鄧艾の魅力に迫る!内政、軍政ともに活躍した武将




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

鄧艾

 

鄧艾(とうがい)は魏の名将で、特に蜀を滅亡させた男として三国志末期には欠かせない武将です。その鄧艾は蜀征伐などの軍での活躍の他に、主に農業などの内政でも活躍しました。しかも現在中国でも人気があるそうです。

 

今回の記事ではそんな鄧艾の魅力に迫ってみます。




鄧艾の魅力1 貧しい家から身をたてた

出世しても農耕の必要性を説く鄧艾(トウ艾)

 

貧乏から成り上がった人物にはなにかと魅力を感じるものです。鄧艾の生まれも裕福な物ではありませんでした。

 

農業の知識が豊富な鄧艾(トウ艾)

 

早くに父を亡くし、母親と二人で貧しい暮らしを強いられていました。加えて故郷を曹操(そうそう)に侵略され、のちに屯田として他の地域に移住させられることになってしまうのです。

 

そんな幼いトウ艾でしたが、12歳くらいの時に役所に出仕することに成功します。なんのコネもないわけで、役所に入れたのは相当な能力、魅力があったに違いありません。

 

関連記事:鄧艾とはどんな人?鍾会に陥れられ衛瓘の指図で殺された鍾会の乱の犠牲者

関連記事:忘年の交わりとは何?鄧艾と陳泰の関係性は三国志演義の創作だった?




鄧艾の魅力2 吃音持ちながらも出世した

鄧艾

 

役所に入ったトウ艾でしたが、彼は「吃音」というハンデがありました。これは話をする時に同じ言葉を連続して言ってしまったり、無言が続いてしまうといった症状です。

 

吃音で悩まされた鄧艾(トウ艾)

 

この吃音のせいでトウ艾はあまり周囲とうまくいかなかったと言われています。しかしそんな彼にも趣味があり、それはいろんな土地を歩き回っては地図を作り、測量をして様々なことを書き込むことでした。これはのちに内政や軍を動かす際に役に立つことになるのです。

 

司馬懿

 

そして司馬懿(しばい)に才能を認められ、出世していくことになります。現代中国でも吃音を克服した例として鄧艾の事が語られることがあるそうですよ。

 

関連記事:魏国の名将・鄧艾は吃音だった?

関連記事:崖から飛び降り蜀に侵攻?鄧艾による成都攻略はどうやって成功したの?

 

鄧艾の魅力3 農政に力を入れ、民の事を思った

屯田民だった若き鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾は自身の経験からか、「国の基本は農業」という考えを持っていたようです。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

ある日司馬懿に「済河論(せいがろん)」という書物を進呈しました。これは田地が良質であっても水が足りない土地で運河を建設し、水を引いて灌漑(かんがい)することにより多くの食料を収穫しようという計画を書いた本でした。

 

地理や地形に精通していた鄧艾(トウ艾)

 

これは苦労時代にあちこちで地図を書いていたことが役に立ったと言えますね。実際、司馬懿はこの運河建設の提案を受け入れ、運河完成後は食料生産が増大し、また、運河は運送にも大いに役に立ったといいます。

 

兵糧庫の中を一杯にした任峻

 

将軍になってからも「国の富の源になる農業こそ国力増強の基本です。軍備も大事ですが、孔子曰く“食足りて兵足る”と。穀物を備蓄し、民を豊かにしたものにこそ、多くの恩賞を与えるべきです。」と、宮廷に提案しています。

 

村人(農民)

 

また、自分が経験した屯田(民や兵を移住させ、農耕させること)も積極的に取り入れています。

 

関連記事:魏の名将、鄧艾と屯田の深い関係とは?

関連記事:于禁が兵糧を運んだのは罰ゲームだった? 陳蘭・梅成の乱が影響していた?

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 吃音で悩まされた鄧艾(トウ艾)
  2. 蜀を滅ぼし己の功を自慢しはじめる鄧艾(トウ艾)
  3. 鄧艾(トウ艾)と共に謀反の疑いで捕まる鄧艾と鄧忠(トウ忠)
  4. 毛布に包まり崖を転げ落ちる鄧艾(トウ艾)
  5. 鍾会に謀反の疑いを讒言され処刑される鄧艾(トウ艾)
  6. 屯田民だった若き鄧艾(トウ艾)

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 4月 27日

    はじめまして
    いつも楽しく記事を読ませていただいております。

    今回の鄧艾の記事で
    ちょっと同じ人物のことをピックアップしすぎかな、と思いまして
    同じ人物というだけというならまだしも、内容も前に見たようなようなものがいくつかありました。
    マイナーだけど、魅力あふれる人物だから知ってもらいたい、というのは大賛成なのですが
    もう少し違った部分が見たい、と思いました。

    長文申し訳ありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP