郭嘉の功績とはどんなもの?提案は慌てず、クールに決める!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

郭嘉

 

郭嘉(かくか)曹操(そうそう)の軍師です。建安13年(208年)の赤壁の戦いの直前に亡くなったので、曹操の魏王就任を見ることが出来ませんでした。郭嘉は生前、曹操に対して様々な提案をして功績を立てました。今回は正史『三国志』から郭嘉の功績を解説します。

 

※記事中の歴史上の人物のセリフは、現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「郭嘉 功績」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?

関連記事:郭嘉が袁紹の軍師となっていた可能性を探ってみる

 

 

呂布をガンガン攻めろ!

郭嘉

 

建安3年(198年)に曹操は張繍(ちょうしゅう
)
討伐を打ち切って、呂布(りょふ)討伐のために下邳(かひ)に向かいました。呂布は劉備(りゅうび)を苦しめていましたが曹操(そうそう)が来ると敗北して下邳城に籠城します。

 

郭嘉と曹操は意気投合

 

さすがに、戦闘が長引くと兵士も疲れてきたので曹操は撤退を考えました。しかし、郭嘉は荀攸(じゅんゆう
)
と一緒に曹操を励まします。

「呂布は強い、軍師の陳宮は頭はいいです。ただし、彼らはそれだけです。呂布の気力が回復せず、陳宮の計略が定まらないうちにガンガン攻めましょう!」

 

励まされて元気が出た曹操は、呂布を攻めて討つことに成功しました。

 

 

孫策の死を予言する郭嘉!?

 

建安5年(200年)、曹操と袁紹(えんしょう)が官渡で戦っいる時に孫策(そんさく)が曹操の留守のスキを狙って許昌を襲撃する計画を立てます。報告を受けた諸将は不安になりましたが郭嘉は冷静に分析。

 

郭嘉

 

「孫策は江東を平定したばかりですし、彼が殺した人々はいずれも地元の知識人ばかりです。だから、孫策を怨んで敵を討とうとする者もいるはずです。それなのに孫策は周囲に警護も置きません。私が見るところでは、孫策はつまらない男の手にかかって死ぬでしょう」

 

確かに孫策は袁術のもとで働いていた時から、呉郡の知識人に対して厳しく当たっています。具体例としては陸遜の親族である陸康、『春秋左氏伝』の研究家である高岱、道士の于吉、曹操側と密通していた呉郡太守の許貢です。

 

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

間もなく郭嘉の予言は的中します。孫策はしばらくすると、殺された許貢の食客により重傷を負わされて傷がもとでこの世を去りました。無論、孫策が計画していた許昌襲撃は頓挫です。


「漁夫の利作戦」を提案する郭嘉

亡くなる袁紹

 

建安7年(202年)に袁紹はこの世を去りました。曹操軍は袁紹軍を打ち破ったので勝利に乗じて攻め込むつもりでしたが郭嘉はストップをかけて、1つの提案をしました。

 

袁紹、袁尚、袁譚

 

「袁紹は袁譚(えんたん)袁尚(えんしょう
)
を愛しており、嫡子(後継ぎ)を立てませんでした。郭図(かくと
)
逢紀(ほうき
)
が彼らの参謀になっていますが必ず争いが起きます。彼らは追い詰められれば助け合い、見逃せば争います。私たちは荊州の劉表を討伐するフリをして、彼らの争いを待ちましょう」

 

両者が争っている間に第三者が利益を得る・・・・・・要するに「漁夫の利」です。提案を聞いた曹操は「素晴らしい」と感動します。郭嘉の進言通りに曹操は、軍を南に向けると袁譚と袁尚は兄弟で争い始めました。

 

袁尚と対立する袁譚

 

袁譚・袁尚の争いを聞いた曹操は引き返すと、すぐに袁譚と同盟を結んで袁尚を破りました。ただし、同盟を結んだ袁譚も建安9年(204年)に曹操に討たれました。


「兵は神速を貴ぶ」作戦

烏丸族も裴潜(はいせん)に従っているシーン

 

曹操は逃げた袁煕・袁尚兄弟と異民族の烏丸を討伐する予定でした。ところが、諸将は留守を狙って劉表が劉備に命じて許昌を狙ってくる可能性を恐れていました。

 

やはりここでも郭嘉は慌てません。

 

「曹操様は天下に対して威厳を放っています。しかし、烏丸は我々が遠くにいるので防備は設けていないでしょう。それに乗じて一気に攻撃して壊滅させましょう・・・・・・劉表は劉備を制御する才能が不足していることは自分でも分かっています。劉備を重用すれば制御出来ませんし、軽く扱えば働かない危険もあります。許昌を空けても大丈夫ですよ」

 

赤鎧を身に着けた曹操

 

それを聞いて安心した曹操は袁煕・袁尚兄弟と烏丸討伐に赴いて大いに勝利を得ました。

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

こうして常に曹操の勝利に貢献してきた。曹操は「郭嘉だけが私の考えを分かってくれる」と言っていました。だが、河北平定終了の建安12年(207年)に38歳の若さでこの世を去りました。現在、「三国無双」シリーズで郭嘉は歳月がかかりましたが、メインキャラクターの1人となりました。

 

しかし、KOEIが18年前に出した「三国志戦記」というシミュレーションゲームでは、郭嘉はすでにメインキャラクターでした。筆者はこのゲームが滅茶苦茶好きになって、7年間もやりこんでいました。郭嘉は戦闘力が低かったので、鍛えないとゲーム中盤からかなりの苦戦を強いられます。

 

呂布を裏切る魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)

 

ちなみに筆者のお気に入りのキャラは魏続(ぎぞく)宋憲(そうけん
)
。鍛えれば最強の武将になります。

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

曹操や郭嘉が好きな人、自分はマイナー武将が好きという人もどんどんコメントお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:郭嘉と荀彧ってなんで袁紹に仕えていたの?

関連記事:【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?

 

【神算鬼謀なる知略で曹操の覇業を支えた郭嘉】
郭嘉特集

 

関連記事

  1. 陸遜
  2. 関羽に無視される孫権
  3. 孔明と司馬懿
  4. 兵戸制
  5. 張飛の男気人生

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 2019年 9月 11日

     うっちゃんさん、熱いコメントありがとうございます!

     自分も曹操編をやっていました。1番好きなシナリオは夏侯惇が裏切る「河北動乱」です。

     劉備編・孫策編・呂布編はキャラ育成が難しくて途中でギブアップしました(笑)

    • うっちゃん
    • 2019年 9月 10日

    三国志戦なつかしい! 私もけっこうやりましたよ!
    「挑発」「陥穽」使いまくったけど、大連鎖捕縛が難しくってかなりしんどかった。

    曹操編シナリオ赤壁に勝て
    郭嘉が吐血しながら周瑜の艦隊に神風アタックは正直シビレた・・・
    これもう主役で良いよ

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP