キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?

この記事の所要時間: 64



 

于禁と曹丕

 

三国志はスポットが当たる武将と完全にぼやけている武将のコントラストが極端です。

例えば、于禁(うきん)漢江(かんこう)氾濫(はんらん)で自軍を沈没させてしまい、関羽(かんう)捕虜(ほりょ)になった時、

そこで、スポットが当たるのは、于禁龐徳(ほうとく)の2名だけです。

でも、実は于禁配下として捕虜になった魏将はあと2名いました。

一人は副将の浩周(こうしゅう)でもう一人は南陽太守の東里袞(とうりこん)です。

今回は別に知らなくてもどうという事はない、浩周と東里袞を取り上げます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?

関連記事:于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生

 

 

侯音(こうおん)の乱を引き起こした?悪太守東里袞

 

東里袞は生没年不詳ですが、関羽のフィナーレに関与している事で名が残ります。

元々、南陽太守だった東里袞は218年、関羽が挙兵して北進を開始すると

樊城(はんじょう)に陣取る曹仁(そうじん)を援けて宛城に入り兵站(へいたん)を担う事になりました。

 

しかし、曹仁の税の徴収が過酷だったのか、東里袞の実績作りの為か、

宛城の課税が重くなり、部下の侯音(こうおん)衛開(えいかい)と共に3000名の兵と反乱を起こします。

これに驚いた東里袞は功曹の応余(おうよ)と共に城外に脱出しました。

 

この反応を見ると、東里袞は悪太守ではなかったかも知れません。

悪事を為している自覚があるなら、絶えず身辺を警戒しているものです。

侯音が叛いたと聞いて、慌てふためいて応余と逃げるという事は

反乱が寝耳に水だったせいでしょう。

関羽と周倉

 

単純に曹仁の要求する税が重いか、或いは最初から関羽と内通していた

侯音と衛開の計画的な反乱なんでしょうか?

 

 

応余を殺され奮戦する東里袞だが侯音に捕まる

孫堅

 

東里袞に逃げられた侯音は、逃がすかとばかりに追っ手を差し向けます。

逃げきれないとみた応余は、踏みとどまって東里袞を(かば)

全身に矢を浴びて孫堅(そんけん)みたいな最期を迎えました。

 

部下の死を見た東里袞は激怒し、猛然と逆襲を開始します。

それにより、何と一度は侯音の追っ手を追い返したのです。

東里袞は、自分を庇って死んだ応余を丁重に葬りましたが、

完全に宛を掌握した侯音の追っ手により捕虜にされました。

 

宗子卿の計略により東里袞は釈放される

 

捕まってしまった東里袞ですが、応余の親友の宗子卿(そうしけい)

東里袞を敬慕(けいぼ)していて、何とか救いたいと考えていました。

そこで、侯音と面会すると、

 

「東里袞は宛の人々の信望を得ているのにどうして捕えるのですか?

これでは、あなたの義挙(ぎきょ)も無意味になってしまいますよ。

それに、関羽より先に魏公(曹操)が宛に到着すれば、あなたは誅殺されます。

怒りを和らげる為にも、東里袞は釈放すべきです」と説得します。

 

侯音はもっともだと思い、東里袞を釈放しました。

解放された東里袞は親友である揚州刺史の温恢(おんかい)を頼り、

やがて軍勢を得て宛に引き返してきました。

 

ここで宗子卿も居心地が悪くなり、宛城を脱走、

二人は共同で宛城を包囲する事になります。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

曹仁の援軍で侯音の反乱を鎮圧するが今度は関羽の捕虜に・・

曹仁

 

関羽を迎え討っていた曹仁ですが、宛城の反乱を重く見て、

龐徳と共に援軍に駆け付けます。

これに力を得た東里袞は包囲を厳しくして攻めまくり、

侯音は関羽の援軍を待てずに降伏しました。

 

東里袞は、侯音とそれに内通した市民を捕えて処刑しましたが、

人々は「侯音公万歳」を叫び東里袞には呪いの言葉を

投げつけて死んで行ったそうです。

こうしてみると、侯音の反乱は関羽の扇動ばかりではなく

重税に苦しむ住民の支持を受けたもので、

やはり、曹仁の軍務や税の徴収が過酷だったのでしょう。

 

こうして、宛を解放した東里袞ですが、そのまま曹仁軍に吸収され

龐徳と共に、于禁の七軍に配属されます。

 

于禁の副将、浩周

 

于禁の護軍には、もう一人の主人公、浩周がいました。

浩周は字を孔異(こうい)と言い建安年間に出仕して蕭令(しょうれい)になり次第に累進して

徐州刺史になり、現在は于禁の七軍の護軍でした。

 

曹仁の援軍として来た于禁ですが長雨で漢江が氾濫すると

船を持たない于禁の軍勢は水没、関羽軍に降伏し降伏を拒否して処刑された

龐徳を除き于禁、浩周、東里袞は捕虜になったのです。

龐徳

 

あの歴史的なドラマの現場で、特に関羽になんとも言われず、

ぼーっと佇んでいた二人を考えるとなんだか面白いですね。

 

関羽の死後、孫権の捕虜になった3人・・

孫権

 

関羽は、于禁、浩周、東里袞の3名を殺す事なく捕虜にします。

しかし、そんな関羽も、魏蜀の秘密同盟には気づかず、

士仁(しじん)麋芳(びほう)呂蒙(りょもう)によって寝返りさせられ、江陵と公安を奪われます。

関羽は樊城と襄陽の包囲を解かざるを得なくなり、

まもなく敗北して捕えられ首を切られてしまいました。

関羽

 

3名はこうして、関羽から解放され孫呉の手に落ちます。

ただ、間もなく魏では曹操が没し禅譲(ぜんじょう)騒ぎでゴタゴタしている事もあり

送還は見合され遅れる事になりました。

孫権は、3名を丁重に扱いましたが、于禁は無傷で降伏した角で

虞翻(ぐほん)などに罵倒されたりしています。

後りの2名については、そういう事があったか分かりません。

 

魏に帰還して憤死した于禁と曹丕に呼ばれた二人

曹丕

 

曹丕が即位すると、3人は魏に送還されました。

于禁は曹丕に長年の労苦を労われた上で曹操の墓に参拝する事を勧められます。

しかし、これは曹丕の罠で、廟のレリーフに関羽に土下座する自分の姿を見つけた于禁は

怒りと恥ずかしさと屈辱で病気になり死んでしまいます。

于禁

 

一方の二人は、曹丕の御前に出される事になります。

理由は「孫権は本当に魏に臣従するつもりがあるか?」聞くためでした。

しばらく呉で過ごした二人なら見当つくだろうと考えたのです。

 

曹丕の下問対して浩周は

「孫権には本気で魏に臣従するつもりがあります」と解答。

逆に東里袞は

「あの酒乱ヒゲが臣従?ないない!騙されちゃいけません」と答えます。

孫権

 

どうやら、呉に関する感想が浩周と東里袞では180℃違ったようです。

曹丕は浩周の口ぶりに信憑性(しんぴょうせい)があると考え、浩周に対して

 

「じゃあ、お前、呉に行って息子を人質に寄こすように言ってこい」

 

と命じ、浩周は呉に送られる事になりました。

 

浩周は孫権に振り回される

孫権

 

西暦222年浩周は孫権を呉王に封じる使者として呉に到着し、

孫権の後継者である長男の孫登(そんとう)を洛陽に入朝(にゅうちょう)させるように命じます。

儀式の後に、孫権は酒宴を催して浩周をもてなしました。

 

浩周「実は陛下は、呉王が王子を入朝させる事を信じておりません

しかし、私は王を信じておりますから、我が一門百名の命を懸けました

どうか王よ、私の誠意を容れられよ」

 

それを聞いた孫権は、酒が入っているせいか、感激して胸襟(きょうきん)を開き

孫権

 

孫権「浩孔異(こうこうい)よ!どうも有難う!赤の他人の余の為に

自らの一門の命を懸けて保証してくれるとは・・

もう、何も言えねえ、、言えるわけがねえ!」

 

こうして、孫権は浩周と抱き合い涙を流しました。

帰り際にも、互いに天を指さして誓い合っています。

浩周は真心は必ず通じるものだとホクホクしたでしょう。

 

ところが、孫権が呉王に封じられた事に感謝する謝恩使は、

孫登を連れず、魏にやってきたのです。

孫権は酔いが覚めて気が変わったのでした。

曹丕

 

曹丕「・・・おい、、孫権の息子はどうした?」

 

使者「は?何の事で御座いましょう」

 

浩周から万事上手く行ったと報告を受けていた曹丕は、

しばらく使者を引き留め様子を見ますが、幾ら待っても

呉から孫登がやってくる様子はありませんでした。

 

孫権から手紙が来て今度こそ・・

曹丕

 

夏になると、孫権から親書が届きます。

それには曹丕宛てに前回の無礼を詫びた手紙と

浩周に宛てた手紙がありました。

 

その浩周の手紙には以下のようにありました。

 

「国交を結ぶ事が出来たのを嬉しく思います。

貴国とは色々ありましたが、終り善ければ全て善しですな

息子の孫登の件なのですが、あの後、色々考えた結果なのですが

我が子は幼く遠くに()るのは不安なので、もう数年待ってもらえませんか?

この事は宮廷にも伝えたのですが、まだ理解してもらえないので

あなたからもどうか口添えして下さい

 

また、我が子にはまだ配偶者がおりません。

可能であれば貴国と縁組したいのですが、いかがでしょう?

それが叶うなら、孫長緒(孫邵(そんしょう))を教育係として送り出します。

これが成るかどうかは、あなた次第なので、宜しくお願いしたい

しかし、やはり幼い我が子では教育面でも不安です。

ですので、教育係として張子布(張昭(ちょうしょう))もつけようかと考えています」

 

この手紙を浩周が曹丕に見せると

曹丕

 

「この()びっぷりは、孫権めが独力で江東を抑える自信がない表われ

孫登を寄こし我が国と通婚して股肱の臣を送るのは異心がない証拠だろう」

 

と満悦し、浩周も「陛下の仰せの通りです」と答えました。

 

ですが、この手紙も孫権の出鱈目でした、

やはりいつまで待っても孫登も、張紹も孫邵も来る事はなく、

いつの間にか呉は蜀と同盟を結び魏から離れてしまったのです。

孫権

 

以来、曹丕は浩周を疎んじて重く用いなくなりました。

いや、確かに浩周はお人よしだけど、曹丕も騙されてません?

全て浩周のせいにするのもどうかと思いますけど・・

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso編集長

 

結局、孫権の不誠実を見抜いていたのは東里袞でした。

しかし、それで曹丕が見直して重用したという事はないそうです。

遠ざけられた浩周が、その後どうなったかも不明です。

かなり対照的な二人ですが、どちらもそこまでの人材では無かった

と言うと少々酷な評価になりますか・・

 

面白いのは、関羽に降伏した于禁と龐徳という三国志の名場面では

ほぼ出番がない二人が、その後の魏に呉が臣従するという場面で

主役級の役割を果たしながら、どこまでも地味という点です。

 

蜀から呉に行って再び同盟を結んだ鄧芝(とうし)なんかは、

そこそこ知名度があるんですけどね・・

やはり、その武将が背負った華の無さなんでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?

関連記事:【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君?

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. どうして蜀は人材難に陥ったのか?
  2. 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!
  3. 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?
  4. 竹林の七賢の存在意義!それは反・司馬懿(しばい)の政治結社だ!
  5. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  6. 徐晃が地味な原因は裏方仕事が多いせいだった!
  7. 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!
  8. 荀彧は後漢グルーブor曹魏グルーブどっちなの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  2. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く
  3. キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在した男の数奇な運命
  4. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  5. またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた?
  6. 【三顧の礼】演義に書かれている意味深な詩を読んでみよう!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第1回 ドラゴンブレイドを攻略挑戦 【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!? 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの? もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策! 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性

おすすめ記事

  1. 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか
  2. 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?
  3. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  4. 【高杉晋作と伊藤博文の共通点】幕末テロ兄弟の絆
  5. 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?
  6. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.3【完】
  7. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】
  8. 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP