永安攻防戦とは?姜維とは別の所で蜀を守った羅憲




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬昭から蜀の討伐を命じられる鍾会と鄧艾(トウ艾)

 

三国志の末期、魏はついに蜀に侵攻を開始しました。蜀への入り口である「剣閣(けんかく)」に魏の「鍾会(しょうかい)」「鄧艾(とうがい)」は攻め寄せます。そこを守るのは蜀の勇将「姜維(きょうい)」でした。

 

蜀の姜維

 

姜維は中央の政治から遠ざけられていましたが、剣閣の天然の要害にも助けられ、攻め寄せる魏軍を寄せ付けません。

 

鄧艾(トウ艾)と一緒に木を切り蜀に前進する鄧忠(トウ忠)

 

結局は鄧艾が別ルートで成都に迫り、蜀は降伏します。実はその後、呉も蜀の地に侵略を開始し、激しい攻防が展開されました。それが今回のテーマ「永安攻防戦(えいあんこうぼうせん)」です!




蜀の降伏後、呉が蜀への野心をむき出しに

劉禅

 

263年、蜀の劉禅(りゅうぜん)は魏に降伏をしました。

 

降参する姜維

 

これで蜀の国は滅亡し、剣閣で守っていた姜維も魏に投降することになりました。降伏後の蜀の主導権は鄧艾によって握られることになります。

 

呉を立て直す孫休

 

そんな時、蜀滅亡のどさくさに紛れて、呉が蜀の領土の侵略を企てます。呉は「援軍を送る」と見せかけて、「永安城」に兵を向かわせます。当時の呉の君主は孫権(そんけん)の息子「孫休(そんきゅう)」でした。

 

関連記事:激動の時代を生きた三代目皇帝・孫休は名君か?それとも暗君?

関連記事:孫休は死後どうして孫皓を呉の皇帝に選んだの?

関連記事:劉禅その後はどうなった?皇帝劉禅の生涯・降伏後の姿は本当の姿だった?




羅憲、城で演説し、団結力を高める

羅憲

 

永安城を守っていたのは「羅憲(らけん)」でした。彼は宦官と対立し、この地に左遷された人物です。羅憲は呉の来襲を知ると、動揺する者たちに向かい、

 

「蜀の滅亡は呉の命運にもかかわることなのに、呉は蜀の難を救わず、利益ばかり追い求めている。蜀は滅んだ。しかし、呉も長くは無いだろう、どうして呉に降伏することができようか!」

 

と演説をしました。

 

進軍する兵士b(モブ用)

 

そして武具を整え、城の修繕をし、兵士たちの動揺を抑えることに成功したのです。やむを得ず呉軍は進軍を一時諦めます。

 

呉軍、再び襲来!

殺害される姜維と鍾会

 

264年、蜀の地で独立しようと反乱を起こした鍾会、そしてそれをそそのかした姜維も殺されてしまいます。

 

囚人護送車に乗せられドナドナ状態のトウ艾(鄧艾)とトウ忠(鄧忠)

 

また、蜀の主導権を握っていた鄧艾も讒言され、逮捕そして殺されてしまいました。

 

行軍する兵士達a(モブ)

 

その蜀の混乱を知り、再び呉は蜀へ侵攻を開始、永安城を囲みます。守る羅憲の軍勢はわずか2千ともいわれ、攻める呉はその数倍の兵士数だったといいます。

 

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

しかし、羅憲はその迫る軍勢の攻撃に耐え、そして他の武将に包囲を突破させ、魏への援軍要請をすることに成功します。羅憲は城を守り続け、出撃した際には呉軍を散々に撃退します。

 

関連記事:鄧艾とはどんな人?鍾会に陥れられ衛瓘の指図で殺された鍾会の乱の犠牲者

関連記事:衛瓘とはどんな人?鄧艾と鍾会を始末した鍾会の乱の受益者

 

【邪悪なエリート官僚が起こした乱】
鍾会の乱

 

孫休激怒、再度出兵するも

行軍する兵士達b(モブ)

 

永安城攻略の失敗の報を聞いた孫休は怒り、更に兵を増員し3万もの軍勢を永安に向かわせます。魏への援軍は依頼していましたが、いまだ到来せず、羅憲は籠城を続けました。

 

病気になった兵士

 

場内では病人も続出し、城の脱出を勧める者もいましたが、羅憲は「民を見捨てて、逃げることはできない」と籠城を続けます。そして半年後、ついに援軍は到着。呉軍は退却します。

 

関連記事:名将でも病気には敵わない!名将が頼った三国時代の医術

関連記事:曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 張翼
  2. 怪獣大決戦のような兀突骨 vs 孔明軍
  3. 大きすぎる関羽像
  4. 荊州争奪戦
  5. 王平は四龍将
  6. 劉璋と劉備

    はじめての蜀

    88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

    曹操(そうそう)よりも同族の劉備(りゅうび…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP