ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ?

秦明


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

公孫瓚

 

袁紹(えんしょう)と河北の覇者の地位を争った公孫瓚(こうそんさん)

彼の率いる白馬の騎馬隊は白馬義従(はくばぎと)と呼ばれる精鋭騎馬隊で

袁紹や異民族達から恐れられていました。

また蒼天航路(そうてんこうろ)三国志演義(さんごくしえんぎ)では劉備(りゅうび)と一緒に董卓(とうたく)討伐戦にも参加しています。

更に後に五虎将軍の一人として活躍する趙雲(ちょううん)を一時期配下にしていました。

このよう劉備との関係も深い公孫瓚ですが、今回は彼を紹介するわけではありません。

彼の息子に光を当ててみたいと思います。

一体公孫瓚の息子はどのような人だったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ!

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚


公孫瓚の息子っていったい誰??

公孫続

 

公孫瓚の息子って一体なんて名前なのでしょうか。

公孫瓚の息子の名前を公孫続(こうそんぞく)と言います。

多分マイナーすぎて知っている人はほとんどいないと思いますが、

一体何をした人なのでしょうか。


張燕の元に送られる公孫続

張燕

 

公孫瓚は袁紹との関係が悪化し、袁紹と戦うことになります。

公孫瓚と袁紹との戦いは一進一退で中々決着がつきませんでした。

そんな中公孫瓚は息子の公孫続を黒山賊(こくざんぞく)張燕(ちょうえん)の元へ送ります。

どうして公孫瓚は息子を張燕の元へ送ったのでしょうか。

それは張燕と同盟を結ぶことで袁紹を挟み撃ちにして攻撃しようと考えていたからです。

張燕は公孫瓚の誘いに乗って同盟を結ぶことになります。

そして公孫続は父の命令に従って張燕の元で過ごす事になるのでした。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

袁紹に追い詰められた公孫瓚の秘策とは

公孫瓚

 

公孫瓚は袁紹軍と激しい戦いを繰り広げていましたが、

ついに本拠地の易京(えきけい)に追い詰めれてしまいます。

しかし公孫瓚は鉄壁の防御を誇る易京を落とすことはできないと楽観してしました。

公孫瓚の読み通り袁紹軍は易京を攻撃に何回も失敗してしまいますが、

袁紹はめげずに何度も攻撃を仕掛けてじっくりと時間をかけて、

何重にもなっている易京の防御壁を壊していくのでした。

袁紹

 

公孫瓚は徐々に袁紹軍が城壁を壊して進んで来ることに恐怖を感じ、

息子の公孫続の元へ使者を派遣することに。

公孫瓚は公孫続へ

「張燕と一緒に援軍を出してくれるように必死に頼み込め。

援軍が来たら狼煙(のろし)を上げてくれ。

狼煙が上がれば我が軍と張燕軍で袁紹軍を挟み撃ちにして、ボコボコにしてやる。

この策を張燕に伝えるのだ」と秘策を書いた手紙を渡して使者を派遣します。


作戦がバレて失敗に終り、残念な最後を迎える

公孫瓚

 

公孫続の元に密使が届きます。

公孫続は張燕を説得して軍勢を率いて出陣。

公孫続は易京の近くにやってくると狼煙を上げて城内へ合図を送ります。

公孫瓚はこの合図を見ると城門を開いて自慢の騎馬隊を率いて突撃していくのでした。

 

しかしこの作戦は袁紹軍に知られており、

公孫瓚の軍勢も救援に来ていた張燕の軍勢も

袁紹軍の伏兵によってボコボコにされてしまうのでした。

この結果、公孫瓚は易京へ意気消沈して帰り、

その後、袁紹軍の総攻撃を受けて自殺してしまいます。

公孫瓚

 

公孫続は張燕の軍勢と一緒にいましたが、

正史三国志ではその後物語に出てこないまま消えてしまいます。

もしかしたら公孫続は張燕軍が敗北した時にそのまま逃亡して、

何とか逃げ延びたのかもしれません。

しかし公孫続があまり三国志で活躍しないまま消えてしまい、

残念で可哀想な人と言えるのではないのでしょうか。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田レンの独り言

 

さて公孫瓚の一族は公孫続の他にも残念な居なくなり方をしている人がいます。

例えば公孫瓚の従兄弟の公孫越(こうそんえつ)という人がいます。

この人も非常に残念な消え方をしています。

 

公孫越袁術(えんじゅつ)に味方するため彼の元に軍勢を率いて駐屯していました。

その後袁術の陣営に属していた孫堅(そんけん)が袁紹陣営の周昂(しゅうこう)に陣地を取られてしまいます。

袁術は袁紹の武将に激怒し、孫堅公孫越に周昂を攻撃するように要請を出します。

 

二人は周昂を攻撃しますが、公孫越が討ち死にし、

孫堅の軍勢も彼を打ち破ることができずに撤退してしまうのでした。

他人の戦いに参加して成果を上げることができずに亡くなってしまった公孫越も

かなり残念な消え方をした公孫瓚の一族といるでしょう。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!!

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志 武器 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器
  2. 関羽 関羽は本当に反権威の人だったのか?
  3. 曹操と機密保持 羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値
  4. 諦める公孫サン(公孫瓚) みじめな最期を遂げた公孫瓚が袁紹に勝利するためのシナリオとは?
  5. 辮髪(べんぱつ) 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  6. 蜀の魏延 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…
  7. 夏侯惇 樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る
  8. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だっ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 高順が呂布に疎んじられた理由
  2. 張済
  3. 孟達を討伐する司馬懿
  4. 曹嵩
  5. 司馬徽
  6. キングダム
  7. 蜀の兵士
  8. 五代友厚 幕末

おすすめ記事

  1. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  2. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】 胡烈
  3. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟 成キョウ(成蟜)
  4. 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢
  5. 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの? 解煩督 呉
  6. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙 趙雲

三國志雑学

  1. 孫権と三国アヒル
  2. 夏侯覇
  3. 官渡の戦い 曹操 勝利
  4. 蒟蒻問答 孔明と張飛


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. kawauso編集長
  2. 李福
  3. 華陀の治療を受けながら碁をうつ関羽
  4. 陳宮
  5. パワハラをする張飛
  6. 劉禅
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

毛利元就のストレス解消法は愚痴を手紙に書く事だった! 李典 李典が居なければ夏侯惇はいなかったかも!? キングダム 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた! 辮髪(べんぱつ) そんな髪型絶対嫌!漢民族に全力で拒否された辮髪とは? 曹操 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編 関興と張苞 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち 劉禅に気に入られる黄皓 黄皓は陪臣だったの?黄皓と劉禅、姜維や陳寿との関係に迫る! 【はじ三グッズ】可愛い馬超の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売中

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP