ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

荀彧の系図を調べてみるととんでもない○○が判明!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

光武帝を解説する荀彧

 

荀彧(じゅんいく)は政治や軍事に優れた能力を発揮し曹操(そうそう)の家臣の中でもトップクラスでした。

荀彧はすごく優れていた優秀な人ですが、彼のパパもチルドレン達も

荀彧に似てとても優秀な人達でした。

今回は優秀な人ばかり出した荀彧の一族を調べてみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?


荀彧パパは「八龍」と呼ばれた優れた人

 

荀彧のパパは荀緄(じゅんこん)です。

荀緄は済南の相になるほどの実力者でした。

荀緄には兄弟が八人いて全て優れていたので「八龍(はちりゅう)」と呼ばれており、

皆優れた能力を持った人と言われています。

 

ついでに荀緄のパパは「神君」と呼ばれた荀淑(じゅんしゅく)です。

品行方正な人物で人気もありとても優秀な人でした。

荀淑の人気を伺うことができるエピソードが残っています。

荀淑が亡くなった時、彼の任地に居た村の人々が祠を建てまくって祀ったそうです。

村人が協力して亡くなった人の祠を立てるなんて普通じゃありえません。

それだけ荀淑に人気があったと言えると思います。

荀彧のお祖父ちゃんもパパ、パパの兄弟も皆優れた人物でした。


荀彧の子供達も逸材ばかり!!

荀彧の被り物

 

荀彧のパパやお祖父ちゃんを紹介しました。

では荀彧の子供達は優秀な人達だったのでしょうか。

荀彧の子供達も皆歴史に名を刻むほど優秀な人達ばかりでした。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

優秀だったけど若くして亡くなった荀惲

曹植

 

荀彧の長男・荀惲(じゅんうん)

荀惲は荀彧が亡くなった時、父の侯位を継いで魏の政権に参加します。

荀惲は曹丕(そうひ)の弟曹植(そうしょく)と仲がよく、色々な話をしたり、

詩を作ったりして親密な関係を築いていました。

 

荀惲は曹丕が皇帝に就任した後も曹植と仲がよく、

曹丕の信頼を受けていた夏侯尚と仲が悪かったようです。

曹丕は自分が信頼する家臣と荀惲の仲が悪かった為、

荀惲をあまりよく思っていなかったそうです。

曹丕

 

しかし曹丕が彼をあまり良く思っていなかった割には、

鮑勛のように殺害しなかった所を見ると

それなりに魏の政権にとって優秀な才能を持った人だったと思われます。


荀惲の弟・荀悞と荀詵も立派な人だった

 

荀彧チルドレンの一人で荀惲の弟・荀悞(じゅんご)荀詵(じゅんせん)も立派な人でした。

魏の家臣からも評判よく二人は高位の官職を貰い、政治に参加していました。

しかし二人共兄と同じく若くして亡くなってしまいます。


  

 

司馬懿陳羣も太鼓判を押した荀顗

荀顗

 

荀顗(じゅんがい)は幼い頃・荀彧の娘を娶った陳羣(ちんぐん)から

「君は才能もあり、将来立派になるから、今から勉学に励みなさい」と褒められます。

そして荀顗は少年時代、晋帝国の基礎を作り、

諸葛孔明(しょかつこうめい)のライバルだった司馬懿からも

「さすが!!荀彧殿の息子さんだ」と太鼓判をもらいます。

荀顗は魏の高官二人から褒められて成長し、魏の政権で高官に就任。

その後彼は魏の政権を奪った司馬氏に協力し、晋帝国の基礎を作り上げることに貢献します。

 

この結果荀顗は晋が天下統一すると太尉の位にまで登ることになり、

公の位を貰うことになります。

荀顗は荀彧チルドレン達の中でも一番の出世頭と言えるでしょう。

 

一番能力が高かった!?荀粲

荀粲

 

荀粲(じゅんさん)はもしかしたら荀彧のチルドレンの中でも一番優れていたかもしれません。

兄達は父を見習って儒家を深く学んでいるにも関わらず、彼一人だけ道家を学びます。

兄たちは荀粲に儒家を学ばせようとして議論を吹っかけますが、

荀粲に太刀打ちできずに負けてしまいます。

 

更に荀粲は兄達だけでなく、議論が得意な他の人達すら、

言い負かしてしまうほど議論に強い人でした。

また兄弟の中で父を褒めずに従兄の荀攸を褒めたたえた、

ちょっと変わっている所もあります。

 

チョット変わっていた荀粲は

普通の人と交際することができなかったと言われていますが、

当代一流の秀才達とは深く付き合っていました。

 

そんな変わった人・荀粲ですが、

自分が愛した人には惜しみなく尽くしてきたすごくいい人です。

荀粲は奥さんが喜ぶように高級品を揃え、

友人達共も遊びに行かず彼女を中心とした生活をしていました。

 

しかし愛する奥さんが亡くなると荀粲は

大ショックを受けてチョー落ち込んでしまいます。

そのため荀粲は奥さんが亡くなった一年後に亡くなってしまうのでした。

 

荀粲は魏の政権での活躍は書かれていませんが、

知略も十分で情義を兼ね備えた人だったと言えるのではないでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は荀彧一家の系図を紹介しました。

荀彧の系図は晋や宋以降の時代まで続いて歴史に名を残し、

優れた人材を多く輩出した証左と言え、

三国志に登場する人物の中でもトップクラスの優れた系図を持った一族でしょう。

荀彧と共に有名で荀彧の従子・荀攸(じゅんゆう)の系図はどうだったのでしょう。

 

荀攸の系図は彼の息子達が早死にしてしまったため、一時的に断絶してしまいます。

しかし荀攸の孫が生きていたので、荀攸の孫が荀攸の家系を受け継ぐことに成功し

断絶することはなかったそうです。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書など

 

 

  はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 華陀と麻沸散 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか
  2. 悩む司馬炎 司馬炎の息子は一体何人いたの??
  3. 張遼・楽進・李典 楽進・李典・張遼のトリオは三国志最強だった!?
  4. 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選
  5. 三国志大学で勉強する劉備 【漢数字】意外と知らない?漢数字のあれこれ
  6. 董卓 暴君・董卓は実は名将軍としての資質があった!?
  7. キラー陳泰 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!
  8. 五虎大将軍の趙雲 これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫尚香
  2. 賈詡(賈ク)
  3. キングダム 戦国七雄地図
  4. 曹操 詩
  5. 陸遜
  6. 董卓を倒す呂布
  7. 郭嘉

おすすめ記事

  1. 劉禅と孫皓だと亡国の君主としてはどっちが上?蜀と呉の皇帝を比較 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓
  2. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  3. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢 袁尚と対立する袁譚
  4. 1940年、幻の東京オリンピックとは?なんで中止になったの? 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  5. 徐盛の武器は何だったの?史実と三國無双を比較してみた 双流星を振り回している徐盛
  6. 西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は? 皇帝になった徳川慶喜

三國志雑学

  1. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表
  2. 魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)
  3. 五虎大将軍の趙雲
  4. 袁紹を説得しようとする田豊
  5. 荀彧


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 法正
  2. 水滸伝って何? 書類や本
  3. 馬に乗って戦う若き織田信長
  4. 鍾会
  5. こいつらが悪役達だ!
  6. パワハラをする張飛
  7. 星彩
  8. 徐庶と出会う劉備

おすすめ記事

【記念】ファンの皆様ありがとう、はじめての三国志5周年突入! はじめての三国志 画像準備中 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家 キングダム52巻 キングダム582話最新ネタバレ予想「亜花錦の狙いは何だ!」 孟嘗君 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場 「文永の役」を超簡単にわかりやすく説明!アンゴルモア元寇合戦記がさらに楽しめる! 陳平 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人 能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計 担がれる劉邦 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP