キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
この記事の所要時間: 241




馬超

 

群雄のひとりとして曹操(そうそう)に対抗し、

一時は曹操を絶体絶命の窮地まで追い込んだのが西涼の雄「馬超(ばちょう)」です。

 

しかし、曹操に敗れてからは放浪を続け、張魯(ちょうろ)の客将となり、やがて劉備(りゅうび)の配下に収まります。

そして三国志演義では関羽(かんう)張飛(ちょうひ)と並んで「五虎大将(ごこだいしょう)」の一角を担うことになるのです。

 

今回はこの馬超の強さについて注目していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

 

 

異民族の血脈

馬超

 

馬超は長安にほど近い、司隷・扶風郡の出身です。

馬超の父である馬騰(ばとう)も同じ地で生まれています。

 

馬騰の父は役人から没落してどんどん西へ移り住んでいきます。

そして涼州の隴西郡で妻を迎えるのです。

この女性が西方の異民族である「羌」の娘でした。馬騰の母になります。

つまり馬超は異民族の羌の血を受け継いでいるのです。

 

異民族は匈奴(きょうど)烏丸(うがん)などいくつもありますが、

羌は後漢ともっとも激しく戦ったチベット系の遊牧民族です。

騎馬による戦闘に長けた民族として有名で、何度も後漢王朝の官軍の侵攻を受けています。

それでも滅びることなく対抗を続けました。

 

 

三国志正史による馬超の強さ

馬超と許褚

 

三国志正史と三国志演義で描かれ方が大きく異なるのが、実はこの馬超なのです。

馬超の強さの面でも描かれ方が大きく違います。

 

三国志正史では、「潼関の戦い(どうかんのたたかい)」で武勇を発揮し曹操を追い詰めたものの、

曹操との和睦の会談の席では、曹操の背後に許褚(きょちょ)が控えており襲撃できなかったと記されています。

 

曹操に敗れてからも果敢に軍を再興し、僻地の城を攻略していきますが、

味方の裏切りにもあって妻子を殺害され、張魯のもとに落ち延びています。

その後は張魯に兵を借りるもまたも曹操軍に敗れ、居場所を失いました。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

 

 

三国志演義による馬超の強さ

馬超と張飛

 

一方で演義では馬超の強さは光ります。17歳の初陣で李傕の配下の将を討ち取り、

潼関の戦いでは猛将・許褚と一騎打ちを行い引き分けています。

 

さらに張魯のもとに身を寄せてからは、侵攻してくる劉備軍と戦い、

猛将・張飛と互角の一騎打ちを演じています。

夜になっても松明を立てて一騎打ちを続けたシーンは名場面のひとつです。

 

馬超は「錦馬超」と紹介され、

許褚張飛と互角に渡り合う武勇と凛々しい容姿から「五虎大将」の一角を担うことに

読者はまったく違和感がありません。

むしろ馬超の加入で蜀がパワーアップしたと読者の胸は高鳴ることになるのです。

 

蜀びいきの演義ならではの脚色ですね。蜀の名誉のためにも、

一将軍として加入した馬超を悪く描くことはしないわけです。

 

五虎大将としての馬超の武功

馬超

 

そんな馬超ですが、劉備に降ってからの活躍はほとんどありません。

存在感を完全に消しています。

 

功績としては、あの馬超が劉備に降伏したという事実が、

益州の劉璋(りゅうしょう)を降伏させる要因になったこと。

馬超の人脈を使って、羌との関係性を強めることができたことなどでしょう。

演義では諸葛孔明が北伐で羌の軍を破っていますが、

正史ではむしろ羌との友好関係を結び、共に魏を攻める方針になっています。

ここで馬超の存在価値が高まっているのです。

 

関連記事:【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える

関連記事:晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

潼関の戦いぶりを見ても、馬超が騎馬隊を率いて戦うことに長けていたことは確かでしょう。

しかし個人の武で測ったときに、許褚や張飛と互角に戦えるほどだったのかは不明です。

もちろん許褚や張飛よりも強かった可能性もあります。

 

私が特に問題視したい点は、馬超の「孝」や「忠」の感覚です。

ここについてはまた改めて別の記事で詳しく紹介しますが、

馬超が孝や忠といった儒教の精神をどこまで兼ね備えていたのか疑問が残ります。

正直言って、呂布(りょふ)に匹敵するようなあまりよくない印象が強いです。

正史と演義で大きくことなるのはこの点になります。

 

軍人にとって「本当の強さ」とは何を指すのか、

馬超を見ているといつも考えさせられますね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  2. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しが…
  3. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だっ…
  4. 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天…
  5. 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?
  6. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志 かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!
  7. 曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編
  8. 陳宮は何故曹操を裏切ったのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族
  2. [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる
  3. 姜維の北伐失敗と蜀の衰退
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  5. 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?
  6. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ

三國志雑学

  1. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. 西洋が好きな霊帝

おすすめ記事

曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 真田丸 武田信玄 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの? 安土城 織田信長が作らせた城 明智光秀は安土城を焼いたのか?その理由は 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!

おすすめ記事

  1. 島津斉彬は幕末の天才藩主だった3つの理由
  2. 【9月の見どころ】9/9公開予定:本能寺の変に黒幕はいなかった! 衝撃の明智光秀単独犯説
  3. 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム?
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介
  5. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  6. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  7. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの?
  8. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP