諸葛亮は誤算だらけの丞相だった?

2019年6月29日


 

孔明

 

(しょく)の丞相・諸葛亮(しょかつりょう)。彼は三国志演義(さんごくしえんぎ)ですと軍事・政治に優れた手腕を発揮し、天才と言っても過言ではない活躍を残しています。

 

犬猫に襲われる孔明

 

ですが正史三国志の諸葛亮は予想と違う誤算ばっかりでした。

 

自称・皇帝
当記事は、
「諸葛亮 誤算」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:そんな!諸葛亮は曹操を目指していた?似てる二人を解説

関連記事:諸葛亮の忠義を劉備は疑っていた?劉備の遺言を考察してみた

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



蜀の丞相になってからは全て計画通り

孔明君のジャングル探検

 

諸葛亮は劉備(りゅうび)が亡くなると蜀の丞相となり、蜀の軍事・政治を担うことになり、蜀の南部で反乱を起こした南蛮を征伐し、反乱を鎮圧。

 

孔明君のジャングル探検

 

ここまで諸葛亮は内政・軍事両方で誤算など起こさず、全てが計画通りに行きますが、この後諸葛亮にとって計画と違う誤算ばかりが生じてしまいます。

 

 

 

孔明の誤算:孟達の優柔不断と司馬懿の神速

孔明と司馬懿

 

諸葛亮は魏を討伐するための戦を起こす前にある計画を実行します。

 

孟達が魏に寝返って歓喜する曹丕

 

諸葛亮が実行した計画は、元蜀軍の将軍で魏に寝返っていた孟達(もうたつ)を再び蜀に寝返らせることでした。

 

孟達と曹丕

 

孟達は曹丕(そうひ)に気に入られ、魏の荊州(けいしゅう)洛陽(らくよう)などに近い新城太守に任命されていました。だが孟達は曹丕が亡くなり、曹叡(そうえい)が皇帝として君臨すると仲良くしていた同僚たちも亡くなり、孟達を気に入っていた曹丕も亡くなった事で、将来に不安を感じます。

 

孟達と孔明

 

諸葛亮は孟達が不安に感じている情報を仕入れると、孟達の不安心を煽り、蜀へ寝返るように説得。孟達は諸葛亮の説得を聞きますが、すぐに決断しないでグダグダし、諸葛亮の説得を聞いて数ヶ月経ってようやく、魏から寝返る決断をします。

 

北伐する孔明

 

諸葛亮は孟達が寝返る事を知って喜び、魏へ攻め込む準備を開始。だが諸葛亮の喜びは、司馬懿によって打ち砕かれてしまいます。司馬懿は孟達が蜀に寝返る準備をしていると知ると、すぐに軍勢を出陣させて、孟達が籠城している新城を攻撃し、孟達を捕えて処断。

 

孟達を討伐する司馬懿

 

諸葛亮は自分が計画した計略が成功し、孟達が寝返ってくれると喜んでいただけに、司馬懿によって孟達がやられた事を知り、計画の破綻と自分の目論見の誤算によってショックを受けてしまうのでした。

 

 

諸葛亮の誤算:馬謖の失敗

韓信vs孔明

 

諸葛亮は魏を討伐するため北伐を開始。

 

馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明

 

諸葛亮は街亭と呼ばれる要衝を守らせるため、自分が手塩をかけて育ててきた馬謖(ばしょく)の起用を諸将の前で発表。諸将は張飛(ちょうひ)よりも格付けが上だった魏延(ぎえん)や歴戦の将軍・呉懿(ごい)などが起用されると予想していただけにびっくりし、何人か諸葛亮へ反対意見を述べようとします。

 

馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明

 

だが諸葛亮は諸将の反対意見を封じ馬謖を街亭へ派遣。こうして諸葛亮のはじめての北伐戦が開始されることになりますが、大誤算が発生。

 

山頂に陣を敷いた馬謖

 

それは諸葛亮が手塩にかけて育て、次世代を担う人物として期待していた馬謖が街亭の戦いで大敗北してしまいます。

 

馬謖の失敗に嘆く孔明

 

そのため諸葛亮率いる蜀軍は全軍を撤退する羽目に。諸葛亮の人を見る目の無さが露呈されてしまった瞬間でした。

   

 

諸葛亮孔明の誤算:法の厳しさがアダとなる

鄧芝が孔明にアドバイス

 

諸葛亮は蜀の丞相になると法律を厳しくして、蜀の要職にある文官や民衆達をしっかりと統治することに尽力します。諸葛亮は文官や民衆だけでなく、軍事においても法を用いて統制していました。

 

司馬懿対孔明

 

そのため蜀軍は軍紀違反が極力少なかったそうですが、この法の厳しさが誤算になってしまいます。諸葛亮は第四次北伐戦を開始し、魏の将軍を討ち取る戦果を挙げ、魏の対蜀戦線司令官・司馬懿と互角に戦いを繰り広げていきます。

 

棗祇(そうし)食料・兵糧担当

 

だが蜀軍にとって想定していない事態が発生。それは大雨によって食糧輸送量が減少してしまった事です。また諸葛亮は食糧輸送の担当者・李厳(りげん)から「劉禅(りゅうぜん)陛下から撤退命令が出ています」と伝えられます。

 

孔明

 

そのため諸葛亮は魏軍に対して優勢だったにもかかわらず撤退。諸葛亮はその後李厳から「食料がいっぱいあるのにどうして撤退してきたのだ」と激怒。諸葛亮は李厳の発言にびっくりし、彼が送ってきた手紙をすべて李厳へ出して「なぜこのような嘘をつくのだ。」と問い詰めます。

 

すると李厳は己の罪を認めて諸葛亮へ謝罪。その後李厳は諸葛亮によって罰せられ、平民へ落とされてしまうのでした。

 

兵糧を運ぶ兵士

 

諸葛亮は軍令にもしっかりと法律を作っていたので、多分兵糧の規定量を輸送できない場合、罰を与えるデメリットも設けていたと考えられます。そのため李厳は長雨によって兵糧が届けられないため、法律で裁かれるのを恐れ、諸葛亮へ嘘をついたと考えられます。

 

孔明

 

もし諸葛亮が天候によって兵糧が規定量に達しなかった場合、情状酌量の余地があると法律に規定していれば、李厳も嘘をつかずに職務に励んでいたかもしれないですね。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

このように諸葛亮は蜀の丞相となってから誤算ばっかりで、あまり計画通り進行していなかった事がお分かりになったと思います。

 

三国志の計略と孔明

 

ではどうして諸葛亮は誤算ばかりが続いてしまったのか。原因の一つに諸葛亮がすべて自分でこなそうとしてしまったことが挙げられます。諸葛亮は北伐の時、部下に任せてもいい仕事もすべて自分で行っていました。

 

魏延と孔明

 

そのためここで挙げた諸葛亮の誤算の内、どれか一つ部下に対応してもらい、誤算が起きたら自分で判断して、部下に指示を与えていれば、大きな誤算ではなく小さな誤算で済んだかもしれませんね。

 

■参考文献 正史三国志蜀書など

 

関連記事:諸葛亮には弟子はいない?孔明の後を継ぐことになった者たちを語ってみる

関連記事:諸葛亮は料理や食用植物を発明・開発した古代中国のエジソンだった?

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-三国志の雑学
-, ,