光武帝という存在がいったいどれだけ「すごい」のか?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

光武帝の存在(1P目)




少数兵でも完勝しちゃ・・・ったのがいけなかった?

光武帝

 

この蜂起を聞いた王莽は数十万の討伐軍を差し向けます。そして劉秀たちの兵は集まったと言えど数千程度。しかし三国志に慣れ親しんだ皆様なら、寡兵に大軍をぶつけるのは負けフラグというのは良くご存知でしょう。

 

行軍する兵士達b(モブ)

 

なんと劉秀はこの戦に大勝利、これをきっかけに兄弟の名が知れ渡っていくのですが、そこは人生万事塞翁が馬。劉秀の兄、(りゅう)エンは弟らとともに勢力を拡大し、彼を皇帝にと推す者も多くいました。

 

ですがその拡大していく勢力を恐れられたのか、皇帝となったのは同じ劉氏である隆玄(りゅうげん)。そして更皇帝となった隆玄は劉エンを謀殺。劉秀も目を付けられることになります。




そして皇帝になる劉秀

劉秀(光武帝)

 

兄と同じく殺されそうになるが、劉秀は皇帝に反意がないことを証明するかのように逆に兄の非を謝罪。その真意を探るべく更皇帝の息のかかった者たちが葬式に訪れるも、劉秀はその心中を明かすことなく、この危機を逃れました。

 

その後、劉秀は河北制圧(かほく)に赴きます。この際にはまだ疑われていたのか、手勢も少なく、軍は貧窮状態でした。しかしここで河北の名士である劉楊(りゅうよう)の娘と政略結婚することで勢力を拡大し、僅か一年ほどで河北の大部分を手中に収めました。

 

劉秀(光武帝)

 

力を付けた劉秀は独立を宣言、部下に「皇帝になったらどうですか」と言われても二回は断り、三回目で「ちょっと考えてる」そして四回目で「即位します」となりました。この辺りはお約束ですね。皇帝になった劉秀は十数年後には中国全土を制覇、ここから後漢時代が始まります。




光武帝の「凄さ」

スピリチュアルにハマる光武帝

 

さて劉秀、光武帝の凄さをご説明しましょう。前述したようにその凄さは「漢王朝の復興」にあります。中国において王朝が滅びるというのは「徳」を失うことです。国が乱れるのも天変地異が起こるのも大体皇帝、王朝が徳を失っているからです。

 

光武帝を解説する荀彧

 

だから滅んだ王朝には、殆ど誰も見向きはしなくなります。しかしそんな見向きもしなくなったはずの王朝を復興させたのが光武帝なのです。人は一度つけられたイメージを覆すにはよっぽどのことをしなければなりません。それがマイナスイメージであれば尚更、前と同じではなく、前よりも遥かに良いことをしないとそのイメージは拭えません。

 

劉秀(光武帝)

 

お分かりでしょうか、それを成し遂げたのが光武帝です。これこそが、筆者の中で光武帝が漢王朝を復興したことが「光武帝の最大の凄さ」であると思う理由です。

 

関連記事:後漢の初代皇帝・光武帝ってどんな人?牛に乗って挙兵した皇帝

関連記事:光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの?

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

光武帝の偉業は他にも幾つかありますが、やはりまずは漢王朝の復興であると思うので、そこを主体にしてご説明させて頂きました。ここだけ見ると連戦連勝、心中を漏らさず、ピンチをチャンスに変えてのし上がった人……と思われるかもしれませんが、光武帝にはお茶目な逸話も多々あります。今度はそちらについてもご紹介していきますので、この機会に光武帝をよろしくお願いします。

 

参考文献:後漢書光武帝紀上 光武帝紀下 東夷列伝

 

関連記事:【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

関連記事:王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス

関連記事:【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった!

 

【400年続いた漢王朝を分かりやすく解説】
はじめての漢王朝

 




< 1

2

関連記事

  1. 光武帝(劉秀)陰麗華
  2. 鄧禹と光武帝
  3. 司馬遷(しばせん)
  4. 赤眉軍

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP