史実の司馬懿と三国志演義の司馬懿のイメージの差異を考察


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志演義_書類

 

三国志演義の面白さとして、史実、つまり正史として記されている書物との違いがあると思います。筆者はこの違いをただの違いで流さず、また創作と侮らず、楽しむことが正史三国志と三国志演義の醍醐味とも言えると思っているのです。

 

司馬懿

 

そこで今回はこの違いの中でも、特に司馬懿(しばい)という人物に注目してみたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「司馬懿 史実」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


悪役のイメージが強い三国志演義の司馬懿

司馬懿

 

三国志演義の司馬懿の話からしますが、三国志演義での司馬懿は正に悪役と言っても良いでしょう。

 

司馬懿と曹丕

 

特に曹丕(そうひ)と皇帝の位を奪うべく画策しているシーンは、印象深いですね。曹丕が曹操(そうそう)の跡を継ぐ頃から司馬懿は良く出てくることもあって、司馬懿は謀略(ぼうりゃく
)
を巡らせる人というイメージが強いという人もいるのではないでしょうか。


蜀の敵として描かれることが多い司馬懿

悪役の曹操、正義の味方の劉備

 

司馬懿が悪役としてイメージされるのは、基本的に三国志演義、もしくはこの三国志演義を元にした作品での多くでは蜀が主人公であり、その蜀の敵である呉、そして特に魏は悪役として描かれていることが多いです。

 

司馬懿

 

その中でも孔明(こうめい)のライバル的な存在、蜀に止めを刺したとも言える司馬懿は悪役、更に魏から(しん)への歴史的背景も踏まえて簒奪者(さんだつしゃ)、つまり「悪」としての司馬懿のイメージが強いのでしょう。しかしこれはあくまで三国志演義の中での司馬懿です。


一方で正史三国志の司馬懿は・・・

司馬懿

 

さて正史三国志の話に移りますが、実は蜀と戦っているイメージが強い三国志演義とは違い、正史の司馬懿は対呉の役割を持っています。これだけでも大きくイメージが変わってきますよね。

 

呉軍を撃退する曹真

 

この司馬懿がなぜ対蜀に回されたかと言うと、対蜀を担当していた曹真(そうしん
)
が死んでしまったのでその代役を任されたのが司馬懿なのです。


有能な曹真の後を託される

 

さて曹真と言えば三国志演義では司馬懿にも諸葛亮(しょかつりょう)にも及ばない才能に悩んでいるキャラクターにされていますが、実際には大変優秀な曹一族です。

 

孔明の計画をぶちこわす曹真

 

彼は諸葛亮の北伐を何度も防いでおり、正史を追っていくと病死するまでの第三次北伐まで立派に対蜀、対諸葛亮を務めて防ぎきっています。その曹真に変わって蜀を担当することになった司馬懿、です、が……。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  2. 逃走する太史慈
  3. 泣く子も張遼
  4. 孫尚香
  5. 曹操の頭痛の原因は関羽?
  6. 袁紹VS公孫瓚

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP