すばらしきかな袁術!袁術のグッドな逸話を一挙公開


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁術

 

袁術(えんじゅつ)は後漢(25年~220年)末期の群雄です。短期間ではありますが、「仲」(197年~199年)という国を建てて皇帝に即位しています。

 

袁術

 

さて、この袁術は正史『三国志』や小説『三国志演義』でも悪人として描かれています。しかし、袁術は必ずしも悪人とは限りません。

 

空を飛ぶスーパーマン袁術

 

今回は正史『三国志』から袁術の良き側面にのみ着目して、彼の悪人のレッテルを払拭しましょう。

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「袁術 逸話」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁術が玉璽を手に入れたから魏晋王朝へ伝わった?孫堅は玉璽を隠し続けた?

関連記事:袁燿とはどんな人?袁術の息子で正史と三国志演義で全然違う生涯を送った袁燿


子供大好き 袁術

袁術

 

ある日のこと、袁術が陸績(りくせき
)
を呼びだします。陸績は廬江郡太守である陸康(りくこう
)
の子です。陸康と袁術は後に兵糧問題で対立することになりますが、この話はお互い仲が良かった時のことです。

 

陸績はまだ6歳でした。6歳と言えば幼稚園児か小学校入学したての年齢です。さて、陸績は袁術に面会してお辞儀をします。

 

袁術02 喜

 

せっかく遊びに来てくれたので袁術は、「これでも、もらいなさい」という感じでミカンを出してあげます。近所の優しいおじさんやおばさんがくれるお菓子と一緒です。陸績は早速、ミカンを3つもらって懐に入れると、「ありがとうございました」とまたお辞儀しますが、うっかりとミカンが落ちてしまいました。

 

可愛らしいと思った袁術は、「陸君(陸績)は人に招かれたら、ミカンを懐に入れる癖でもあるのかな?」と尋ねます。

 

陸績は咄嗟に「これは母にあげるためです」と切り返します。

 

袁術

 

それを聞いた袁術は陸績が普通じゃないと感じます。この話の読了後に筆者が感じたのは袁術って子供が好きなんだ、と思いました。

 

袁術

 

孫策に対しても「孫策のような息子がいれば良かった」とか言っているくらいですからね。子供が好きというのは根は悪い人間ではないと思いますよ。


孫策を処罰せず

イケメン孫策と袁術

 

これは孫策(そんさく)がまだ袁術の客将だった時の話です。孫策の騎兵が罪を犯しました。何の罪か史料は語っていません。

 

呉の勢力を率いる孫策

 

騎兵は袁術の軍営に逃げ込んでしまいます。当時の孫策は、あくまで袁術の客将。勝手な振る舞いが出来るはずありません。騎兵はそれを分かって袁術の軍営に逃げたので、ずるい人間です。

 

呉の小覇王・孫策

 

だが、孫策も袁術の軍営に飛び込んでいき問答無用で騎兵を斬り殺しました。残念ながら孫策は袁術の軍営に勝手に入ったので軍律違反です。よく考えてみれば斬られた騎兵も客将の部下であるにも関わらず、何のツテがあって袁術の軍営に入れたのでしょうか?おそらく騎兵も勝手に入ったのでしょう。

 

袁術

 

孫策はこんな騒動を起こしたので、袁術に謝罪に行きました。ところが袁術は、「兵士たちは命令違反をよくするものであり、我々はそれを憎まねばいけない。どうして君を処罰しなければいけないのだ」と言って、孫策を処罰することはありませんでした。

 

騎兵と孫策のどちらに非があるのか袁術には分かっていたのです。


劉虞擁立計画に反対する袁術

袁術と孫堅

 

初平元年(190年)に袁術は孫堅(そんけん)と一緒に董卓(とうたく)を討伐するために洛陽を目指しますが、董卓は献帝(けんてい)を連れて洛陽に逃走。

 

劉虞

 

討伐軍の盟主である袁紹は独自皇帝の擁立を計画します。抜擢されたのは漢王朝の一族である劉虞でした。彼は光武帝(こうぶてい)の長男である劉彊(りゅうきょう
)
の五世の孫です。

 

民衆に慕われる劉虞

 

しかも州牧(長官)という地位にありながら常に質素倹約に努めており、民からの評判が非常に良い。

 

劉虞

 

袁紹(えんしょう)韓馥(かんふく
)
は董卓に対抗するために、この劉虞を新しい皇帝にしようと計画しました。袁術はこの時、同意を求められますが、討伐軍の本来の目的が董卓打倒にあったはずであると主張して猛反対!

 

魏の曹操孟徳

 

また、曹操も袁術と同意見であり「君たち(袁紹・韓馥)は劉虞に仕えよ。私は西の主君(献帝)に忠誠を尽くす」と言って反対します。

 

結局、擁立計画は劉虞本人の反対もあったので頓挫しました。さて、袁術が劉虞擁立に反対した理由はどこにあったのでしょうか?もちろん、董卓打倒を貫徹したかったでしょう。しかし、別の方面もあったと筆者は見ています。

 

公孫瓚と劉虞

 

それは劉虞自身にあったと考えられます。劉虞はこの擁立事件から間もなくして、公孫瓚に討たれます。公孫瓚(こうそんさん)が劉虞の屋敷を家宅捜索すると、なんと屋敷の中は金銀財宝が多く、妻妾も豪華な服を身に着けていたのでした。

 

怒る袁術

 

つまり、劉虞は民をだましていた「偽善者」だったのです。おそらく袁術は劉虞の真の姿を知っていたので擁立に反対したと考えます。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が袁術の逸話に関した解説でした。袁術は悪い人という印象がつくのですが、それは小説『三国志演義』の影響のせいです。史実の袁術を読むと、心温まる気分になったりします。余談ですが筆者の愛読書『劉備徳子は静かに暮らしたい』では袁術は美人の女性として登場します。

 

ちなみに、そのマンガの中で養蜂場の購入希望を出しています。面白いネタだから、その話が筆者は知りたかったのですけど、違う話に行ってしまい残念でした。

 

※参考文献

・石井仁『魏の武帝 曹操』(初出2000年 後に新人物文庫2010年)

・高島俊夫『三国志 人物縦横談』(初出1994年 後に『三国志きらめく群像』2000年 ちくま文庫に改題)

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-15_bnr5

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

ハチミツ皇帝のファンという人という人はコメントを送ってください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:匡亭の戦いから転落した袁術、彼はどうして皇帝を名乗ってしまったの?

関連記事:皇帝に即位した袁術とは何者か?早すぎた改革者に迫る

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

 

関連記事

  1. 亡くなる袁紹
  2. 呂布 ナイスシュート
  3. 曹操を励ます荀彧
  4. 関羽の呪いで殺される呂蒙
  5. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  6. 司馬懿

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP