沮授はなぜか話を聞いてもらえない…主君に恵まれなかった人生

2018年9月2日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

沮授

 

三国志』に登場する智謀に長けた人物といえば、

諸葛亮(しょかつりょう)周瑜(しゅうゆ)司馬懿(しばい)などなど

様々な人物の名を挙げ連ねることができますが、

彼らはその才能を花開かせる機会に恵まれた幸運な者たちばかり。

 

三国時代には彼らと同じか、

それ以上の力を秘めていながら、

つぼみのまま花を咲かせず枯れてしまった智謀家もいました。

 

そんな不運な智謀家の中に名を連ねているのが沮授(そじゅ)、その人です。

 

関連記事:もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる

関連記事:沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



韓馥にシカトされる

韓馥にシカトされる

 

冀州に生まれた沮授は

青雲の志を胸に秘めた優秀な若者でした。

 

彼の才能は周囲にも高く評価され、

今でいうところの県知事にあたる県令までトントン拍子に出世していき、

冀州牧であった韓馥(かんふく)にも見出され、

その側近として仕えるまでに至ります。

 

しかし、その頃にはもう漢王朝は董卓(とうたく)に乗っ取られて形骸化しており、

群雄たちがひしめき合って割拠する乱世に突入していました。

 

そんな乱世の荒波は冀州にも押し寄せます。

なんと反董卓軍として共に戦ったはずの袁紹(えんしょう)

冀州を寄越せ!」と迫ってきたのです。

 

臆病者の韓馥は、

袁紹の勢いにビビって震え上がり、

冀州を袁紹に譲ろうと考えます。

それに待ったをかけたのが、

沮授をはじめとする臣下たちでした。

 

そもそも袁紹は食料を冀州に依存しているという

不安定な状況から逃れたいがために強く迫ってきているだけで、

兵力を比べてみても袁紹に負ける要素は1つもないと説得します。

 

ところが、そんな説得も

ビビりあがって白くなっている韓馥には馬耳東風。

結局沮授たちの説得も虚しく、

韓馥は袁紹に冀州を譲ってしまったのでした。

 

 

 



袁紹にも結局シカトされる

袁紹にも結局シカトされる沮授

 

韓馥が袁紹に冀州を譲ると、

沮授の主君も自動的に袁紹にすげ替えられました。

沮授は新しい主君のもとで心を新たに頑張ろうと決意し、

袁紹に後漢王朝復興までの道のりを説きました。

 

韓馥から譲られた冀州と青州、幽州、

そして并州を鎮めた後に長安に帝を迎えに行き、

董卓によってめちゃくちゃにされた洛陽の宗廟を復興するというプランです。

 

袁紹は沮授のこのプランを喜んで受け入れ、

沮授にその指揮をとらせました。

その結果、袁紹は4つの州を鎮めることに成功しています。

 

ところが、よりによってこの計画の大切なところ、

その最終目標が沮授と袁紹の両者の間で食い違っていたようで…。

 

沮授は漢王朝復興を目指していたのですが、

袁紹はそうではなかったらしく、

献帝(けんてい)を迎え入れるなんて嫌!

董卓が立てた献帝なんて本当の皇帝じゃないやい!

と計画の途中で渋り始めたのです。

 

沮授はそれでも4州を平定する頃には

袁紹もわかってくれるだろうと思っていたのですが、

結局その思いが通じることはありませんでした。

それどころか、

沮授の言葉は袁紹にますます届かなくなっていきます。

 

4つの州を平定した袁紹は曹操(そうそう)と激突するのですが、

これに対して沮授が持久戦に持ち込むべしと説いたのに、

袁紹は短期決戦案を採用。

その上対立案を出した郭図(かくと)にあることないこと言われ、

軍を指揮する権限を縮小されてしまいます。

 

また、袁紹が自分の長男を青州刺史に任命した際には、

沮授が「身内贔屓は後の禍根となりますよ。

と諫めたものの、

袁紹に知らん顔をされてしまったのでした。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

 

曹操に見出されるも…

曹操に見出されるも

 

いよいよ天下分け目の官渡の戦いが起ころうとしていた頃、

沮授は自らの運命を悟ってか、

その財産を一族に分け与えて歩きました。

 

負け戦になるであろうことを知りながらも、

沮授はダメ元で袁紹に忠言を繰り返しました。

それでもやはりその言葉はことごとく聞き入れてもらえません。

 

その結果、袁紹軍は序盤で顔良(がんりょう)文醜(ぶんしゅう)の2人の猛将を失ってしまいます。

沮授はこのことにショックを受けてしまったのか、

病気を理由に指揮官を辞退してしまいました。

 

それでも沮授は曹操軍の兵糧不足を見抜いて

持久戦に持ち込むように説いたり、

守備に力を入れるように訴えたりして

袁紹軍をサポートしようと尽力します。

 

ところがやっぱり袁紹が沮授の言葉を聞き入れることはなく、

袁紹軍は大敗を喫してしまったのでした。

 

その後、沮授は曹操軍に生け捕られます。

曹操は沮授のことを古くから知っており、

沮授に自分の配下となるように説得しましたが、

沮授は頑として首を縦に振りません。

 

曹操はそんな彼の心変わりを気長に待とうと考えましたが、

脱走を試みたために結局沮授は処刑されてしまいました。

   

 

三国志ライターchopsticksの独り言

 

沮授は最期のときまで

袁紹の配下として生きたかったのでしょう。

 

しかし、1人の主君に仕え続けるという

美徳を重んじたが故に、

恵まれない人生を歩むことになってしまいました。

 

沮授にとっては納得のいく人生だったのかもしれませんが、

もしも曹操に仕えていたら…と考えると

その死を惜しまずにはいられません。

 

関連記事:袁紹と田豊の仁義なきバトル物語

関連記事:郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  
 
 

 

-三国志の雑学
-, , ,