夏侯覇だけではない!劉備軍にいた2人の夏侯氏


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

二刀流の劉備

 

傭兵隊長の劉備(りゅうび)が曹操の重臣を多く出した夏侯氏(かこうし)と縁が深いのは有名です。

 

夏侯覇

 

魏から亡命した夏侯覇(かこうは)張飛(ちょうひ)拉致(らち)して妻にした夏侯覇の従妹などですが、劉備にまつわる夏侯氏はこの2名だけではなかったのです。疑おうと思えば幾らでも疑える劉備と夏侯氏の怪しい関係について考えてみます。


劉備配下の将軍夏侯博!

劉備を支援する麋竺

 

劉備の配下だった夏侯氏の1人目は夏侯博(かこうはく)です。彼の登場は西暦200年、朱霊(しゅれい)と共に袁術(えんじゅつ)を討伐に向かった劉備が、方向転換して下邳(かひ)に入り、刺史の車冑(しゃちゅう)を殺害して徐州の領有を宣言した時に、その配下の将であった事が分かります。

 

昌豨

 

この時の劉備は中々の策謀を巡らせ、東海の昌豨(しょうき)を叛かせ、郡県の多くも曹操に謀反して劉備に与したので手勢が数万人まで膨れ上がります。

苛ついている曹操

 

劉備はこの状態を維持し孫乾を派遣して袁紹と連携を取りました。これに対し、曹操は劉岱(りゅうたい)王忠(おうちゅう)を派遣して討伐させましたが失敗したので官渡で袁紹(えんしょう)にまみえている忙しい時期でしたが、自ら劉備討伐を決め官渡から西に走って劉備を撃破しています。

 

曹操から逃げ回る劉備

 

劉備は曹操が袁紹に張り付き、自分の討伐には来ないと思い込んでいたので、曹操が来たと聞いても中々信用せず、いよいよ曹操の大将旗を見て驚き手勢を棄てて逃げたと魏略にあります。この戦いで曹操は劉備の将軍である夏侯博を生け捕ったそうです。


登場した時から将軍で生け捕られる夏侯博

夏侯嬰(かこうえい)

 

斬り捨てたのではなく、生け捕りという点、聴いた事ない名前なのにすでに将軍という点を見ると、劉備が許で曹操の客将をしていた頃に劉備に懐いた夏侯惇の一族なんじゃないかと考えてしまいますが、その後、夏侯博が歴史に登場する事はありません。

 

でも、タイミングがタイミングですし、赤の他人の夏侯氏とは考えにくいですよね?もし、曹操の出身母体である夏侯氏から裏切り者が出たと考えると何とも興味深いです。

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー


博望で趙雲に捕えられた夏侯蘭

京劇コスチューム趙雲

 

もう1人の夏侯氏は、夏侯蘭(かこうらん)と言い趙雲(ちょううん)と同郷の出身なのだそうです。劉備が荊州の劉表の下に逃げた頃、夏侯惇(かこうとん)が劉備を追撃して博望坡で激突しますが、夏侯惇は劉備の伏兵に敗れて敗走しています。

 

趙雲は、この時に夏侯蘭を生け捕りにして劉備に対し夏侯蘭は法律に詳しいので軍正として登用するように勧めましたが、公私混同を避ける為に以後は近づかなかったと趙雲別伝に書かれています。

士匡

 

この夏侯蘭は、趙雲と同郷という事ですが、部隊としては夏侯惇の部隊にいたであろう事が分かります。夏侯という姓は復姓で中国では珍しくたまたま夏侯惇の部隊に、特に縁もゆかりもない夏侯蘭がいたというのであれば相当に奇妙な偶然という事になります。

 

やはり、縁もゆかりもないという事は考えにくいのではないでしょうか?

ただ、こちらの夏侯蘭もその後、三国志には登場しなくなります。


推測:夏侯氏は一枚岩ではなかった!

内容に納得がいかないkawauso様

 

奇しくも同時期に曹操に生け捕られたり、趙雲に生け捕られたりした二人の夏侯氏の不思議。曹操と夏侯氏と言えば一蓮托生のようなイメージですが、実際は曹操に反感を持つ夏侯氏も一定数居て、それが劉備に与したのではないでしょうか

炎上する城b(モブ)

 

実は官渡の戦いの頃、劉備は豫洲の汝南で反曹の宣伝活動を随分したそうで、曹操や夏侯惇の出身地である沛国礁県付近も戦乱に巻き込まれたそうなのです。事実、曹操は西暦202年の正月、故郷の(しょう)に進駐して布令を出していますが、その内容というのが意味深なのです。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>
  • コメント: 2

関連記事

  1. 蔡瑁
  2. 劉備を支援する麋竺
  3. 曹操
  4. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備
  5. 眠る董卓
  6. 降伏する劉禅

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 太史慈
    • 2020年 7月 09日

    先主劉備時代の益州広漢太守に、夏侯纂という人物が居ます。この人物が夏侯博と同時期に劉備に従ったとすれば太守の身分では勤続?年数から考えて低い気がしますので、私は夏侯博より一つ下の世代の近親者か、若しくは夏侯博の息子の可能性もあると見ています。

    また、正史の呉書中に、孫登が存命中に活躍した臣下として夏侯承の名が見え、夏侯氏が三国に存在していたことが分かります。

    更にそもそも論として、夏侯氏で歴史上初めに有名になったのは前漢の夏侯嬰ですので、後漢末には彼の子孫だけでも相当数居たと想像されますので、元々のルーツは同じであっても、例えば夏侯淵・惇・曹嵩らと、夏侯博や夏侯蘭は現代日本人の感覚では同じ村の『山田さん』位のつながりしかなかったのかも知れません。この辺は、現代支那で新しい歴史文書とか夏侯氏の家系図などが発見されれば明らかになる可能性もあると思います。新発見に期待します。

    • 匿名
    • 2020年 5月 06日

    張飛の嫁も本当に拉致かどうか怪しくなる話だねぇ




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP