法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ




馬超

 

三国志演義では「馬超(きんばちょう)」の異名を持つほどなので、

馬超の容姿が優れていたというイメージは三国志読者に定着していることでしょう。

はたしてどのように描写されているのか、

今回は馬超のファッションセンスについてお伝えしていきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

関連記事:錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう

 

 

錦とはどのようなものなのか

馬超

 

(にしき)」とはかなり色鮮やかな織物のことです。

金の糸や、赤・白・黄色などの色糸が使用されていたようです。

錦馬超とは、かなりカラフルであったことがうかがえます。

つまり馬超の服装は戦場で映えるような色合いだったということでしょう。

遠目からでも一目で馬超だと気づかれてしまいますが、

どれほどの手練れが向ってこようと討ち果たす自信があるという気概を感じます。

 

 

17歳の馬超の風貌

馬超

 

馬超のデビューは17歳の頃になります。

三国志演義ではここを初陣と記しています。

相手は董卓(とうたく)の残党・李傕(りかく)の軍です。

このときの馬超の描写は、「顔の色は冠の玉のようで、眼は流星のよう、

体躯(たいく)は虎のようで、(ひじ)は猿のよう、腹は(ひょう)のようで、腰は狼のようである」とあります。

ずいぶんと様々な動物に例えられたものですが、それほど強そうだったということでしょう。

キラキラした瞳のイケメンで、体格はマッチョという感じではないでしょうか。

しかし腰が狼で腹が彪というのはイメージが難しいですね。

馬超は見事に李蒙(りもう)王方(おうほう)といった敵将二人を討ち取りました

(李蒙は三国志正史では李傕に殺され、王方の詳細は不明です)。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

 

35歳くらいの馬超の風貌

馬超

 

三国志演義の第十回で初陣を果たした馬超は、第五十八回で曹操(そうそう)と対峙します。

父である馬騰(ばとう)の兵を引き継ぎ、関中連合の盟主としての登場です。

「白い粉をはたいたような顔の色に紅をさしたような唇、腰は細く、肩幅は広い。

まさに他人を圧倒する雄姿である」と描写されています。

まるで美女の容姿を絶賛するような描かれ方ですね。

色白で、色気を漂わせるほどのイケメンぶり。

体格はやはりマッチョですが、腰は引き締まっています。

スタイルも抜群だったわけですね。

ちなみに曹操は以前、この馬超を旗下(きか)に加えようと試みましたが断られているようです。

直接面識はなかったと思われますが、それだけの噂が曹操の耳にも届いていたということでしょう。

 

馬超を見た劉備の感想

馬超

 

馬超の甲冑(かっちゅう)姿でインパクトが強いのが「獅子頭の兜(ししがしらのかぶと)」です。

さらに「帯は獣面(じゅうめん)模様、白銀の甲冑に純白の(ほう)」と描写されています。

風貌が様々な動物で例えられているうえに、兜は獅子です。

姓が馬という時点で動物との関係性は深いですが、

馬超と猛獣は切っても切れない結びつきがあるようですね。

獅子頭のイメージも難しいですが、これは横山光輝先生の漫画「三国志」を

ご覧になっていただくとわかりやすいのではないでしょうか。

決して獅子舞のような仮面ではないはずです。

ちなみに日本の戦国大名・徳川家康の過ぎたるものとして「唐の頭」が登場しますが、

こちらは獅子ではなく、ヤクの白い毛を付けた兜だったようです。

馬超のこの姿を見た劉備は、その威風と品格に感動し、

「誠に錦馬超だ」と感嘆したと記されています。

 

三国志ライターろひもとの独り言

ろひもと理穂

 

こう見ていくと馬超のイメージカラーは「白」ですね。

肌も色白で、甲冑や袍も白です。

これに紅をさしたような唇の「赤」が映えている感じでしょうか。

もしかすると手に持つ槍は黄色だったかもしれません。

これでまさに錦の完成です。

しかしここまで容姿を褒め称えられるのは三国志演義では珍しいのではないでしょうか。

呂布(りょふ)周瑜(しゅうゆ)に匹敵しています。

容姿が優れているうえに強いのですから人気があって当然でしょう。

まさに三国志を代表する個性的なキャラです。

こうなると、劉備軍で戦場を疾駆(しっく)する錦馬超の姿を見たかったですね。

劉備に帰順してからの活躍がほとんどないのが残念です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  2. そんろは 孫魯班 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題
  3. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  4. 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  5. 関羽 関羽が打った囲碁は、今の囲碁と同じものだったの?
  6. 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労が原因で本当に亡くなったの?
  7. 呉の孫権 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  8. 文臣の最高官位に登る鍾繇(しょうよう) 潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 劉備と曹操
  3. 三国志の女性
  4. 劉備とサンタクロース
  5. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  6. 孔子

おすすめ記事

  1. 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点
  2. 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?
  3. 王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説! 王騎 キングダム
  4. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  5. 馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲しむ 馬謖の失敗に嘆く孔明
  6. 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ 嬴政(始皇帝)

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  2. 劉禅
  3. 張松
  4. 茶を飲む張角(太平道)

おすすめ記事

戦え于禁 于禁はチキン?その評価の妥当性について考えてみた 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定 江藤新平 幕末 江藤新平と佐賀の乱について語り佐賀を観光しよう! 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった! 曹丕に進言をする劉曄 後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの? 美女を集めた曹叡 そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった! 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP