逢紀とはどんな人?袁紹から厚い信頼を得たが曹操が死の原因を作った?


何進

 

参謀として「何進(かしん)」に仕えた武将。逢紀(ほうき
)
袁紹(えんしょう
)
と仲が良く厚い信頼を勝ち取っていました。一方で仲間の大臣とは意見が食い違い、たびたび対立しています。

 

逢紀

 

一体、逢紀はどのようにして最期を迎えたのでしょうか。知られざる逢紀の一生を紹介していきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「逢紀 曹操」
「逢紀 死因」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もしも公孫瓚と袁紹が協力して曹操に挑んだら勝てるか?【if三国志】

関連記事:袁紹は凡将に非ず!袁紹の逸話から伝わってくる袁紹本初の評価

 


 

袁紹から厚い信頼を受ける逢紀

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

「反董卓連合軍」の旗手となった袁紹を影で支えた逢紀。

 

袁紹

 

袁紹は、重要な局面でたびたび逢紀のアイディアを採用しています。例えば、袁紹の勢力拡大作戦での一コマが挙げられます。

 

戦争をせずに宴会ばかりしている韓馥

 

当時、冀州牧(きしゅうぼく)(県知事クラス)だったのは臆病者の「韓馥(かんふく
)
」。手始めに冀州を獲ろうという考えが逢紀の脳細胞を駆け巡ります。

 

公孫瓚(こうそんさん)に韓馥を攻めさせてはいかがでしょうか。疲弊したところで韓馥を説得するのです。彼の性格からして、うまくやれば冀州を譲ってくれるでしょう。」

 

この提案を受け入れた袁紹。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

さっそく公孫瓚に韓馥を攻撃するよう勧めます。予想通り敗北した韓馥。機を見計らって、袁紹は韓馥の部下を次から次へとヘッドハンティングします。

 

被害妄想で怯える韓馥

 

そして、袁紹軍は冀州を包囲。兵力でいえば韓馥軍は袁紹軍を大きく上回っていました。しかし、親玉の韓馥は「小心者」。側近には出兵すれば倒せると鼓舞されますが、あっさり冀州を手放してしまうのです。

 

袁紹

 

こうして逢紀の軍事作戦は成功裡に終わり、袁紹軍は河北(かほく)で盤石の体制を敷くのでした。

 


 

宿敵・審配をサポートする逢紀!

審配(しんぱい)

 

軍略に優れていた逢紀ですが、大臣の間には対立する人物も多くいました。その一人が「審配(しんぱい
)
」です。彼は官渡の戦いの後に大臣たちから糾弾されます。

 

曹操にコテンパにされる袁紹

 

理由は審配の戦略が失敗したが故に、「官渡の戦い」で曹操軍に負けたというものです。ライバルだった逢紀からすれば見過ごすのがセオリー。ところが、逢紀は敏腕弁護士さながらに審配をサポートします。

 

元々、袁紹からの信頼を勝ち得ていた逢紀の言葉ということもあり、審配は命を救われます。

 

許攸 兵糧のありか教えますひひひ

 

なお、敗北の直接の原因は袁紹の部下・許攸(きょゆう
)
曹操(そうそう)に寝返ったことです


 

遺言を偽造した!?

亡くなる袁紹

 

逢紀の命運は袁紹の死とともに尽きます。袁紹は皮肉にも跡継ぎを公言していませんでした。

 

袁尚と対立する袁譚

 

候補としては長男の「袁譚(えんたん
)
」、そして三男の「袁尚(えんしょう)」がいました。大勢は長男・袁譚を支持していました。ところが逢紀と審配が後継者として推薦したのは三男・袁尚でした。彼は顔つきも美しく、武術の腕もなかなかでした。

 

袁紹、袁尚、袁譚

 

そのため、父・袁紹やその妻からも可愛がられていたのです。噂では袁紹は三男の袁尚を跡継ぎにしようとしていたようですが、その意志をはっきりと内外には示していませんでした。そこで、逢紀らは遺言書を「偽造」することを思いつきます

 

袁紹に告げ口をする逢紀

 

多くの大臣や民が長男を応援している中、それに対抗するには公的な文書が必要だったのです。一般市民の相続と違い、袁家には多くの大臣がいる一大勢力。

 

「なんとなく三男の袁尚がいいのでは?」と言われても大臣たちが納得するはずがありません。遺言書を乱用して無理矢理、袁尚を後継者に立てたことで兄弟の仲がこじれます。

 

もちろん長男・袁譚も納得できず「車騎将軍」を名乗り、黎陽(れいよう)」に駐留。軍勢を率いてクーデターの準備に取り掛かります。

 

怒る曹操

 

ところが、そこに攻めてきたのは、あの曹操。矢も楯もたまらず弟の袁尚に助けてくれと部下を派遣します。案の定、袁尚は兵を一人も送りません。

 

袁譚は、怒髪衝天の形相で袁尚の側近だった逢紀を処刑。ここに戦略家・逢紀は天に召されます。その後、曹操のあまりの勢いに袁譚も袁尚も「黎陽」を手放しています。


  

 

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

 

袁紹の良き相談役であった逢紀ですが、跡目争いで袁家を分裂させてしまいます。

 

赤鎧を身に着けた曹操

 

そこに曹操が攻めてきたことから、袁家は弱体化。曹操の攻撃を受けたときに兄弟が一致団結していれば、追い返すこともできたかもしれません。しかし、強引に後継者となった袁尚は二の足を踏みます。

 

その原因が逢紀にあるのですから、逢紀は曹操に殺されたようなものです。つまり戦乱の世において一番やってはいけない内戦を袁家は起こしてしまったのです。

 

まさか、後継者争いに曹操が虚をついてくるとは逢紀にとっても予想外の展開だったのでしょう。曹操はコペルニクス的転回をもって黎陽を攻めたのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蹇碩とはどんな人?袁紹や何進をも統率した宦官

関連記事:白馬の戦い前から分かれていた曹操と袁紹の明暗!その原因とも思える田豊と逢紀の人柄

 

【三国志の時代の流れを決定付けた重要な戦い】
官渡の戦い特集

 

 

関連記事

  1. 李傕
  2. 呂布 ナイスシュート
  3. 宦官
  4. 張魯
  5. 荀イクの叔父・荀爽(三公)
  6. 牛輔と董卓




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP