キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

荀彧の系図を調べてみるととんでもない○○が判明!?

この記事の所要時間: 349




光武帝を解説する荀彧

 

荀彧(じゅんいく)は政治や軍事に優れた能力を発揮し曹操(そうそう)の家臣の中でもトップクラスでした。

荀彧はすごく優れていた優秀な人ですが、彼のパパもチルドレン達も

荀彧に似てとても優秀な人達でした。

今回は優秀な人ばかり出した荀彧の一族を調べてみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?

 

 

荀彧パパは「八龍」と呼ばれた優れた人

 

荀彧のパパは荀緄(じゅんこん)です。

荀緄は済南の相になるほどの実力者でした。

荀緄には兄弟が八人いて全て優れていたので「八龍(はちりゅう)」と呼ばれており、

皆優れた能力を持った人と言われています。

 

ついでに荀緄のパパは「神君」と呼ばれた荀淑(じゅんしゅく)です。

品行方正な人物で人気もありとても優秀な人でした。

荀淑の人気を伺うことができるエピソードが残っています。

荀淑が亡くなった時、彼の任地に居た村の人々が祠を建てまくって祀ったそうです。

村人が協力して亡くなった人の祠を立てるなんて普通じゃありえません。

それだけ荀淑に人気があったと言えると思います。

荀彧のお祖父ちゃんもパパ、パパの兄弟も皆優れた人物でした。

 

 

荀彧の子供達も逸材ばかり!!

荀彧の被り物

 

荀彧のパパやお祖父ちゃんを紹介しました。

では荀彧の子供達は優秀な人達だったのでしょうか。

荀彧の子供達も皆歴史に名を刻むほど優秀な人達ばかりでした。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

優秀だったけど若くして亡くなった荀惲

曹植

 

荀彧の長男・荀惲(じゅんうん)

荀惲は荀彧が亡くなった時、父の侯位を継いで魏の政権に参加します。

荀惲は曹丕(そうひ)の弟曹植(そうしょく)と仲がよく、色々な話をしたり、

詩を作ったりして親密な関係を築いていました。

 

荀惲は曹丕が皇帝に就任した後も曹植と仲がよく、

曹丕の信頼を受けていた夏侯尚と仲が悪かったようです。

曹丕は自分が信頼する家臣と荀惲の仲が悪かった為、

荀惲をあまりよく思っていなかったそうです。

曹丕

 

しかし曹丕が彼をあまり良く思っていなかった割には、

鮑勛のように殺害しなかった所を見ると

それなりに魏の政権にとって優秀な才能を持った人だったと思われます。

 

荀惲の弟・荀悞と荀詵も立派な人だった

 

荀彧チルドレンの一人で荀惲の弟・荀悞(じゅんご)荀詵(じゅんせん)も立派な人でした。

魏の家臣からも評判よく二人は高位の官職を貰い、政治に参加していました。

しかし二人共兄と同じく若くして亡くなってしまいます。

 

司馬懿や陳羣も太鼓判を押した荀顗

荀顗

 

荀顗(じゅんがい)は幼い頃・荀彧の娘を娶った陳羣(ちんぐん)から

「君は才能もあり、将来立派になるから、今から勉学に励みなさい」と褒められます。

そして荀顗は少年時代、晋帝国の基礎を作り、

諸葛孔明(しょかつこうめい)のライバルだった司馬懿からも

「さすが!!荀彧殿の息子さんだ」と太鼓判をもらいます。

荀顗は魏の高官二人から褒められて成長し、魏の政権で高官に就任。

その後彼は魏の政権を奪った司馬氏に協力し、晋帝国の基礎を作り上げることに貢献します。

 

この結果荀顗は晋が天下統一すると太尉の位にまで登ることになり、

公の位を貰うことになります。

荀顗は荀彧チルドレン達の中でも一番の出世頭と言えるでしょう。

 

一番能力が高かった!?荀粲

荀粲

 

荀粲(じゅんさん)はもしかしたら荀彧のチルドレンの中でも一番優れていたかもしれません。

兄達は父を見習って儒家を深く学んでいるにも関わらず、彼一人だけ道家を学びます。

兄たちは荀粲に儒家を学ばせようとして議論を吹っかけますが、

荀粲に太刀打ちできずに負けてしまいます。

 

更に荀粲は兄達だけでなく、議論が得意な他の人達すら、

言い負かしてしまうほど議論に強い人でした。

また兄弟の中で父を褒めずに従兄の荀攸を褒めたたえた、

ちょっと変わっている所もあります。

 

チョット変わっていた荀粲は

普通の人と交際することができなかったと言われていますが、

当代一流の秀才達とは深く付き合っていました。

 

そんな変わった人・荀粲ですが、

自分が愛した人には惜しみなく尽くしてきたすごくいい人です。

荀粲は奥さんが喜ぶように高級品を揃え、

友人達共も遊びに行かず彼女を中心とした生活をしていました。

 

しかし愛する奥さんが亡くなると荀粲は

大ショックを受けてチョー落ち込んでしまいます。

そのため荀粲は奥さんが亡くなった一年後に亡くなってしまうのでした。

 

荀粲は魏の政権での活躍は書かれていませんが、

知略も十分で情義を兼ね備えた人だったと言えるのではないでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は荀彧一家の系図を紹介しました。

荀彧の系図は晋や宋以降の時代まで続いて歴史に名を残し、

優れた人材を多く輩出した証左と言え、

三国志に登場する人物の中でもトップクラスの優れた系図を持った一族でしょう。

荀彧と共に有名で荀彧の従子・荀攸(じゅんゆう)の系図はどうだったのでしょう。

 

荀攸の系図は彼の息子達が早死にしてしまったため、一時的に断絶してしまいます。

しかし荀攸の孫が生きていたので、荀攸の孫が荀攸の家系を受け継ぐことに成功し

断絶することはなかったそうです。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書など

 

 

  はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  2. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  3. 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~
  4. 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか
  5. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  6. 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?
  7. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの…
  8. 史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. タウンゼントハリスはどんな人?善意の仮面をかぶった食わせ者外交官
  2. 臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ
  3. 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ
  4. 趙雲が最強イケメンだった3つの理由
  5. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ
  6. 島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

謎の人物・婁子伯とは何者?その策「氷城の計」は可能なの!? 【三顧の礼】孔明トコの天才童子が劉備に冷たすぎる件 賈詡が李傕を有名人へと押し上げたアドバイスとは!? 呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの? 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる? 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 キングダム六国の強さを勝手にランキング! kawauso編集長のぼやきVol.3「諦めるとは」

おすすめ記事

  1. 大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る
  2. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  3. 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」
  4. 【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽
  5. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  6. 土方歳三、新選組副長の刀はどんなモノ?
  7. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ!
  8. 【三国志平話】あの劉備親分がまさかの詩人キャラ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP