曹仁伝から読み取る曹仁の生涯不敗漢、もはや伝説・・・


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹仁

 

曹仁(そうじん)は魏(220年~265年)の将軍であり曹操(そうそう)の従弟です。昔から曹操の配下に属して様々な戦で功績を挙げました。マンガ・ドラマ、ゲームでは知名度は高い人物なのですが、史実ではどのような人物なのでしょうか?

 

曹仁 曹操

 

そこで今回は正史『三国志』をもとに曹仁(そうじん)の生涯を解説します。

※記事中の歴史上の人物のセリフは、現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「曹仁伝」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?

関連記事:曹仁の最後と各国の名将達の最期がほとんど同時期な理由とは?


若い時はヤクザの親分!?

曹仁

 

曹仁は若い時は弓術・馬術・狩猟を好んでいました。後に各地の群雄が蜂起すると、曹仁は密かに若者を集めて暴れていました。「若者」というのは漢代(前202年~後220年)独特の用語であり、簡単に言ってしまうとヤクザです。なんと曹仁はヤクザの親分でした!

 

曹仁

 

その後の経緯は書かれていませんが同郷の曹操の配下になっており、別動隊隊長として袁術(えんじゅつ)と戦って勝利を得ます。


別動隊 曹仁最強説

曹仁と曹操

 

興平元年(194年)に曹操(そうそう)は徐州の陶謙(とうけん)を攻撃します。この時も曹仁は別動隊として戦って陶謙配下の呂由(りょゆう)を破ります。曹操と合流したあとも各地で陶謙軍を倒していきました。興平2年(195年)に呂布(りょふ)と戦った時もやはり別動隊として出動して呂布軍の劉何を生け捕りに成功します。

 

献帝を保護する曹操

 

建安元年(196年)に曹操が献帝(けんてい)を許昌に迎えると、曹仁は今までの功績から広陽太守に任命されしたが、曹操は曹仁の知略と勇気を評価していたことから、広陽に赴任させずに手元に置いて騎兵を指揮させています。

 

曹仁

 

建安2年(197年)に張繍討伐を行った時も、またもや曹仁は別動隊として動いて活躍しました。残念なことに、この時の戦は張繍が偽りの降伏をしたことにより敗戦となります。曹仁は撤退の最中も奮戦して曹操を逃がすことに成功!!

 

曹仁最強・・・・・・もう曹仁1人に任せておけば大丈夫では?


劉備との戦い 別動隊VS別動隊

官渡の戦い 騎馬兵

 

建安5年(200年)に曹操は袁紹と官渡で対陣しました。この時、袁紹は別動隊として劉備を派遣します。劉備も別動隊として戦うことには慣れている強者でした。彼が出動したことにより各地は曹操に対して叛旗を翻しました。困った曹操に対して曹仁は冷静に対応します。

 

「劉備が袁紹の強力な軍を率いて向かってきたのですから、みんな降伏して当たり前です。しかし、劉備は袁紹軍を率いて日が浅いですから、彼さえ倒せば大丈夫でしょう」

 

さすが別動隊は別動隊のことを良く分かっています。納得した曹操は曹仁に出動を命じたところ曹仁はあっという間に劉備を打ち破ってしまい、袁紹に降伏した領土も全て取り戻すことに成功します。


待つのも戦い

はじめてのプロ野球 関羽

 

建安24年(219年)に荊州の関羽(かんう)が樊城にいる曹仁を攻めてきました。曹操は援軍として于禁と龐徳を派遣しますが、派遣時期が悪く台風により軍は流されて龐徳(ほうとく)は戦死、于禁(うきん)は荊州に護送されました。

 

関羽

 

台風のせいで樊城も水没しかけていました。将兵も数千人しかおらず、兵糧も限界です。普通ならばもう諦めて降伏するところですが、曹仁は必死で耐えて将兵を叱咤激励します。

 

棗祇(そうし)食料・兵糧担当

 

曹仁が何の叱咤激励をしたのか、史料は語っていませんが、おそらく自分の食糧を将兵に与えたと推測されます。彼の叱咤激励を受けて将兵は凄く感動しており、裏切る人物は出ませんでした。やがて、徐晃が援軍として到着して関羽を打ち破ったので曹仁や将兵は九死に一生を得ます。

 

三国志ライター 晃の独り言 変身した曹仁?

三国志ライター 晃

 

こうして数々の功績を挙げた曹仁は魏の黄初4年(223年)にこの世を去りました。56歳の生涯でした。曹仁は横山光輝氏の『三国志』では初平元年(190年)董卓(とうたく)討伐軍が初登場ですが、その後は長く登場しません。

 

再登場は建安12年(207年)ですが、この時の曹仁の表情が初登場の時と差がありすぎです。年齢重ねたという話ではなく、顔の骨格が変わっています。横山光輝『三国志』には、年月により変身するキャラクターがたくさんいるので面白いです。

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

曹仁が大好き、または横山光輝『三国志』の骨格変形キャラクターを知っている人は、どんどんコメントをお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹仁が最強の将軍たる所以とは?チート級の武勇を紹介

関連記事:曹操の窮地を何度も救った英雄・曹仁

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

関連記事

  1. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  2. 種子島を目指す衛温
  3. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  4. 孔子
  5. 茶を飲む張角(太平道)

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 徐庶
    • 2021年 3月 20日

    陳宮とかも曹操を助けた時と呂布の部下として登場した時で全く顔が違います

    • 匿名
    • 2019年 9月 20日

    言葉足らずで失礼しました
    タイトルが不敗だったんで、八門金鎖で負けてなかったっけ?と思い投稿しかけて、演義だからカウントしてないのか気になりました。
    結論、演義ノーカンってことで納得。

    • 匿名
    • 2019年 9月 19日

    八門金鎖は?演義?

      • 2019年 9月 19日

       匿名さん、コメントありがとうございます。

       おっしゃる通り、曹仁の八門金鎖は『三国志演義』にしか登場しないものです。

       諸葛亮の八卦陣と同じと考えて大丈夫です。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP