軍、郭淮
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

菫卓が死んだ後、長安はどうなったの? 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い! 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』 隠れキリシタンはどんな人?明治に入っても迫害された人々 あの子が欲しい♪三国時代のヘッドハンテング事情 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法 【あわれ趙雲】桃園義兄弟に入れないやむを得ない事情とは?

おすすめ記事

  1. キングダム ネタバレ予想537話「休載祭り決定!なんてこったい、今後を大予想」
  2. 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜群の才能を示した戦い
  3. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?
  4. 吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説
  5. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー
  6. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  7. 江華島事件と戦前の日朝関係とは? 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  8. 【始皇帝失敗】巡遊で天下に顔を売るつもりが命を狙われる羽目に

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP