ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

沮授はなぜか話を聞いてもらえない…主君に恵まれなかった人生

沮授


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

沮授

 

三国志』に登場する智謀に長けた人物といえば、

諸葛亮(しょかつりょう)周瑜(しゅうゆ)司馬懿(しばい)などなど

様々な人物の名を挙げ連ねることができますが、

彼らはその才能を花開かせる機会に恵まれた幸運な者たちばかり。

 

三国時代には彼らと同じか、

それ以上の力を秘めていながら、

つぼみのまま花を咲かせず枯れてしまった智謀家もいました。

 

そんな不運な智謀家の中に名を連ねているのが沮授(そじゅ)、その人です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる

関連記事:沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー

 


 

韓馥にシカトされる

韓馥にシカトされる

 

冀州に生まれた沮授

青雲の志を胸に秘めた優秀な若者でした。

 

彼の才能は周囲にも高く評価され、

今でいうところの県知事にあたる県令までトントン拍子に出世していき、

冀州牧であった韓馥(かんふく)にも見出され、

その側近として仕えるまでに至ります。

 

しかし、その頃にはもう漢王朝董卓(とうたく)に乗っ取られて形骸化しており、

群雄たちがひしめき合って割拠する乱世に突入していました。

 

そんな乱世の荒波は冀州にも押し寄せます。

なんと反董卓軍として共に戦ったはずの袁紹(えんしょう)

冀州を寄越せ!」と迫ってきたのです。

 

臆病者の韓馥は、

袁紹の勢いにビビって震え上がり、

冀州を袁紹に譲ろうと考えます。

それに待ったをかけたのが、

沮授をはじめとする臣下たちでした。

 

そもそも袁紹は食料を冀州に依存しているという

不安定な状況から逃れたいがために強く迫ってきているだけで、

兵力を比べてみても袁紹に負ける要素は1つもないと説得します。

 

ところが、そんな説得も

ビビりあがって白くなっている韓馥には馬耳東風。

結局沮授たちの説得も虚しく、

韓馥は袁紹に冀州を譲ってしまったのでした。

 


 

袁紹にも結局シカトされる

袁紹にも結局シカトされる沮授

 

韓馥が袁紹に冀州を譲ると、

沮授の主君も自動的に袁紹にすげ替えられました。

沮授は新しい主君のもとで心を新たに頑張ろうと決意し、

袁紹に後漢王朝復興までの道のりを説きました。

 

韓馥から譲られた冀州と青州、幽州、

そして并州を鎮めた後に長安に帝を迎えに行き、

董卓によってめちゃくちゃにされた洛陽の宗廟を復興するというプランです。

 

袁紹は沮授のこのプランを喜んで受け入れ、

沮授にその指揮をとらせました。

その結果、袁紹は4つの州を鎮めることに成功しています。

 

ところが、よりによってこの計画の大切なところ、

その最終目標が沮授と袁紹の両者の間で食い違っていたようで…。

 

沮授は漢王朝復興を目指していたのですが、

袁紹はそうではなかったらしく、

献帝(けんてい)を迎え入れるなんて嫌!

董卓が立てた献帝なんて本当の皇帝じゃないやい!

と計画の途中で渋り始めたのです。

 

沮授はそれでも4州を平定する頃には

袁紹もわかってくれるだろうと思っていたのですが、

結局その思いが通じることはありませんでした。

それどころか、

沮授の言葉は袁紹にますます届かなくなっていきます。

 

4つの州を平定した袁紹は曹操(そうそう)と激突するのですが、

これに対して沮授が持久戦に持ち込むべしと説いたのに、

袁紹は短期決戦案を採用。

その上対立案を出した郭図(かくと)にあることないこと言われ、

軍を指揮する権限を縮小されてしまいます。

 

また、袁紹が自分の長男を青州刺史に任命した際には、

沮授が「身内贔屓は後の禍根となりますよ。

と諫めたものの、

袁紹に知らん顔をされてしまったのでした。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記


 

曹操に見出されるも…

曹操に見出されるも

 

いよいよ天下分け目の官渡の戦いが起ころうとしていた頃、

沮授は自らの運命を悟ってか、

その財産を一族に分け与えて歩きました。

 

負け戦になるであろうことを知りながらも、

沮授はダメ元で袁紹に忠言を繰り返しました。

それでもやはりその言葉はことごとく聞き入れてもらえません。

 

その結果、袁紹軍は序盤で顔良(がんりょう)文醜(ぶんしゅう)の2人の猛将を失ってしまいます。

沮授はこのことにショックを受けてしまったのか、

病気を理由に指揮官を辞退してしまいました。

 

それでも沮授は曹操軍の兵糧不足を見抜いて

持久戦に持ち込むように説いたり、

守備に力を入れるように訴えたりして

袁紹軍をサポートしようと尽力します。

 

ところがやっぱり袁紹が沮授の言葉を聞き入れることはなく、

袁紹軍は大敗を喫してしまったのでした。

 

その後、沮授は曹操軍に生け捕られます。

曹操は沮授のことを古くから知っており、

沮授に自分の配下となるように説得しましたが、

沮授は頑として首を縦に振りません。

 

曹操はそんな彼の心変わりを気長に待とうと考えましたが、

脱走を試みたために結局沮授は処刑されてしまいました。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

沮授は最期のときまで

袁紹の配下として生きたかったのでしょう。

 

しかし、1人の主君に仕え続けるという

美徳を重んじたが故に、

恵まれない人生を歩むことになってしまいました。

 

沮授にとっては納得のいく人生だったのかもしれませんが、

もしも曹操に仕えていたら…と考えると

その死を惜しまずにはいられません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹と田豊の仁義なきバトル物語

関連記事:郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  
 

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!?…
  2. 楽進 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しち…
  3. はじめての三国志 画像準備中 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  4. 郭嘉 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言し…
  5. 【三顧の礼】均ちゃんの野望ホントは劉備に仕官したかった諸葛均
  6. 鼎(かなえ) 中国古典によく出てくる「鼎」って何?
  7. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…
  8. 甘寧に殺されかける料理人 【よかミカン紀行】甘寧がブイブイいわせてた重慶ってこんな街!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 桃園の誓012
  3. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん
  4. 孫権 弔い出陣
  5. 晋の陳寿
  6. 真田丸 武田信玄
  7. 女と金
  8. 馬良と孔明

おすすめ記事

  1. 『100万人の三國志』がアーケードゲーム『三国志大戦』とコラボを開催中。「豪華コラボ限定武将」が獲得できる
  2. 黄皓の策謀!劉禅が占いを信じなければ蜀は滅亡しなかった!? 劉禅に気に入られる黄皓
  3. キングダム李信は最後には悲惨な死を迎えるって事実? キングダム
  4. 【李傕・郭汜祭り 6日目】全員悪人の例外?献帝を保護するつもりだった段煨(だんわい) 段ワイ、献帝
  5. 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想! 王翦
  6. 西郷隆盛の政治思想はどんなもの? 西郷隆盛像

三國志雑学

  1. 于吉、孫策
  2. 海賊時代の孫堅と孫策
  3. 袁術
  4. 司馬徽と劉表


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 成廉、魏越、呂布
  2. 北伐を結構する孔明
  3. 部下をいじめる曹丕
  4. 孔子と儒教
  5. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  6. 陳羣

おすすめ記事

読書する劉備 【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活させちゃったの? 黄巾賊を退治する曹操 黄巾の乱が英傑たちにどんな影響を与えた?蒼天すでに死す!黄巾の乱と影響 諦める公孫サン(公孫瓚) みじめな最期を遂げた公孫瓚が袁紹に勝利するためのシナリオとは? 徳川家康をボコボコにする武田信玄 武田信玄はどんな業績を残したの?内政面や戦の業績を分かりやすく紹介 キングダム53巻 キングダム589話最新ネタバレ予想vol2「河了貂の戦術大予想」 袁紹VS袁術(犬猿) 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察 遅れて来た孫権 英雄 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは? 親バカな諸葛孔明 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP