曹操を裏切った漢たち!?張邈と仲間たちについて考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔融を処刑する曹操

 

晃は多くの三国志ネタの記事を執筆してきましたが、曹操(そうそう)ネタに関しては、ほとんど扱ってきませんでした。

 

仮病を使う若き司馬懿に嫌がらせをする曹操

 

冗談かもしれませんが本当の話です。曹操関係の記事って、書いた記憶が無いのです。そこで今回は曹操を裏切った人物や、曹操が裏切者に対してどのような処置をしたのかについて解説します。

 

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく解説しています。




張邈 曹操が信頼した友人

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

 

張邈(ちょうばく)は曹操の友人です。若い時から人助けが好きだったらしく、そのために屋敷の財産も使っていました。おかげで大勢の人々が彼に身を寄せていたそうです。

 

袁紹

 

張邈は袁紹(えんしょう)とも友人であり、何かあったらかけつける「奔走の友(ほんそうのとも)」という盟約を交わしていました。

 

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

やがて時は流れて、初平元年(190年)袁紹は董卓(とうたく)討伐の際に盟主に選ばれます。袁紹は盟主という立場を利用して傲慢な態度が目立つようになりました。

 

曹操

 

張邈はそんな袁紹の態度を注意しますが、袁紹は逆ギレ。その結果、袁紹は曹操に張邈の暗殺を命令します。しかし曹操は「張邈は正論を吐いただけだ!」と拒否。曹操がかばってくれた事を知った張邈は、曹操に対して感謝しました。




呂布を助ける

ヘソにろうそくを刺される董卓

 

初平3年(192年)に董卓(とうたく)王允(おういん)呂布(りょふ)により殺害されました。反撃に出た残党の李傕(りかく)たちにより王允は殺されてしまい呂布は逃走。呂布は袁術(えんじゅつ)・袁紹を頼ります。

 

呂布に仕える袁渙

 

袁術・袁紹とも最初は友好関係を保った呂布でしたが、やがて争いを起こして出奔となりました。この時、呂布を助けたのが張邈です。彼は困っている人間を見たら見捨てることが出来なかったのでした。


張邈の疑念

裏切った呂布

 

ただし呂布を助けたことで張邈は、「ある疑念」が出たのです。実は董卓暗殺当時、袁紹と袁術が天下の覇権を握っていました。曹操と張邈は同じ袁紹系の軍閥です。

 

張邈は曹操が呂布を助けた件を袁紹にチクるかもしれないと邪推。もちろん、曹操にそんなことをするつもりはありません。だが、張邈は曹操が自分の事を袁紹に密告するかもしれないと思ったのでした。


陳宮の誘惑と辺譲殺害事件

陳宮

 

張邈にとどめをさしたのは、曹操配下であり兗州の名士である陳宮(ちんきゅう)からの誘いです。陳宮は曹操に対して恐れを抱いていたのです。曹操は兗州刺史就任当時、名士の辺譲(へんじょう)という人物を殺害しています。

 

腐れ儒者気質な孔融

 

辺譲は昔は朝廷でも働いており、蔡邕(さいよう)孔融(こうゆう)王朗(おうろう)などの著名人と交流がある人物。現代で例えるのなら第三者委員会に呼ばれるほどの知識人でした。

 

曹操

 

兗州刺史時代の曹操は40歳。若手政治家ではありませんが、軍閥としてはまだ力が弱かったのです。有名人の辺譲からすれば曹操は「たかが宦官の孫」と見下していたのでした。怒った曹操は辺譲と彼の家族を捕縛して殺します。

 

曹操を裏切る陳宮

 

びっくりしたのが、兗州の名士である陳宮。彼は当時、曹操の配下でしたが辺譲殺害事件で曹操について行くのをやめて、張邈に反乱の計画を持ちかけました。張邈の弟の張超(ちょうちょう)も賛成。彼も曹操とは仲が良くなかったのです。張邈も辺譲のようになりたくないと思って、反乱を決意しました。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 魏延と孔明
  2. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. 食料を運ぶ旅行人
  4. 司馬懿
  5. 孔明
  6. 車に乗る諸葛亮(孔明)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP