呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

徐晃が地味な原因は裏方仕事が多いせいだった!

徐晃




徐晃

 

魏の五大将軍の一人とされている徐晃(じょこう)

しかし同じ五大将軍の中の一人、張遼(ちょうりょう)は合肥の戦いで華々しい戦果を挙げています。

さらに五大将軍の一人である張郃(ちょうこう)は幾つもの戦いで活躍し、

劉備(りゅうび)が建国した蜀の将軍連中から魏の将軍の中で一番恐ろしい人物として恐れられていました。

 

五大将軍ではありませんが、魏の曹仁(そうじん)は江陵攻防戦の時、

周瑜(しゅうゆ)軍に包囲されて部下を救うために数十騎の軍勢を率いて

周瑜軍へ突撃を行い部下を包囲から救い上げることに成功しています。

 

上記のように華々しい活躍をしている将軍が魏には多くいますが、

徐晃の活躍はあまりパッとせず地味だといえるでしょう。

では徐晃が地味なのは何が原因なのでしょうか。

今回は徐晃が地味な原因にスポットライトを当ててみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将

関連記事:徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍

 

徐晃が地味な原因その1:裏方ばかりの戦いが多かった!!

徐晃が地味な原因その1

 

徐晃が地味な原因のその1として、裏方ばかりの戦いが多かったからだといえるでしょう

徐晃は曹操(そうそう)に仕えた後、幾つもの戦いに参加することになるのですが、

主力決戦に参加した回数は数回しかありません。

 

では徐晃は多くの戦に参加したのにどこで戦っていたのでしょう。

それは主力決戦の裏方といえる所で戦っていたのです。

 

例えば呂布(りょふ)討伐戦に徐晃も参加しています。

この戦いは下邳に籠城した呂布を討伐するために行われた戦いで、主戦場は下邳を中心に行われます。

徐晃はこの戦いのとき、主戦場である下邳城攻防戦に参加せず、

呂布軍の別働隊との戦いに明け暮れていたそうです。

 

徐晃は呂布軍の別働隊の将軍を討ち果たす戦果を挙げることに成功。

しかし呂布討伐戦の主戦場である下邳攻防戦の方が華々しく、

あまり徐晃の活躍を知っている人は少ないでしょう。

 

また官渡の戦いに徐晃も曹操から命令を受けて戦いに参加。

この戦いの主戦場は官渡の砦が中心となって

曹操軍と袁紹(えんしょう)軍が激しい戦いを繰り広げることになります。

 

このとき徐晃は官渡の砦の守備を任されるのではなく、

袁紹軍の兵糧輸送部隊の襲撃作戦を主な戦場としていました。

そのため主力決戦の戦いに参加することなく、地味な活躍しかできませんでした。

このようにあまり主力決戦の華々しい場面に遭遇することがなかったため、

地味な将軍としてのイメージが残ってしまったのではないのでしょうか。

 

徐晃が地味な原因その2:関羽のイメージが強すぎ!!

関羽のイメージが強すぎ

 

劉備の義弟・関羽(かんう)三国志の中でもトップクラスの有名人といえるでしょう。

そのため徐晃が曹仁を救援した襄樊(じょうはん)救援戦で襄樊を包囲していた関羽を打ち破り、

曹操からべた褒めされても有名にはなりませんでした。

 

なぜ徐晃は三国志一の勇将ともいえる関羽を打ち破ったのに有名になれなかったのか。

それはこの襄樊救援戦の後に関羽が亡くなってしまうからです。

関羽の死のイメージが強すぎて徐晃の活躍が霞んでしまったと言え、

この点でも地味な将軍として徐晃が映ってしまったのではないのでしょうか。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

徐晃が地味な原因その3:ゲームやマンガであまり取り上げられていない

徐晃が地味な原因

 

最後に徐晃が地味な原因として考えられるのは、

ゲームやアニメであまり取り上げられていないことが考えられるのではないのでしょうか。

劉備や曹操、孫権(そんけん)張飛(ちょうひ)、関羽、張遼孔明(こうめい)など多くの人物が

三国志のゲームやアニメで取り上げられており、知名度を上げています。

 

しかし徐晃は彼らに比べてあまりゲームやアニメで取り上げられていません。

そのため現代の人々にも徐晃がどのような人物なのか、あまり関心をもたれることがなく、

徐晃を知っていたとしてもどのような活躍をした将軍なのか知られていないことも

彼が地味な将軍としての理由として挙げられるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

三国志ではかなり活躍している徐晃ですが、

やっぱり主力決戦に参加していないことなどが原因で

地味めな人物として映ってしまっているのではないのでしょうか。

 

しかし徐晃は地味な人物ではなくかなり活躍している人物です。

どんな活躍しているのか知りたい方ははじさんの徐晃の記事をご覧になってはいかがでしょうか。

【参考文献】 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?

関連記事:潼関の戦いの原因と目的と経緯について簡単に解説するよ

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 丁奉(ていほう) 徐盛と丁奉は自らの才覚で成り上がった将軍だった?その共通点は?
  2. 劉備を警戒する陳羣 若い時の陳羣は何をしていたの?劉備・呂布に仕えていた若き頃の陳羣…
  3. 曹操と羊と蚊 なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  4. 成廉、魏越、呂布 呂布の配下、八健将(はちけんしょう)とはどんな人たち?
  5. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  6. 五虎大将軍の趙雲 三国志演義の趙雲の見どころを一挙ご紹介!
  7. 合肥の戦いの地図 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  8. 劉寵と袁術 マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 側室の女性達を励ます甄氏
  3. 曹操
  4. カバ&関羽
  5. 馬良と孔明
  6. 曹操探検隊
  7. 梁興と馬騰
  8. 兀突骨
  9. 服部半蔵

おすすめ記事

  1. 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具
  2. 袁紹の攻略方法は!?曹操が使った袁紹の攻略方法を紹介 袁紹と曹操
  3. 月刊はじめての三国志2018年9月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 劉禅と董允
  4. 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式
  5. 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介
  6. 織田信長は秀吉を「猿」と本当に呼んでいた? 豊臣秀吉 戦国時代2

三國志雑学

  1. 司馬懿と曹操
  2. 張飛
  3. 騙し合う呂布と袁術
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操 孔明をチェック
  2. キングダム53巻
  3. ピストルを乱射する坂本龍馬
  4. 賈詡
  5. 阿部正弘

おすすめ記事

月刊はじめての三国志2018年7月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました キングダム54巻amazon キングダム599話ネタバレ予想「堯雲は戦う?戦わない?徹底予想」 西夏の旗の兵士 西夏はどんな文化だったの?仏教が西夏で流行っていた? 陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆 三国志の英雄(魏 呉 蜀) どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの? こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】 【告知】朝まで三国志2017年 秋 本日22時開始 出世した韓遂 韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP