キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう

この記事の所要時間: 241




馬超

 

群雄のひとりとして曹操(そうそう)に対抗し、

一時は曹操を絶体絶命の窮地まで追い込んだのが西涼の雄「馬超(ばちょう)」です。

 

しかし、曹操に敗れてからは放浪を続け、張魯(ちょうろ)の客将となり、やがて劉備(りゅうび)の配下に収まります。

そして三国志演義では関羽(かんう)張飛(ちょうひ)と並んで「五虎大将(ごこだいしょう)」の一角を担うことになるのです。

 

今回はこの馬超の強さについて注目していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

 

 

異民族の血脈

馬超

 

馬超は長安にほど近い、司隷・扶風郡の出身です。

馬超の父である馬騰(ばとう)も同じ地で生まれています。

 

馬騰の父は役人から没落してどんどん西へ移り住んでいきます。

そして涼州の隴西郡で妻を迎えるのです。

この女性が西方の異民族である「羌」の娘でした。馬騰の母になります。

つまり馬超は異民族の羌の血を受け継いでいるのです。

 

異民族は匈奴(きょうど)烏丸(うがん)などいくつもありますが、

羌は後漢ともっとも激しく戦ったチベット系の遊牧民族です。

騎馬による戦闘に長けた民族として有名で、何度も後漢王朝の官軍の侵攻を受けています。

それでも滅びることなく対抗を続けました。

 

 

三国志正史による馬超の強さ

馬超と許褚

 

三国志正史と三国志演義で描かれ方が大きく異なるのが、実はこの馬超なのです。

馬超の強さの面でも描かれ方が大きく違います。

 

三国志正史では、「潼関の戦い(どうかんのたたかい)」で武勇を発揮し曹操を追い詰めたものの、

曹操との和睦の会談の席では、曹操の背後に許褚(きょちょ)が控えており襲撃できなかったと記されています。

 

曹操に敗れてからも果敢に軍を再興し、僻地の城を攻略していきますが、

味方の裏切りにもあって妻子を殺害され、張魯のもとに落ち延びています。

その後は張魯に兵を借りるもまたも曹操軍に敗れ、居場所を失いました。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

 

 

三国志演義による馬超の強さ

馬超と張飛

 

一方で演義では馬超の強さは光ります。17歳の初陣で李傕の配下の将を討ち取り、

潼関の戦いでは猛将・許褚と一騎打ちを行い引き分けています。

 

さらに張魯のもとに身を寄せてからは、侵攻してくる劉備軍と戦い、

猛将・張飛と互角の一騎打ちを演じています。

夜になっても松明を立てて一騎打ちを続けたシーンは名場面のひとつです。

 

馬超は「錦馬超」と紹介され、

許褚張飛と互角に渡り合う武勇と凛々しい容姿から「五虎大将」の一角を担うことに

読者はまったく違和感がありません。

むしろ馬超の加入で蜀がパワーアップしたと読者の胸は高鳴ることになるのです。

 

蜀びいきの演義ならではの脚色ですね。蜀の名誉のためにも、

一将軍として加入した馬超を悪く描くことはしないわけです。

 

五虎大将としての馬超の武功

馬超

 

そんな馬超ですが、劉備に降ってからの活躍はほとんどありません。

存在感を完全に消しています。

 

功績としては、あの馬超が劉備に降伏したという事実が、

益州の劉璋(りゅうしょう)を降伏させる要因になったこと。

馬超の人脈を使って、羌との関係性を強めることができたことなどでしょう。

演義では諸葛孔明が北伐で羌の軍を破っていますが、

正史ではむしろ羌との友好関係を結び、共に魏を攻める方針になっています。

ここで馬超の存在価値が高まっているのです。

 

関連記事:【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える

関連記事:晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

潼関の戦いぶりを見ても、馬超が騎馬隊を率いて戦うことに長けていたことは確かでしょう。

しかし個人の武で測ったときに、許褚や張飛と互角に戦えるほどだったのかは不明です。

もちろん許褚や張飛よりも強かった可能性もあります。

 

私が特に問題視したい点は、馬超の「孝」や「忠」の感覚です。

ここについてはまた改めて別の記事で詳しく紹介しますが、

馬超が孝や忠といった儒教の精神をどこまで兼ね備えていたのか疑問が残ります。

正直言って、呂布(りょふ)に匹敵するようなあまりよくない印象が強いです。

正史と演義で大きくことなるのはこの点になります。

 

軍人にとって「本当の強さ」とは何を指すのか、

馬超を見ているといつも考えさせられますね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  2. 張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】
  3. 謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは?
  4. 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る
  5. 三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?
  6. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  7. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が…
  8. 張郃と顔良強いのは一体どっちだ?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?
  2. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?
  3. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術
  4. 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師
  5. 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?
  6. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2 辛憲英(しんけんえい)はどんな人?鍾会の滅亡を予言し自らの子供に注意を与えたママ 六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ? 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者? 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

おすすめ記事

  1. 夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?
  2. 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた?
  3. 島津斉彬と沖縄(琉球)との対外貿易計画はどんな関係性だったの?
  4. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  5. 【日本史の嘘】長篠の合戦は鉄砲三段撃ちのワンサイドゲームでは無かった?
  6. 完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは?
  7. 【はじめての三国志読者へお知らせ】あの袁術祭りのバナーを設置したよ!
  8. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP