袁術さんはどうして皇帝を名乗ったの?

2021年6月1日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁術

 

袁術(えんじゅつ)の最大のやらかしポイントとして、皇帝僭称(せんしょう)があります。というか、筆者の中でこの皇帝を名乗ってしまったことが袁術の終わりの始まりと言っても過言ではありません。

 

袁術

 

今回はこの袁術の皇帝僭称についてどこがダメだったのか、個人的ながら筆者なりの解説をしてみたいと思います。どうぞ一意見としてご参考までによろしくお願いします。

 

そもそも皇帝生きてる

献帝

 

初っ端ですが、ここに集結していると言ってもいいでしょう。

 

献帝を保護する曹操

 

漢王朝の権威は失墜しているとはいえ、曹操(そうそう)に保護された献帝(けんてい)という存在がまだ生きているのです。

 

献帝 恩賜の御衣

 

この漢の時代において、漢の血筋の献帝は(事実はどうあれ)絶対の存在。その献帝を無視して「私が皇帝です(※皇帝の一人称は朕です)」と言っても、周囲からは認められないでしょう。

 

関連記事:実はとっても苦労していた!知られざる献帝流浪の日々

関連記事:董承は本当に献帝派だったの?色々ツッコミどころが多い人物

 

皇帝という「理由」

李カク(李傕)と郭汜と献帝

 

そしてこの時代、皇帝は戦う理由になりました。めちゃくちゃ簡単に言ってしまうと、皇帝というトップがいて周囲の群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)は全てその配下のようなもの。

 

献帝を保護する曹操

 

なので

「あいつと戦いますけどこれ皇帝のためです!」

「ちょっと隣の領地を攻めて占領してますけどこれ全部皇帝のためですから!」

ざっくりいうと群雄割拠とはこんな状態です。

 

献帝

 

そこで畏れ多くも皇帝なんて名乗ってしまえば「皇帝を名乗るなんて不敬である!打ち倒してやる!ついでにお前の土地も貰う(本命)!」と言われる理由ができてしまうのですね。

 

これでは周囲全てを自ら敵に回していると言っても良いでしょう。

 

関連記事:献帝の生涯と、それぞれから最期に贈られた諡を考えてみる

関連記事:献帝の死因を探っていくと、見えてくるもう一つの側面

 

劉備「漢の皇帝です」

蜀の皇帝に即位した劉備

 

と、ここで「劉備(りゅうび)だって皇帝名乗ったじゃん!」とお思いのことでしょう。しかし、劉備と袁術には大きな違いがあります。

 

靖王劉勝の子孫と勝手に名乗る劉備

 

劉備は漢の皇帝の血筋の人物(自称)ですが、袁術はそうではないのです。

 

袁術

 

後の世でも皇室の一族が皇帝を勝手に名乗ることはありますが、その皇室の一族に何の関係もない、むしろその王朝で何代も重役に就いた故の名族、袁一族。

 

袁術

 

そんな人物が皇帝を名乗っても誰もついてはいかないでしょう。そもそも劉備も「献帝は無理やり皇位を奪われたの!だから俺が漢を復活させるの!」という意味で皇帝を名乗っていますからね……袁術とはここが違うのです。

 

関連記事:衝撃!曹操が献帝を迎えたのは悪名を消す為だった

関連記事:賈詡が献帝を完璧ガード!長安特別警備隊出動!

 

どうして皇帝名乗っちゃったの?

演説をする袁術

 

なので最終的には「どうして袁術はいきなり皇帝を名乗ってしまったの?」となるのですが……はっきりした理由は分からないんですよね。

 

袁術

 

史書や呉書を読むと「皇室の在り方に疑問があった」「皇室の権威が失墜していることに気付いたので」などなど書かれていますが、こういうことを考えている、理解している所を見ると袁術は巷で言われているほど何にも分かっていないということはないと思うのですよ。

 

先読み袁術

 

寧ろきちんと政治の流れを見ていると言って良いでしょう。

 

関連記事:袁紹と袁術が親戚同士ならどうして共闘して天下を狙わなかったの?

関連記事:孫策が袁術のもとから離れたのは本当に皇帝になったのが原因なの?

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-