魏の鄧艾の戦績とは?北伐の防衛と蜀討伐で強さを見せつけた漢の生涯




戦には強いが悲しき最期

トウ艾(鄧艾)が気に食わない鍾会

 

鄧艾は蜀を降伏させましたが、その後は独断専行が多くなっていきました。これを鐘会に目を付けられ、「謀反の疑いあり」と告げ口をされてしまいます。

 

鍾会に謀反の疑いを讒言され処刑される鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾は逮捕され、都に送る途中に殺されてしまいます。鄧艾はとても戦に強い武将ではありましたが、悲しい最期を迎えてしまいました。

 

正史三国志を執筆する陳寿

 

正史「三国志」の著者「陳寿(ちんじゅ)」は鄧艾の事を「強い意志で功績を上げたが、災いを避ける配慮に欠けていた」と評しています。

 

関連記事:陳寿はやはり諸葛亮びいきだった!その証拠を発見

関連記事:不遇なんてウソ!陳寿の悲劇の歴史家像は捏造だった?




三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

鄧艾はとても戦に強く、おまけに内政にも優れるという完璧な武将でした。様々な困難をのりこえてきたのですから、相当な決断力があったと考えられますね。最期は悲しいですが、その高い評価は揺るぎませんね。

 

関連記事:鄧艾の魅力に迫る!内政、軍政ともに活躍した武将

関連記事:魏の名将、鄧艾と屯田の深い関係とは?

関連記事:魏の功労者鄧艾が死亡、その悲しき最期とは?

 

【蜀漢平定の功労者 トウ艾】
トウ艾

 




< 1

2

関連記事

  1. 忘年の交わりを結んだ鄧艾(トウ艾)と陳泰
  2. 屯田民だった若き鄧艾(トウ艾)
  3. 鄧艾(トウ艾)と共に謀反の疑いで捕まる鄧艾と鄧忠(トウ忠)
  4. 毛布に包まり崖を転げ落ちる鄧艾(トウ艾)
  5. 吃音で悩まされた鄧艾(トウ艾)
  6. 出世しても農耕の必要性を説く鄧艾(トウ艾)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP