【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

韓遂と馬超

 

潼関(どうかん)の戦いの見せ場の一つに賈詡(かく)の偽手紙によって、

韓遂(かんすい)馬超(ばちょう)が仲違いし曹操(そうそう)が勝利を得た場面があります。

これにより、手紙一枚で人間関係を崩壊させる賈詡の神算鬼謀(しんさんきぼう)が轟くわけですが

そもそも本当に親密な関係にある者同士が手紙一枚で関係崩壊するでしょうか?

詳細に潼関の戦いを見ていると、最初から馬超と韓遂には、

不協和音が存在していたようなのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】

関連記事:馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話

 


 

韓遂と馬超の仲違い1 父の代からの遺恨

韓遂と馬超の仲違いでキレる馬騰

 

第一には、韓遂は父の馬騰(ばとう)の仇敵であるという事があります。

馬騰と韓遂は、北方の袁家が衰退した頃から不仲になっていて、

韓遂は馬騰の妻子を殺してしまう程に憎悪しあっていました。

その後、鍾繇(しょうよう)が間に入り、曹操の仲裁で仲直りしますが、

これは表面上の事であり当然遺恨(いこん)は残ったでしょう。

 

馬超は乱を起こす上で韓遂を父とも思うと言いましたが、

切羽詰まっての挙兵ですし、韓遂の方も、内心はともかく、

周囲の軍閥と異民族が立ち上がれば、ひとりだけ嫌というのは

親曹操と見られる危険もあり、渋々従ったというのが実情でしょう。

 


 

韓遂と馬超の仲違い2 戦略の食い違い

馬超

 

韓遂と馬超は、曹操をどう迎え撃つかの戦略も正反対でした。

馬超は、曹操に黄河を渡河させずに、潼関の隘路(あいろ)に封じ込めておき、

兵糧切れを狙って退却させると同時に、

機動力のある騎馬で曹操軍の背後に回り込んで挟撃し

曹操を討つという戦略を描いていました。

 

一方で韓遂は、曹操に黄河を渡らせてから、ゲリラ戦を展開し

騎兵で補給を脅かし散々に苦しめてやればよいと発言し対立、

結局、韓遂の意見が通り曹操の渡河を許してしまいます。

 

ところが渡河した曹操は、兵車を横倒しにして木柵で補強した

甬道を設けて補給を安全にしてしまい、韓遂のゲリラ戦は

全くの空振りに終わります。

 

「だから俺の言う通りにすればよかったのだ!」

作戦を潰された馬超は韓遂を恨んでおり、関係は悪化しています。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

韓遂と馬超の仲違い3親和的な韓遂と独立志向の馬超

韓遂

 

韓遂と馬超は、漢王朝に対するスタンスも違いました。

曹操に和睦条件として黄河以西の領土割譲を要求し、

関中で独立した存在でいたい馬超に対し

韓遂は、李傕(りかく)郭汜(かくし)政権では官位を受けており、

210年に雍州で叛いた張猛(ちょうもう)を討伐する際も

漢王朝の許しを受けて官軍として討伐しています。

 

もちろん韓遂は、完全に曹操の飼い犬になる気はないですが、

自分の土地の自治を認めてくれれば協力するのもやぶさかではないと

オープンな姿勢だったようです。

その節操のなさが30年の反乱人生を可能にしたのでしょうが、

いずれにしても独立志向の馬超に比べれば煮え切らない態度でした。

 

交馬語の逸話でも曹操に(うやうや)しく一礼するなど、

一定の敬意を払っており、それも馬超には気に食わない事であったと

考えるのは無理筋ではないと思います。


 

馬超と韓遂の仲違い4言語の壁

馬超と韓遂の仲違い4言語の壁

 

韓遂は漢語も異民族の言葉にも通じるバイリンガルでした。

一方で馬超は人生の大半を涼州で過ごしていて、異民族の信頼は厚いですが

漢族のエリアでの人心は得ていません。

恐らく、馬超の漢語レベルは、それほど高くないと思われます。

その証拠として、二人は曹操と和睦の会談を持っていますが、

韓遂が曹操と親しく話すのに対し、馬超は言葉を交わした様子がありません。

 

単身でいる曹操の隙を突き拉致(らち)しようと企むも、

許褚(きょちょ)に睨まれ断念する話がある程度です。

 

これを見ると、馬超は曹操と会話している韓遂の漢語を理解できず、

その親し気な様子から韓遂の内応を疑うようになった

このように推測できるのです。


  

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

このように4つの不信が積み重なり、疑心暗鬼になった所に、

賈詡の偽手紙が届き、馬超は見事に嵌められてしまったというのが

離間の計の実相ではないでしょうか?

 

手紙が届く前に馬超と韓遂にはつけ込めるだけの心の隙が出来ていて

曹操はそれを利用して賈詡に謀らせたのでしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ

関連記事:韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 


 

関連記事

  1. 騎兵を率いる夏侯尚
  2. 張角逝く
  3. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  4. 黒田官兵衛
  5. 兵士 朝まで三国志
  6. 赤鎧を身に着けた曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP