張遼は過労死したってホント?曹丕に気に入られて寿命を縮めた悲運な漢

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

張遼は過労死(1P目)




どうして曹丕は張遼を前線に出し続けた

kawauso

 

曹丕はどうして、病み上がりの張遼に無理させてまで呉との戦いに向かわせて、過労で病死させてしまう羽目に追い込んだのでしょうか。それは、どうも黄初六年(225年)の曹丕の詔にヒントがあるようです。

 

李典

 

文帝曰く「215年の合肥の戦いでは、張遼&李典(りてん)が歩兵800で賊10万を撃破した。古来より兵を用いてこの様な大勝利を聞いた事がない。この功績は現在に至っても賊の士気を奪うに十分で国の爪牙というものだ」

 

朝まで三国志2017 観客 モブ

 

つまり、合肥の勝利は伝説となり、その立役者である張遼は存在するだけで、呉軍の士気を削ぐレジェンドと化していたとも言えます。実際に孫権が、病み上がりとはいえ、張遼を甘くみるなと言っているので、その効果は抜群だったのでしょう。

 

泣く子も張遼

 

こうなると曹丕は、張遼を前線に出して呉の士気を挫くのがセオリーになってしまい、多少調子が悪かろうと張遼に出てもらうほかにない流れになったと考えられます。

 

関連記事:関羽の死は徐晃の暴走が招いた?曹操が考えた本来の計画とは

関連記事:魏の豪傑!母までも厚遇させた張遼の存在




曹丕が人物に入れ込むとロクな事がない

魏の皇帝になる曹丕

 

曹丕が張遼の武力と声望を頼りにし、厚く報いた事自体は悪くないですが、曹丕は気に入った人物にトコトン入れ込んで、度外れて厚遇してしまう悪癖がありました。

 

孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕

 

張遼以外にも、蜀から寝返った孟達(もうたつ)を厚遇し過ぎ、魏臣に嫉妬心を起こさせてしまい、曹丕の死後に身の置き場に困った孟達が諸葛亮(しょかつりょう)の寝返り工作に応じたケースもあります。

 

孟達を討伐する司馬懿

 

部下の立場にしても、君主の桁外れの厚遇は、失敗した時の手の平返しを恐れさせる原因になり、重圧を増してしまうだけで、良い事はないでしょう。張遼は頑張りすぎてしまい、寿命を縮めてしまったのです。

 

関連記事:張遼はどんな最後を迎えた?張遼の死因と年齢を解説

関連記事:正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る!




三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

今回は張遼の寿命を縮めてしまったかも知れない曹丕の厚遇ぶりを解説しました。部下の好き嫌いが激しく、冷たい仕打ちをした事も多い曹丕ですが、逆に好感を持った部下には桁外れの厚遇をし、部下の立場を危うくする厄介な面があるようです。

 

曹操と曹丕

 

この辺りがもう少しマイルドなら、曹操に匹敵する名君と呼ばれたかも知れませんね。

 

参考文献:正史三国志 張遼伝

 

関連記事:【三国志演義深読み】どうして張遼は丁奉の矢で戦死するのか?

関連記事:【意外】張遼は三国一のカウンセラーだった!人の心を知る優しさを兼ね備えた英傑

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 




< 1

2

関連記事

  1. 取り残された部下を助けに行く張遼
  2. 愛馬に乗る張遼
  3. 李典や楽進と張遼は不仲
  4. 愛馬に乗る張遼

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP