ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【意外】徐庶と劉備はご近所さん!三国志登場人物の住所の不思議

蜀の劉備


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

kawausoとおとぼけ

 

三国志の二次創作は楽しいものですが、大体困るのは、○○は一体どこに住んでいたんだろう?という疑問です。史料で分かるのは大雑把な市町村までであって番地レベルになると、推測で埋めるしかないのが実情なのです。

 

はじめての三国志編集長kawauso

 

しかし、今回、kawausoは水経注(すいけいちゅう)の中から、襄陽(じょうよう)の地図を確認する事が出来ました。

 

司馬徽とホウ統

 

そして、地図には徐庶(じょしょ)司馬徽(しばき)龐統(ほうとう)というような三国志の登場人物の屋敷の場所についても記述されていたのです。今回は三国志の二次創作の参考になるに違いない?襄陽の登場人物の住所についてを解説します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮の住まいはどっち?襄陽古隆中VS南陽臥竜崗

関連記事:劉備が宴会していた襄陽(じょうよう)ってこんな街!よかミカンが行ってみた


水経注とは何?

幕末 魏呉蜀 書物

 

水経注とは、北魏(ほくぎ)時代の地理書で延昌4年、515年の成立で40巻からなります。つまり三国志の時代から300年程後の時代の書物でありリアルタイムではありません。しかし注という言葉が示す通り、水経注とは、元々あった水経という地理書に対する注釈本であり、こちらの水経は後漢の順帝(じゅんてい)の時代以降から、三国魏の時代の成立と考えられています。なので、引用されている地図は、まさに三国志の時代ど真ん中であると言えるのです。


大公開三国志の時代の襄陽の人々の住所

 

こちらが、水経注を参考に書き写した襄陽城を中心にした三国志の時代の地図です。襄陽城の北に沔水(べんすい)が流れ、その対岸には関羽が包囲した事でお馴染みの樊城(はんじょう)があります。同時に曹仁(そうじん)の碑という記載もあるので、恐らく関羽を撃退した事を記念したものでしょう。

曹仁

 

では、それぞれのキャラクターの住所について見てみましょう。

 

司馬徽の屋敷・・・水鏡先生こと司馬徽の住居で、襄陽城の東、卞水の対岸にあります。

沔水の中には中州があり、ここに司馬徽が師事した龐徳(ほうとくこう)の屋敷があります。史書では司馬徽は時々、着物をからげて龐徳公の屋敷に出入りしたらしいです。

司馬徽

 

龐統の屋敷・・・襄陽城東門からそれほど離れていない土地に龐統の屋敷があります。城内に屋敷を持たなかったのが、荊州における豪族同士の力関係をあらわしていますね。多分、蔡瑁(さいぼう)のような劉表に近い豪族の屋敷は城内にあったんでしょうね。

龐統した勝利

 

徐庶の屋敷・・・襄陽城の西側には、沔水を挟んで徐庶の屋敷があったようです。その隣には、徐庶の親友と言われる⑤崔州平の屋敷が並んで建っています。また、この近くは檀渓水と言い、河の流れの激しい部分があったようです。

魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる

 

劉備が襄陽城での宴で蔡瑁蒯越(かいえつ)に殺害されかけた時に、(かわや)に行くフリをして城を抜け出し愛馬の的盧を励まして、激流を飛び越えたのはこの部分であり、(※世語)徐庶や崔州平の屋敷の側だったという事になります。

剣を持って戦う徐庶

 

もしかすると、この騒動を徐庶は近くで見聞していて劉備を担いで何かしようと企みをやりだしたのかも知れませんね。おあつらえ向きに当時劉備が駐屯していた樊城は、徐庶の屋敷からそれほど離れていないので、尋ねやすい場所でもあります。

楊儀

 

楊儀の屋敷・・・魏延(ぎえん)と険悪であり、諸葛亮死後に一騒動を起こした楊儀は襄陽城の南、回(にサンズイ)湖の北側に住んでいて、湖の南には同族の楊顒(ようぎょう)が住んでいました。この楊顒は楊儀同様に事務処理能力に優れ、細かい仕事まで自分でやろうとする諸葛孔明に仕事を取らないでと説教しています。また、こちらも中州に⑦蔡習という人の屋敷がありますが、三国志で検索しても引っ掛かりませんでした。

亡くなる孫堅

 

峴山(けんざん)・・・峴山は、三国志の初期の英傑孫堅(そんけん)劉表を攻めている途中に黄祖(こうそ)の罠に嵌り射殺されるという最期を遂げた場所です。⑪の景升台(けいしょうだい)は、調べてもよく分からない施設ですが、もしかして、劉表が天を祀ったりした場所なんでしょうか?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの


アレ?諸葛孔明の住居は?

3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備

 

「あれ?諸葛亮の住居は?」と思った方も多いでしょうが、諸葛亮隠遁(いんとん)していた古隆中という土地は、馬鞍山(ばあんざん)よりもずーっと西にあります。こうして考えると、徐庶と司馬徽、龐統、龐徳公の屋敷の近さに比較すると、諸葛孔明はかなり辺鄙な土地に住んでいるという事が出来るでしょう。

 

だからこそ、隠遁という世捨て人的な高雅な演出も出来るわけですがlその微妙な土地感覚は荊州における諸葛亮の順風満帆とは言えない出世の道の険しさに繋がるのかも知れません。それがあったからこそ、将来性には難がある劉備に賭けるという大博打を打ったのでは?と考えてしまいます。

孔明

 

だって、襄陽城の近くにいた徐庶、崔州平、司馬徽、龐徳公、龐統の中で、いつの間にかふらっと劉備軍に入ったと見られるのは龐統だけで、あとは知らんぷりですしね・・ここには、襄陽城との距離の違いがよそ者(劉備)に対するスタンスの違いと連動しているような感じもします。

韓信vs孔明

 

そう言えば、正史三国志の先主伝では、曹操が荊州に攻めてきて大混乱している最中に諸葛亮が劉備に、このどさくさを利用して劉琮(りゅうそう)を打ち破り荊州を領有しなさいと進言しています。いくらなんでも数千の劉備軍に、そんな事が可能だったか分かりませんが、同じく先主伝には劉琮の左右が劉備に帰服したとあるので、うまくやれば内応を誘い城門を開いて劉備軍を城内に引き入れるとか可能だったのでしょうか?

 

襄陽の地図を見ると、色々考えてしまいますね。


三国志ライターkawausoの独り言

 

今回は水経注から三国志の時代の襄陽城周辺に住んでいた三国志のお馴染みの人々の住所について紹介してみました。これが本当に正しいかどうかは、kawausoの情報収集能力ではなんともなりませんが、登場人物の配置から、なんとなく諸葛亮と司馬徽の一派との力関係などが、見えてくるような気がしました。三国志の二次創作に励んでいる皆さん、kawausoの駄文はともかく、水経注の地図は参考になりましたでしょうか?

 

参考文献:正史三国志先主伝 後漢末期の襄陽の豪族

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:2019年中秋節、あの三顧の礼も関係していたって本当?

関連記事:【悲報】徐州虐殺が曹操の中華統一を阻止した事実

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 関羽を討ち取る陸遜 どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  2. 宋姫 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由…
  3. 呉お正月企画、お酒にまつわる逸話07 孫権 宴会場面から読み解く「孫権の人柄」!あなたは孫権との飲み会に参加…
  4. 三国志の英雄(魏 呉 蜀) どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  5. 曹茂 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  6. 黄月英 諸葛亮の奥さん(黄夫人)は本当に醜女だったの?
  7. 羅貫中と関羽 関羽の実績が少ない理由は美髯公の性格が最悪だったから?
  8. 西郷隆盛(ゆるキャラ) 劉備と西郷隆盛の共通点って何?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. kawauso編集長
  2. 頭痛に悩ます曹操
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 司馬遷(しばせん)
  5. 連幹の計 呂布 貂蝉
  6. 韓信と劉邦
  7. 夏侯惇
  8. 島津斉彬
  9. 劉璋(りゅうしょう)

おすすめ記事

  1. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明 孔明
  2. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王化」!!
  3. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言
  4. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる! 孟達を討伐する司馬懿
  5. 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」
  6. 【古墳時代】初代神武天皇から26代継体天皇まで一挙紹介 幕末70-8_天皇(シルエット)

三國志雑学

  1. 劉備と曹操
  2. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  3. 曹操VS孫権 R2
  4. 司馬徽
  5. お互いに歌を交わす趙雲と劉備


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜と陸遜
  2. キングダム54巻amazon
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 華佗(華陀)
  5. 宦官VS外威 三国志
  6. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  7. 文帝(前漢)
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

黄忠VS夏侯淵 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い 関羽と織田信長が同じ時代にタイムスリップしたらどうなる?【if三国志】 【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】 李傕、李カク、孫堅 孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった! 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖の逸話を追うほど真実がわからなくなっていく!結局誰の評価が正しいの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP