法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

あの子が欲しい♪三国時代のヘッドハンテング事情

株式会社三国志で働く劉備と孔明




桃園製作所

 

どんな会社も求人を出す際には「優秀な人材が来てくれますように」と願っているものです。

しかし、待ち人来たらず…

という結果に終わることがほとんど。

 

そんなわけで、優秀な人材を積極的に探し出して他社から引き抜いてしまえ!

とヘッドハンティングが行われることが多々あります。

実はそんなヘッドハンティング、三国時代にもよく行われていたことなのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:どうして蜀は人材難に陥ったのか?

関連記事:曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲しがった人材マニア

 

 

ヘッドハンター・曹操に見出された徐晃

曹操に見出された徐晃

 

三国時代のヘッドハンターといえば曹操(そうそう)

そんな目利きの曹操に見出された人材として有名なのが、

魏の五大将軍の一角をなす徐晃(じょこう)でしょう。

 

徐晃は元々楊奉(ようほう)という人物に仕えていました

楊奉は勇猛果敢ではありましたが、思慮が浅いことで部下の頭を悩ませていました。

李傕

 

そんな楊奉李傕(りかく)に仕えており、その李傕董卓に仕えていました。

董卓(とうたく)を頂点に据えてみれば、徐晃はその部下の部下の部下に当たります。

 

しかし、ピラミッドの頂点・董卓王允(おういん)に謀られて死亡。

李傕王允を始末したのですが、以後、李傕の傲慢さに拍車がかかります。

 

そんな李傕を何とかしようと考えた楊奉は安直にも李傕を暗殺しようとして失敗。

事を仕損じた楊奉は徐晃の進言を受けてなんとか献帝(けんてい)を連れ出して洛陽まで逃げ切ります。

 

ところが、そこは安住の地ではなく、度々小競り合いが勃発。

最終的には曹操が楊奉を騙して献帝を許に掻っ攫って行ってしまいました。

 

途中で騙されたことに気づいた楊奉は憤慨して徐晃を曹操に差し向けます。

一方、曹操も猛将・許褚(きょちょ)を繰り出して応戦。

両者は死闘を演じますが、結局その決着はお預けに。

これを見ていた曹操は「徐晃が欲しい!」と目を輝かせます。

徐晃と許褚

 

曹操が徐晃をどうやって引き抜こうかと悩んでいると、満寵(まんちょう)が次のように申し出ました。

「私は徐晃と昔馴染みです。この私が徐晃を説得してみましょう。」

曹操は大いに喜んで満寵を送り出します。

 

満寵が早速敵陣にいる徐晃を訪ねると、徐晃は大変驚いた様子を見せましたが、

満寵をあたたかく迎え入れました。

 

話に花が咲きはじめた頃に満寵は自分の身の上を語り、

曹操がいかに素晴らしい主君であるかを語った上で徐晃に対して次のようにすすめます。

 

「楊奉の元にいては、その才能も宝の持ち腐れというもの。

楊奉などにはさっさと見切りをつけて共に曹操様に仕えてその手腕を発揮しようではないか。」

 

ところが徐晃は簡単には首を縦に振れません。

やはり長く使えている主君を裏切るのは忍びないと考えたのですね。

満寵

 

それでも満寵は引きません。

「徐晃、賢い猛禽というのは、良い木を選んで棲んでいるものだ。

せっかく良い木が目の前にあるというのに、わざわざ今にも折れそうな木に棲むなんていうことは

真に優れた臣のすることだろうか?」

 

『春秋左氏伝』に見える「良禽択木」のたとえ話を持ち出す満寵。

この言葉を受けて徐晃もハッと気づきます。

 

次の日には支度を整えて満寵と共に曹操の元に向かった徐晃は、

楊奉軍を退けた後も魏きっての猛将として華々しい活躍を見せたのでした。

 

 

たなぼた!ヘッドハンター・李恢降臨

李恢降臨

 

重臣に裏切られて劉備(りゅうび)と争うことになった劉璋(りゅうしょう)

このとき、劉璋の元を去って劉備を訪ねてきた者がありました。

 

それは、李恢(りかい)です。

突然現れた李恢に劉備もびっくり。

当然、なぜこちらに降ってきたのかと李恢に尋ねます。

 

すると李恢は次のように答えたのでした。

「賢い猛禽は良い木を選んで棲家にするというわけです。

劉璋は私の諫言に耳を貸さずに敗北の道を突き進んでいます。

どうしてそんな主君に仕え続けることができるでしょうか。」

 

李恢も満寵が使った「良禽択木」を例に挙げて自分の正当性を訴えたのです。

そして李恢は次のように続けます。

 

「ところで劉備様は馬超(ばちょう)と争っているのだとか…。

馬超が破滅してしまう前に、この私が彼を説得して見せましょう。」

李恢は自分の有能さをアピールすべく、

劉備が手を焼いているという馬超をスカウトすると申し出ました

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

五虎将馬超を李恢がスカウト

馬超

 

馬超はその頃、曹操への憎しみを胸に抱きながら張魯(ちょうろ)の元で我武者羅に暴れまくっていました。

馬超の暴れっぷりは同じく暴れん坊として名高い張飛(ちょうひ)

日が落ちて暗くなってからも戦い続けてしまうほど。

 

劉備は馬超の強さに目を見張ると同時に、

何とかして馬超を退けられないかと策を巡らせていましたが、

どうにもうまくいかずに手をこまねいている状態でした。

 

そんな劉備にとって李恢からの申し出はまさに渡りに船だったのです。

李恢はさっそく馬超を説得しに行きますが、馬超は猛烈に警戒しています。

 

それでも李恢は馬超に次のように投げかけます。

馬超殿の真の敵は曹操ではなかったのか?

もしも劉備様を破ったならば、その真の敵を喜ばせてしまうことになるぞ。

 

この言葉を聞いて目から鱗が落ちた思いがした馬超は、

すぐに劉備に降伏を申し入れ、以後、劉備のために死力を尽くしたのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticksの独り言

 

君、君足らずんば臣、臣足らず、

自分を一番高くかってくれる君主を探して

ヘッドハンティングに応じた武将達の話でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版

関連記事:【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう!

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  2. 袁術と孫策 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたか…
  3. 徐盛(じょせい)呉の将軍 勇気ある武将・徐盛!そのイケメンぶりを徹底解説
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮の死は正史三国志と三国志演義では全然違う件
  5. 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?
  6. 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ
  7. 于禁を虐める曹丕 于禁は虞翻からも厳しいイジメを受けていた?その理由とは?
  8. 楽進 実は楽進は張飛と一騎打ちをしてたってマジ!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 古代エジプトのグライダー
  2. 島津斉彬
  3. 桃園の誓012
  4. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志)

おすすめ記事

  1. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? 蜀の馬超
  2. もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた? 蒋琬と姜維と王平
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【5/7〜5/14】
  4. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】 魯粛、周瑜、袁術
  5. 樊城の戦いの始まり、その原因は関羽に合ったって本当? 関羽に無視される孫権
  6. 典韋の性格は義侠心溢れ頼れるアニキだった!! 典韋にボコボコにされる成廉

三國志雑学

  1. 二刀流の劉備
  2. 苛ついている曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 西洋が好きな霊帝
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 関羽千里行 ゆるキャラ
  4. 徐庶
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 張遼・楽進・李典
  7. 岳飛(南宋の軍人)

おすすめ記事

張遼 カカロットーーーー! 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻 民の心を掴む卑弥呼 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 鎌倉時代の警察の役割を果たした「守護」を分かりやすく解説 本多忠勝 本多忠勝はどんな最期を迎えるの?関ヶ原から最期まで分かりやすく解説 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム? はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志に興味を持ったきっかけ 【002】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP