ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

郭嘉の功績とはどんなもの?提案は慌てず、クールに決める!

郭嘉


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

郭嘉

 

郭嘉(かくか)曹操(そうそう)軍師です。建安13年(208年)の赤壁の戦いの直前に亡くなったので、曹操の魏王就任を見ることが出来ませんでした。郭嘉は生前、曹操に対して様々な提案をして功績を立てました。今回は正史『三国志』から郭嘉の功績を解説します。

 

※記事中の歴史上の人物のセリフは、現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「郭嘉 功績」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?

関連記事:郭嘉が袁紹の軍師となっていた可能性を探ってみる

 

 

呂布をガンガン攻めろ!

郭嘉

 

建安3年(198年)に曹操は張繍(ちょうしゅう
)
討伐を打ち切って、呂布(りょふ)討伐のために下邳(かひ)に向かいました。呂布劉備(りゅうび)を苦しめていましたが曹操(そうそう)が来ると敗北して下邳城に籠城します。

 

郭嘉と曹操は意気投合

 

さすがに、戦闘が長引くと兵士も疲れてきたので曹操は撤退を考えました。しかし、郭嘉は荀攸(じゅんゆう
)
と一緒に曹操を励まします。

「呂布は強い、軍師陳宮は頭はいいです。ただし、彼らはそれだけです。呂布の気力が回復せず、陳宮の計略が定まらないうちにガンガン攻めましょう!」

 

励まされて元気が出た曹操は、呂布を攻めて討つことに成功しました。

 

 

孫策の死を予言する郭嘉!?

 

建安5年(200年)、曹操と袁紹(えんしょう)が官渡で戦っいる時に孫策(そんさく)が曹操の留守のスキを狙って許昌を襲撃する計画を立てます。報告を受けた諸将は不安になりましたが郭嘉は冷静に分析。

 

郭嘉

 

孫策は江東を平定したばかりですし、彼が殺した人々はいずれも地元の知識人ばかりです。だから、孫策を怨んで敵を討とうとする者もいるはずです。それなのに孫策は周囲に警護も置きません。私が見るところでは、孫策はつまらない男の手にかかって死ぬでしょう」

 

確かに孫策は袁術のもとで働いていた時から、呉郡の知識人に対して厳しく当たっています。具体例としては陸遜の親族である陸康、『春秋左氏伝』の研究家である高岱、道士の于吉、曹操側と密通していた呉郡太守の許貢です。

 

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

間もなく郭嘉の予言は的中します。孫策はしばらくすると、殺された許貢の食客により重傷を負わされて傷がもとでこの世を去りました。無論、孫策が計画していた許昌襲撃は頓挫です。


「漁夫の利作戦」を提案する郭嘉

亡くなる袁紹

 

建安7年(202年)に袁紹はこの世を去りました。曹操軍は袁紹軍を打ち破ったので勝利に乗じて攻め込むつもりでしたが郭嘉はストップをかけて、1つの提案をしました。

 

袁紹、袁尚、袁譚

 

「袁紹は袁譚(えんたん)袁尚(えんしょう
)
を愛しており、嫡子(後継ぎ)を立てませんでした。郭図(かくと
)
逢紀(ほうき
)
が彼らの参謀になっていますが必ず争いが起きます。彼らは追い詰められれば助け合い、見逃せば争います。私たちは荊州の劉表を討伐するフリをして、彼らの争いを待ちましょう」

 

両者が争っている間に第三者が利益を得る・・・・・・要するに「漁夫の利」です。提案を聞いた曹操は「素晴らしい」と感動します。郭嘉の進言通りに曹操は、軍を南に向けると袁譚袁尚は兄弟で争い始めました。

 

袁尚と対立する袁譚

 

袁譚袁尚の争いを聞いた曹操は引き返すと、すぐに袁譚と同盟を結んで袁尚を破りました。ただし、同盟を結んだ袁譚も建安9年(204年)に曹操に討たれました。


「兵は神速を貴ぶ」作戦

烏丸族も裴潜(はいせん)に従っているシーン

 

曹操は逃げた袁煕・袁尚兄弟と異民族の烏丸を討伐する予定でした。ところが、諸将は留守を狙って劉表劉備に命じて許昌を狙ってくる可能性を恐れていました。

 

やはりここでも郭嘉は慌てません。

 

「曹操様は天下に対して威厳を放っています。しかし、烏丸は我々が遠くにいるので防備は設けていないでしょう。それに乗じて一気に攻撃して壊滅させましょう・・・・・・劉表劉備を制御する才能が不足していることは自分でも分かっています。劉備を重用すれば制御出来ませんし、軽く扱えば働かない危険もあります。許昌を空けても大丈夫ですよ」

 

赤鎧を身に着けた曹操

 

それを聞いて安心した曹操は袁煕・袁尚兄弟と烏丸討伐に赴いて大いに勝利を得ました。

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

こうして常に曹操の勝利に貢献してきた。曹操は「郭嘉だけが私の考えを分かってくれる」と言っていました。だが、河北平定終了の建安12年(207年)に38歳の若さでこの世を去りました。現在、「三国無双」シリーズで郭嘉は歳月がかかりましたが、メインキャラクターの1人となりました。

 

しかし、KOEIが18年前に出した「三国志戦記」というシミュレーションゲームでは、郭嘉はすでにメインキャラクターでした。筆者はこのゲームが滅茶苦茶好きになって、7年間もやりこんでいました。郭嘉は戦闘力が低かったので、鍛えないとゲーム中盤からかなりの苦戦を強いられます。

 

呂布を裏切る魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)

 

ちなみに筆者のお気に入りのキャラは魏続(ぎぞく)宋憲(そうけん
)
。鍛えれば最強の武将になります。

 

はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

曹操や郭嘉が好きな人、自分はマイナー武将が好きという人もどんどんコメントお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:郭嘉と荀彧ってなんで袁紹に仕えていたの?

関連記事:【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?

 

【神算鬼謀なる知略で曹操の覇業を支えた郭嘉】
郭嘉特集

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 正妃 卞夫人 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  2. はじめての三国志 画像準備中 史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?
  3. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をし…
  4. 張飛 本 学問 三国志 リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?
  5. 董卓 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…
  6. 関羽と周倉 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州…
  7. 劉備と曹操 三国鼎立は悪人・劉備によって生まれた!世界史に三国志がほとんど載…
  8. 趙雲 趙雲は晩年をどのようにして過ごしたの??

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

     うっちゃんさん、熱いコメントありがとうございます!

     自分も曹操編をやっていました。1番好きなシナリオは夏侯惇が裏切る「河北動乱」です。

     劉備編・孫策編・呂布編はキャラ育成が難しくて途中でギブアップしました(笑)

    • うっちゃん

    三国志戦なつかしい! 私もけっこうやりましたよ!
    「挑発」「陥穽」使いまくったけど、大連鎖捕縛が難しくってかなりしんどかった。

    曹操編シナリオ赤壁に勝て
    郭嘉が吐血しながら周瑜の艦隊に神風アタックは正直シビレた・・・
    これもう主役で良いよ

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操の元から離れる関羽
  2. 荀彧と曹操
  3. 上杉謙信
  4. 孟達からの手紙を開封する劉封
  5. 武田騎馬軍団 馬場信春
  6. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  7. 虎士(黒豹)
  8. 桓騎

おすすめ記事

  1. 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの? 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  2. 下邳の戦いで夏候惇は目玉を食べていない?猛将のイメージを付け加えた理由 目玉を食べる夏侯惇
  3. 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ? チェストと叫ぶ西郷隆盛
  4. 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた? 李儒と三国志
  5. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期 人望のある劉備
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】

三國志雑学

  1. 蔣琬(しょうえん)
  2. 三国志の地図(州)
  3. 三国志 武器
  4. 海賊時代の孫堅
  5. 司馬懿


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 剣を持って戦う徐庶
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 劉備の黒歴史
  4. 袁紹モグラ作戦
  5. 孟嘗君
  6. 魏延と孔明

おすすめ記事

蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情 お酒が強い篤姫 本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者! 曹昂(曹昴) 【宛城の戦いIF】もしも曹昂が生きていたらどんな影響があったの? 大隈重信 大隈重信とはどんな人?早稲田大学の創設者の人生を年表で紹介 徐庶 劉備と徐庶との最初の出会いは?夜に隣室から漏れ聞こえてきた会話から始まった? 夏侯惇 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった? 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」 劉備とイチャイチャする孫尚香 【三国志平話】劉備を殺す気満々!でも皇帝ブランドに騙された孫夫人

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP