三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!?




張郃

 

優れた戦術家で魏の名将・張郃(ちょうこう)

 

張郃は袁紹(えんしょう)の元から寝返った時、曹操(そうそう)から「項羽(こうう)の元から劉邦(りゅうほう)の元へ降伏してきた韓信(かんしん)が我れの元に来たようなものだ」とベタ褒めしていました。

さてベタ褒めされた張郃は曹操の元でいくつもの戦に従軍し、功績を残し、諸葛孔明(しょかつこうめい)が初めて北伐戦を開始した頃には、魏軍の中で一番の戦巧者とし

て知られていました。

孔明は初めての北伐戦でお気に入りの馬謖(ばしょく)を起用し、街亭を守らせる任務を与えます。

もし張郃が街亭へ出陣していなければ、馬謖が街亭の戦いに負けずに済んだかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:張郃と顔良強いのは一体どっちだ?

関連記事:張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!?

 

 

街亭の戦いをざっくり概要紹介

馬謖

 

さて張郃が蜀の馬謖をボコボコにした街亭の戦いですが、皆さん知っていますか。

もしかしたら知らない人もいるかも知れないので、チョットおさらいしてみましょう。

 

諸葛孔明は魏の涼州を奪い、同盟国・呉と連動して魏と長期戦を展開しようとの計画を立て、涼州へ向けて進軍を開始。

 

孔明は魏の南安・天水・安定が裏切った事を知るとこの地と益州を結ぶ要衝・街亭に着目します。

もしこの街亭が魏に奪われると益州と蜀に寝返った南安などの土地を捨てなくてはならず、孔明が描いた魏との長期戦も失敗に終わります。

そのため街亭を守るのは蜀の将軍の中でも歴戦の将軍・魏延(ぎえん)らを用いるべしだとの声が蜀軍諸将の中でも多く言われていました。

 

しかし孔明はお気に入りの馬謖に街亭を守るように任務を与えます。

孔明は馬謖へ「街亭の砦に入って守りなさい。山には登っちゃダメよ」と強く注意します。

 

馬謖は「了解っす」と言って街亭へ向かいますが、孔明の命令を無視して山に上ってしまいます

 

 

張郃は軽々と馬謖を撃破

張郃

 

魏は孔明の北伐軍を防ぐため名将・張郃を出陣させます。

張郃は馬謖が山に上っていることを一旦怪しみますが、罠などがないことを知ると直ぐに蜀軍が補給する付近の水場を奪い、馬謖が登っている山を

包囲し、蜀軍の士気低下を待ちます。

 

馬謖は水が補給できずに蜀軍の兵士達の士気が無くなってやる気がなくなるのを感じ取ります。

張郃は蜀軍の士気が低下している事を感じ取り、蜀軍へ総攻撃を開始。

蜀軍は魏軍の攻撃を受けてもろくも崩れさり、馬謖も孔明の本陣へ撤退していくのでした

 

街亭の戦いの概要と結果を紹介しました。

馬謖は孔明の言いつけを守らずに自分勝手な行動をしたせいで、敗北してしまいましたが、もし張郃が馬謖の対戦相手じゃなければ

どうなっていたのでしょう。

 

【読者アンケートのお願い】
読者アンケートの願い

 

張郃じゃなければ馬謖が街亭を守りきることもできたかも【レンの妄想タイム】

黒田レン

 

もし馬謖の対戦相手が張郃でなかったらどうなっていたのでしょう。

馬謖は孔明の言いつけを守らずに山に篭っているのを条件にレンさんが妄想してみました。

 

張郃の代わりに魏軍を率いるのは曹真(そうしん)だとしましょう。

そして張郃は後方で待機している形を取りたいと思います。

 

曹真vs馬謖だったらどうなっていたのか??

曹真

 

曹真も張郃と同じように馬謖が山に上っていることを怪しみ、少しの間街亭付近にとどまっていることでしょう。

しかし曹真もそれなりに優秀ですが、張郃クラスの武将ではないため数十日くらいは街亭に陣を敷いてとどまるはずです。

曹真と馬謖がにらめっこしている間に馬謖の山登りに変化が起きると思われます。

 

王平の伝令効果

王平

王平

 

馬謖の部下・王平(おうへい)は馬謖へ「丞相の言うことを聞いたほうがいいのでは」と何度も注意をします。

しかし馬謖は王平の言うことを無視。

そのため王平は孔明へ伝令を出します。

 

伝令の内容は「馬謖さんが山に上っているからなんとかしてくれ」と孔明へチクリます。

孔明は街亭の数キロ付近に駐屯していたため伝令を数時間後には受け取る事に成功。

 

孔明は王平の伝令を受け取ると直ぐに歴戦の将軍・魏延に軽兵を率いらせ街亭へ向かわせると思います。

魏延は街亭に到着すると曹真の軍勢を攻撃。

馬謖は魏延と連動して山から魏軍を攻撃し、曹真を打ち破ったはずだと思われます。

 

レンの妄想だと張郃でなければ、多分馬謖が勝つ事が出来たかもしれないと考えて見ました。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

史実では張郃の軍勢にフルボッコにされた馬謖ですが、孔明はどうして街亭から数キロ離れた所にいたのに馬謖を助けなかったのでしょうか。

レンの予想ですが、孔明が対外的に戦を行ったのが初めてでどうすればいいのか分からなかったからではないのでしょうか。

多分孔明へ魏延や他の歴戦の諸将は「馬謖を救うべきだ」と進言したはずだと思います。

 

しかし孔明は慎重だったのと初めての戦で援軍を率いて魏軍にボコられたらどうしようとの不安があって馬謖を救えなかったのではないのでしょうか。

他にも孔明が馬謖に手柄を上げさせたいから援軍を派遣しなかった等の理由があると思いますが、みなさんは張郃にボコられている馬謖を

どうして孔明が助けなかったと思いますか。

 

参考文献 【ちくま学芸文庫 正史三国志蜀書】等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴

関連記事:【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?
  2. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  3. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠…
  4. 成廉、魏越、呂布 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!
  5. 陳寿(晋) ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした…
  6. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従…
  7. 曹操に憧れる荀彧 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりや…
  8. 城 銅雀台 【長江三峡】劉備が逃げ込んだ白帝城によかミカンが突撃

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹仁

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」
  2. kawauso編集長のぼやきVol.28「ラヂオの時間」
  3. 三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ?
  4. 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代
  5. 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる 孟嘗君
  6. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?

三國志雑学

  1. 過労死する諸葛孔明
  2. 費禕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操軍
  2. はじめての三国志編集長 kawauso
  3. 結婚を喜ぶ孫策
  4. 曹操は褒め上手

おすすめ記事

劉備軍 曹操軍 54話:劉備、再び曹操に敗れる 曹操女性の敵3 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった! 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ? 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後 水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒田レンが発表するよ 日本に目指さした孫権 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP