鄧艾は登山好き?蜀滅亡に導いた三国志最強クライマーの才能




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

農業の知識を使って富国強兵に努める鄧艾(トウ艾)

 

魏の武将「鄧艾(とうがい)」と言えば奇策を用いて蜀を滅ぼしたことで知られる名将です。そんな鄧艾、何故か登山と縁が深いと言われることがあるそうです。

 

前人未到のルートで蜀にたどり着いた鄧艾(トウ艾)

 

それはなぜなのでしょうか。鄧艾の登山は蜀を攻めるときの行動に深く関わってくるのです。今回の記事では鄧艾の生涯と、登山との関係性について語ってみたいと思います。




貧しい家に生まれる鄧艾

出世しても農耕の必要性を説く鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾は早くに父を亡くし、母親と貧しい暮らしをしていました。そんな中生まれ故郷が曹操(そうそう)に侵略され、鄧艾母子は「屯田(とんでん)民」(民に新田を作らせること)として移住させられます。しかし、12歳か13歳くらいのとき、役所に召し出され、役人として働くことになりました。




吃音で苦労するが努力をする鄧艾

吃音で悩まされた鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾は「吃音」というハンデを背負っていました。「吃音」とは同じ音を繰り返したり、口ごもったりすることです。これによって周囲に馬鹿にされ、なかなか出世の機会に恵まれませんでした。

 

地理や地形に精通していた鄧艾(トウ艾)

 

しかし、鄧艾には趣味がありました。それは各地の山や、沼などを回り、地図を作り測量することでした。そして戦が起きたときに備え、軍営などにすべきところを考えて地図に印をつけたりしていました。

 

鄧艾(トウ艾)と一緒に木を切り蜀に前進する鄧忠(トウ忠)

 

そんな中でのちに役に立つ、登山の知識も身に着けたと考えられます。そのことも周りに嘲笑されていましたが、めげずに苦学し、中央に派遣される機会に恵まれます。

 

関連記事:出自が正反対の鄧艾と鍾会、蜀を滅ぼした功績者の悲しい末路

関連記事:魏の鄧艾の戦績とは?北伐の防衛と蜀討伐で強さを見せつけた漢の生涯

 

司馬懿に見いだされ、武将として活躍する鄧艾

司馬懿

 

都に行った際、当時の魏の権力者「司馬懿(しばい)」に見いだされ、役人として働くことになります。鄧艾は数々の建策を行いました。

 

農業の知識が豊富な鄧艾(トウ艾)

 

新田開発のための水を確保するための運河建設や、活発な屯田政策など、主に農業政策に彼は通じていたようです。鄧艾の建策の多くは司馬懿に採用され、魏の国力増強に大いに貢献したといいます。

 

怒って田続を斬ろうとする鄧艾

 

後には軍事面を担当する武将としても任用され、異民族の慰撫や、反乱の鎮圧、そして蜀軍の度重なる北伐で戦果を挙げていきました。

 

鄧艾と姜維

 

特に北伐に際しては小説「三国志演義(さんごくしえんぎ)」ではライバル関係とされた「姜維(きょうい)」と何度も対峙することになります。

 

関連記事:曹操は賈逵に暗殺された?曹操の葬儀を主宰した司馬懿の謎に迫る

関連記事:司馬懿の「野心家」イメージはどこから生まれた?

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 忘年の交わりを結んだ鄧艾(トウ艾)と陳泰
  2. 蜀を滅ぼし己の功を自慢しはじめる鄧艾(トウ艾)
  3. 農業の知識を使って富国強兵に努める鄧艾(トウ艾)
  4. 鄧艾(トウ艾)と共に謀反の疑いで捕まる鄧艾と鄧忠(トウ忠)
  5. 衛瓘に唆そそのされるままに鄧艾を斬った田続
  6. 出世しても農耕の必要性を説く鄧艾(トウ艾)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP