ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

居酒屋三国志

 

三国志』は劉備(りゅうび)曹操(そうそう)孫権(そんけん)

3人で覇権を争っていたときが1番面白いし、

良い武将もたくさんいたよね。

 

そんな風に語り合う『三国志』ファンたちは多いでしょう。

しかし、実は三国時代の終わりに彗星のごとく現れた猛将がいたのです。

 

その名は文鴦(ぶんおう)

 

三国志演義』では「趙雲(ちょううん)の再来か!」

と思わせるほどの華々しい活躍をしています。

 

では、彼は一体何者なのでしょうか?

その真の姿に迫ってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったからこそ?

関連記事:文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将

 


 

父と共に司馬師に反発して反乱を起こす

父と共に司馬師に反発して反乱を起こす文鴦

 

文鴦は『三国志演義』でも高く評価されており、

多くのファンを持つ優秀な武将ですが、

その父・文欽(ぶんきん)は大分アレな人だったようです。

 

文欽はその父・文稷(ぶんしょく)曹操に仕えて

功績を残していたということにより

実力以上に厚遇されて調子に乗っていました。

 

しかし、自分をよいしょしてくれていた曹爽(そうそう)

司馬懿(しばい)のクーデターによって殺されたり、

司馬氏を除こうとした曹芳(そうほう)司馬師(しばし)によって

廃位されたりしたことによって

自分の身も危ないのではないかと冷や汗ダラダラ。

 

結局毋丘倹(かんきゅうけん)と手を組んで皇太后の詔勅を偽造し、

司馬師に対して反乱を起こしたのでした

 

このとき、息子・文鴦も参戦。

文鴦は持ち前の武勇で敵を圧倒してみせます。

ところが、ダメオヤジ・文欽がことごとく文鴦の足を引っ張り

一時は司馬師を劣勢に追い込んだというのに

瞬く間にその状況をひっくり返されてしまいます。

 

追い詰められた文欽は敗走することになったのですが、

その際けなげな息子・文鴦はたったの十数騎で司馬師に奇襲をかけ、

ダメオヤジが逃げる時間をかせぐ活躍を見せました。

司馬師

 

実はそのとき司馬師は目の手術をしたばかりで、

安静にしなければならないのに無理をしていたのですが、

そこへ文鴦から奇襲を受けてしまったものだから

驚いてリアルに目玉がポーンと飛び出てしまったのだそう。

そのためか、

その後病状が悪化した司馬師は亡くなってしまいます。

 

一方、文欽・文鴦親子は呉に逃げおおせ、

3代にわたって仕えた魏を捨てて呉の臣となったのでした。

 


 

父・文欽が諸葛誕に殺され

父・文欽が諸葛誕に殺される文鴦

 

しばらくは呉の世話になっていた文欽・文鴦。

司馬師が亡くなった後、

その後を継いだのは司馬昭(しばしょう)だったのですが、

なんと今度は諸葛誕(しょかつたん)司馬昭に対して反旗を翻します。

 

しかし、その戦況は芳しくなく、

諸葛誕司馬昭軍に包囲されているとの知らせが

文欽・文鴦のもとに舞い込んできました。

今こそ司馬一族を根絶やしにせんと復讐に燃えた

文欽・文鴦親子は救援に向かいます。

 

なんとか諸葛誕のもとに駆け付けた2人でしたが、

そもそも諸葛誕は文欽のことが大っ嫌いだったので、

あまりいい顔をしてくれません。

 

それどころか、

諸葛誕は文欽が

食料が少ないから、兵を少し城の外に出す

と言い出したのにかこつけて

こいつ二心あるわ、絶対!

と疑いをかけて文欽を殺してしまったのでした。

諸葛誕

 

これには文鴦もブチギレ。

父の敵を討ちに行くぞ!

と兵たちに呼びかけます。

 

ところが、皆シラーッとした顔をして

誰もついて来ようとしません。

文鴦はともかく、

文欽は壊滅的に性格が悪い上ために人望が無かったのです。

 

そのために文鴦は仕方が無く司馬昭に降伏。

司馬昭の配下たちは口々に

文欽の子なんて殺してしまえ!

と叫びましたが、

司馬昭は文鴦を許し、

再び魏に迎え入れたのでした。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論


 

晋の勇将として活躍

司馬炎

 

結局魏は司馬炎(しばえん)が立てた晋に取って代わられ、

文鴦も自動的に晋の臣となりました。

文鴦は異民族討伐で目覚ましい活躍を見せ、

その名声を天下に轟かせます。

 

そういった功績は司馬炎にも届き、

司馬炎は文鴦が東夷校尉・仮節として遠方に赴任する前に

文鴦を一目見ておきたいということで謁見することになりました。

 

ところが、司馬炎は文鴦が目の前に現れた瞬間に

ゾワゾワと嫌な感じを覚え、

何やかんやと理由をつけて授けた職を剥奪してしまいます。

 

文鴦はそのことに対して特に恨み言も漏らさず、

粛々と仕え続けたのですが、

なんと恵帝(けいてい)の時代に移ると、

当時実権を握っていた楊駿(ようしゅん)

煙たく思っていた賈皇后(かこうごう)によってクーデターが勃発。

 

そして、このクーデターに参加していた司馬繇(しばよう)が、

なぜか「文鴦も楊駿の一味だ!」と讒言。

 

実はこの司馬繇、

母が諸葛誕の娘ということで、

いつか文鴦に復讐されるのではないかとヒヤヒヤしていたらしく、

この機に乗じて憂いを拭い去ろうと考えたのです。

 

このため文鴦はいわれのない罪によって

三属皆殺しにされてしまったのでした


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

ダメオヤジを最期のときまで想っていた

けなげな文鴦でしたが、

もしもこのオヤジのもとに生まれなかったら

もう少しマシな人生を送れていたのではないかと

思わずにはいられません。

 

しかし、ダメオヤジがいたから

文鴦が生まれたわけですし…。

なんとも複雑な気持ちにさせる親子です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬師(しばし)とはどんな人?眼球が飛び出て死亡!強烈すぎるのエピソード

関連記事:【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 


 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 徐晃と許チョと曹操 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  2. 承諾する曹操 【三国志入門者向け】三国志の魏・呉・蜀を建国した君主っていったい…
  3. 騎兵を率いる夏侯尚 夏侯尚とはどんな人?曹丕の親友でもあり数々の功績を残した夏侯尚
  4. 蜀の劉備 これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  5. 王政君お怒り!玉磁なげる 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  6. 三国志大学を目指す曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  7. 陸遜 呉の名将・陸遜の栄光と悲劇の生涯がドラマチックすぎる件
  8. 龐統 蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ホウ徳
  2. 嬴政(始皇帝)
  3. 孔明
  4. 王騎 キングダム
  5. 燃える本能寺
  6. 年越しそばを食べる馬謖
  7. スーパーDr華佗
  8. 田中角栄

おすすめ記事

  1. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画
  2. 公孫瓚の逸話は三国志演義と正史で異なる!公孫サンのおもしろ逸話 公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった公孫瓚、劉虞
  3. 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介
  4. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】
  5. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  6. 【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!? 孫権と張昭

三國志雑学

  1. 魏延と孔明
  2. 黄蓋
  3. 曹操のムスコ達アイキャッチ2
  4. 劉邦と張良と陳平
  5. 夏侯惇


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 周瑜 周郎
  4. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  5. 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕
  6. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮

おすすめ記事

土いじりをする劉備 劉備は本当に景帝の末裔なの? 狗奴国は邪馬台国と対立 狗奴国とはどんな国?邪馬台国の卑弥呼に抵抗した国を分かりやすく解説 袁術と孫策 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた キングダム53巻 キングダム588話ネタバレ予想「十四日目は王賁爆アゲ神回になる」 始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの? 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 漢唐訓詁学なんてのがあるけど、漢と唐って似てた?それとも全然違った? 馬で高速移動する王翦 キングダム615話ネタバレ予想vol2「王翦はどのように反撃する?」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP