ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備による荊州借りパク問題はなぜ起こったの?荊州借用問題を解説

劉備、孫権、魯粛


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備と孫権

 

人から借りたものは、期限を決めて返すことが当たり前。しかし、後漢(25年~220年)末期の乱世では、そんな道理は通用しません。今回は劉備(りゅうび)孫権(そんけん)の間で起きた「荊州借用問題」・・・・・・ネット上では「荊州借りパク」の話を解説します。

 

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく解説しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「荊州 借りパク」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」

関連記事:陳宮が計画した兗州戦を正史三国志から考察!兗州戦は三つの理由が敗北の原因?


孫権の荊州攻めと劉備の無断出兵

曹操に降伏する劉琮

 

建安13年(208年)に劉琮(りゅうそう)を降伏させた曹操(そうそう)は荊州を占領します。勢いに乗じた曹操はそのまま孫権が治めている呉(222年~280年)を攻め滅ぼすべく南下しました。

 

赤壁の戦い

 

だが、孫権は曹操に追われて敗北した劉備と同盟を結び、赤壁で曹操を撃破!この敗北により曹操は撤退。同年、孫権は周瑜に命じて荊州の攻略に当たらせました。周瑜は荊州の中心地である南郡の攻略に挑みます。

 

朝まで三国志2017追加22 周瑜

 

ところが、南郡は曹仁(そうじん)徐晃(じょこう)が守備しており、さすがの周瑜も負傷する苦戦を強いられます。周瑜は約1年かけて攻略に成功しましたが、彼が曹仁に手間取っている間に動いたのが劉備でした。劉備は一気に、零陵・桂陽・武陵・長沙を陥落させたのです。


南郡ちょうだい! 図々しい劉備

劉備

 

建安15年(210年)、劉備のもとには流民や劉表軍、曹操軍の敗残兵が集結してきました。零陵・桂陽・武陵・長沙の領地だけでは、流民や兵士を養っていくことが不可能になりました。そこで劉備は孫権に「今の領地が狭いから、南郡をちょうだい」と頼みました。これには周瑜が大反対!

 

朝まで三国志2017表情 周瑜03 怒

 

「この際ですから劉備を捕縛しましょう」と孫権に提案します。彼からすれば、1年もかけて血と汗を流して勝ち取った領地なのに、なんで簡単に渡さないといけないのか意味が分かりません。

 

魯粛、周瑜、劉備

 

しかし魯粛は周瑜と反対意見であり劉備に南郡を渡すことに賛成です。もちろん彼は売国奴ではありません。魯粛は劉備に領地を与える代わりに曹操に対してのストッパーとして前線に配置することを提案していたのです。

 

魯粛と周瑜が詐欺を決行

 

だがこの当時は、周瑜が全軍の責任者なので彼の言うことが絶対でした。ましてや孫権もまだ若いから周瑜の意見を採用します。さすがに劉備が捕縛されることはありませんでしたけど・・・・・・


荊州借用問題の激化

周瑜

 

だが、思った以上に話はあっさりと進展します。周瑜がすぐに亡くなってしまったのです。周瑜は蜀の劉璋の討伐する予定だったのですが、その準備の途中で病気になってこの世を去りました。

 

二刀流の劉備

 

周瑜が亡くなって全軍の責任者が魯粛に交代したので、孫権は魯粛の意見を採用しました。劉備は零陵・桂陽・武陵・長沙だけではなく、周瑜が1年もかけて占領した南郡を領有する権利を得ました。

 

劉備に降伏する劉璋

 

さて、劉備はこれで曹操へのストッパーになってくれたのでしょうか?残念ながら彼はなってくれるどころか、部下の関羽を荊州に残留。自分は劉璋を討伐して蜀の新しい君主になってしまいました。

 

諸葛瑾

 

建安20年(215年)に孫権は諸葛瑾(しょかつきん)を派遣すると、「蜀をとって領地が広くなったから、荊州を返却してください」と劉備に頼みます。ところが劉備は全く返す気無し。友達に貸したマンガが、そのまま返って来ない気分にそっくりです。

 

激怒する関羽

 

怒った孫権は長沙・零陵・桂陽に役人を派遣しますが、荊州に残留していた関羽に次々と叩き出されました。

 

呂蒙

 

泣き寝入りはしたくないので孫権は呂蒙(りょもう)に命じて長沙・零陵・桂陽を攻撃。三郡とも呂蒙に降伏しました。劉備も負けじと関羽に出撃命令して魯粛と対決させます。

 

関羽

 

最終的には魯粛は関羽と話し合いをすることにしました。小説『三国志演義』や芝居で有名な「単刀会」です。小説や芝居では魯粛が「荊州を返せ」と言いますが現実的に考えたら、関羽に荊州を返す権限はありません。

 

魯粛が関羽と話し合いをした理由は、目の前で行われようとしている武力衝突を避けるためでした。実際にこの会談は成功して武力衝突の回避に成功します。その後の交渉の結果、江夏・長沙・桂陽は孫権が南郡・武陵・零陵を劉備が領有することになりました。こうして荊州借用問題は両者の間で保留になったのです。


三国志ライター 晃の独り言 『蒼天航路』を読みました

三国志ライター 晃

 

 

以上が荊州借用問題に関しての解説でした。荊州借用問題は根深く、魯粛が建安22年(217年)に亡くなって呂蒙が後任になると、再び再燃します。ただし、それはまた別の話です。

 

 

さて話は逸れますが、筆者は最近になって、『蒼天航路』を読み始めたのです。たぶん読者の皆様の中には「あり得ない」と驚愕した人もいるかもしれませんが、筆者は最近になるまで読んだことありませんでした。その点はお許しください。

 

現在、三国志を主軸に扱った歴史マンガはたくさんあるが、ほとんどは劉備陣営を主役に扱います。たぶん横山光輝氏の『三国志』の影響が大きいのでしょうけど・・・・・・

 

曹操陣営を主役に扱ったのは確認がとれる限り、この作品のみ。おそらく関連人物が多すぎてまとめるのが難しいからと推測されすます。

この作品に関してはプラス評価しかありません。

 

エンターテイメントとしても、歴史としても面白かったです。例えば董卓討伐軍で董卓袁紹軍の兵士を次々と殺して、首を積み上げていくのですが、これは「京観」という自分の武功を示すための手法です。よく調べていると思いました。

 

もう1つのプラス評価はキャラの使い方が粗雑だったことです。このマンガのキャラの多くは登場した次の話から2度と登場しないことが頻発します。

 

それを聞くと、マイナス評価にしか聞こえないのですが、これこそリアルな点で素晴らしいと筆者は感じています。だって読者の皆様も自分に出会った人全てが、死ぬまで付き合いがあるとは限らないはずです。筆者もそのような体験は、子供の時から多くしてきました。

 

主役と他のキャラが最後まで付き合うことが美しきシーンや話になるとは限らないのです。急に消えたりすることによって、逆に人物に感情移入がしやすくなる場合もあります。

 

皆様はどう思いますか?

 

※参考文献

・高島俊夫『三国志 人物縦横断』(初出1994年 後に『三国志きらめく群像』(ちくま文庫 2000年)

 

はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

この記事に興味・批判・反論がある人はコメントをお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 三国志に出てくる海賊達と甘寧 甘寧は夷陵の戦いで戦死していなかった?呉武将甘寧と夷陵の戦いを解…
  2. 黄月英 諸葛亮の奥さん(黄夫人)は本当に醜女だったの?
  3. 趙雲子龍 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?
  4. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  5. 孫権に煽られて憤死する陸遜 夷陵の戦いの功績があったにも関わらず、どうして晩年の陸遜は…
  6. 孔子と儒教 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  7. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍してい…
  8. 孔明のテントがある野外のシーン 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 東京五輪のボランティア いだてん
  2. スサノオノミコト(日本神話)
  3. 黒田官兵衛
  4. Breaker podcast 引用
  5. 三国志を統一した司馬炎
  6. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  7. 劉禅
  8. 王翦

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」
  2. 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ
  3. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた! 馬超をフルボッコする閻行
  4. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ導いた法律の番人
  5. 劉備の経歴を調べたら実は貧乏ではない!挙兵までの劉備の姿を暴け! 土いじりをする劉備
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介 おんな城主 直虎

三國志雑学

  1. 曹植
  2. 龐統
  3. 徐晃と夏侯淵
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 土いじりをする劉備


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 徳川家定
  4. 陸遜
  5. 新選組の土方歳三
  6. 武田二十四将(馬場信春)をメイン

おすすめ記事

父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何? 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの? 総制作費40億円!!三国志史上、最も美しいエンターテインメント時代劇『三国志 ~趙雲伝~』を11月2日からレンタルをスタート よかミカンさん はじめての三国志ライター 三国志武将のダイエットグッズでこんなのがあったら嬉しい はじめての三国志 画像準備中 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.2 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介! 魏の占い師・周宣(しゅうせん) 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師 キングダム 【キングダム】知ってる?いよいよ楊端和がヤバいらしいよ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP