程昱の逸話から分かる程昱の実像、実はお日様男子?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

程昱(ていいく)

 

程昱(ていいく)曹操(そうそう)の軍師の1人です。マンガやゲーム、ドラマに登場する曹操の軍師とくれば、荀彧(じゅんいく)郭嘉(かくか)賈詡(かく)、そして程昱です。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

ところで程昱にはどのような逸話があるのでしょうか?

 

今回は正史『三国志』を中心に程昱にまつわる逸話を紹介します。

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく翻訳しています

 

自称・皇帝
当記事は、
「程昱 逸話」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【悲報】徐州虐殺が曹操の中華統一を阻止した事実

関連記事:十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵


故郷を黄巾軍から守る程昱黄巾賊を率いて暴れまわる何儀(かぎ)

 

 

中平元年(184年)に太平道(たいへいどう)の教祖である張角(ちょうかく)が率いる黄巾軍が反乱を起こしました。黄巾の乱です。程昱の故郷である東阿では役人の王度(おうたく)が黄巾軍と結託して攻撃を開始。責任者である県令や民は逃げ出してしまいました。

 

黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)

 

しかし倉庫などを焼いた程度であり城を占拠している気配がありません。それに気付いた程昱は敵が少数であると見破りました。そこで豪族の薛房と一緒に王度を返り討ちにする計画を立てます。程昱は民も仲間に加えようとしましたが、民は自分の命の方が大事なのか不参加の意思を表明。呆れた程昱は、言葉は悪いですけど次のセリフを吐き捨てます。

 

「バカと相談してもどうしようもない」

 

黄巾賊

 

待っていても意味が無いと思った程昱は民が避難している場所に、「黄巾軍が来た」とデマを流しました。デマに踊らされた民は城まで逆戻り。こうして黄巾軍よりも数が多くなった程昱は、見事に王度を打ち破って撃退に成功しました。


曹操に仕える程昱

劉岱

 

その後、程昱は兗州刺史の劉岱(りゅうたい
)
からスカウトがきましたが断りを入れていました。劉岱が黄巾軍の残党に殺害されると、曹操が新しい兗州刺史になります。曹操も程昱をスカウトしますが、これにはあっさりと応じています。

 

曹操

 

程昱の故郷の人は、「劉岱と曹操で対応が矛盾しているだろう」と呆れます。だが、程昱はそのような非難は全く相手もせずに曹操のもとに行きました。

 

程昱が劉岱のスカウトを断り、曹操に付いたのは生前の劉岱の行動でしょう。劉岱は生前、袁紹・公孫瓚とも同盟していました。公孫瓚は一時的ですが袁紹より少し有利になった時期があり、劉岱に自分に付くように脅しをかけます。

 

豪族に提案する若い頃の程昱(ていいく)

 

迷った劉岱は程昱に相談しました。程昱は「一時的な動きで迷ってはいけない」と諭したので、劉岱は袁紹に付きます。間もなく、公孫瓚は「界協の戦い」で袁紹に敗走。覇権争いから脱落します。

 

程昱は劉岱のスカウトに応じなかった理由は、彼の世間の見通しの甘さと考えてもおかしくありません。その点、曹操は会っていないけどまだマシと思ったのかもしれません。もちろん曹操が劉岱と同類だったら、すぐに出ていくつもりだったかもしれませんけど・・・・・・


お日様を抱えた男

歴史書をつくる裴松之

 

正史『三国志』に注を付けた裴松之(はいしょうし)が持ってきた『魏書』という書物によると、程昱は改名であり「程立」が本名と記されています。程立は若い頃、お日様を抱える夢を何度も見ました。曹操に仕官した程立は荀彧にだけ、この話をしていました。

 

自称皇帝闕宣のイケイケ人生 陶謙、曹操

 

その後、曹操が徐州の陶謙(とうけん)と戦っている間に、曹操の友人である張邈(ちょうばく)陳宮(ちんきゅう)が突然反乱を起こして、呂布(りょふ)を兗州に迎え入れました。

 

兗州のほとんどの領地は降伏したのですが、荀彧と程立がいる個所だけは奮戦して守り抜くことに成功しました。終戦後、荀彧は曹操に程立の夢の話をしました。すると曹操は「君は最後まで私の腹心となってくれる男だろう」と言いました。

 

そこで曹操は程立に改名を要求します。「立」という字の上に「日」を置くことで、「昱」にすることにしました。

これが程昱の誕生です。


三国志ライター 晃の独り言 実はまだ加入していない程昱

三国志ライター 晃

 

以上が程昱に関しての逸話でした。この間、「真・三国無双」のサイトを閲覧したら、程昱はまだキャラクターとして加入していません。

 

これは絶対に次のシリーズで参戦する予定と筆者は考えています。程昱だったら、どんな容貌でしょうか?曹操に仕えた時点で、50歳を越していたからやっぱりダンディーな風貌なんでしょうかね?

 

佐々木蔵之介や沢村一樹みたいな感じで・・・・・・

読者の皆様はどんな人を想像していますか?

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-15_bnr5

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

程昱が好き、または次の「真・三国無双」で出演してもらいキャラクターについてコメントをお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの?

関連記事:程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

 

関連記事

  1. 魏から蜀に下る姜維
  2. 于禁
  3. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  4. 張飛の男気人生
  5. 蜀の厳顔

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP