曹操は賈逵に暗殺された?曹操の葬儀を主宰した司馬懿の謎に迫る




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

死期を悟る曹操

 

西暦220年正月、漢中を巡る劉備との戦いに敗れて帰還した曹操は病に倒れ65年の波瀾(はらん)の生涯を閉じました。

 

曹操と曹丕

 

そして曹操の後継者は曹丕(そうひ)なので曹操の葬儀は当然曹丕が執り行ったのかと思いきや、実は曹操の葬儀を主宰(しゅさい)したのは司馬懿(しばい)でした。

 

司馬懿

 

一体どうしてこんな奇妙な事が発生したのでしょうか?




葬儀を主宰するのは後継者

 

儒教圏においては、葬儀を主宰するのは死者の後継者です。そして葬儀を立派に取り仕切る事が後継者としての目に見える正当性でした。しかし、曹丕は立派に成人しているにもかかわらず自ら曹操の葬儀を執り行わずに司馬懿に任せているのです。

 

北方謙三風ハードボイルドな曹丕

 

一説では司馬氏が儒教の典礼に詳しいので、賈逵(かき)が司馬懿に命じてそうさせたと言われていますが、本当にそうなのでしょうか? その頃、曹丕は(ぎょう)にいて洛陽からは距離があったのは事実ですが自ら洛陽に出向き、曹操の葬儀をする時間さえなかったのか疑問です。

 

関連記事:曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた

関連記事:【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々




曹操の臨終前、曹彰は呼ばれていた

頭痛に悩む曹操

 

ここに興味深い事実があります。曹操が洛陽で重体に陥った時、曹操は長安にいた曹彰(そうしょう)を早馬で呼びつけています。臨終(りんじゅう)を前にして、曹操の下に呼びつけられるのですからただ事ではありません。しかし、曹彰は間に合わず曹操は死去してしまいました。

 

曹彰

 

ただ、曹彰は諦めきれません。臨終間際に父が自分を呼びつけるからには、自分に王位を譲るつもりだったのだと考え、洛陽で賈逵に璽綬(じじゅ)の在処を尋ねます。賈逵は冷静にあらたまり

賈逵(かき)

 

「すでに太子は鄴にいて、後継者は定まっています。先王の璽綬がどこにあるか、あなたが知る所ではありません」と突き放しました。その後、曹彰は任城王(じんじょうおう)に昇格しますが、王位を狙う者として曹丕にうとまれ毒殺されたという噂もあります。

 

関連記事:賈充の父・賈逵は息子と違い軍事に優れた人物だった!?

関連記事:晋の忠臣・賈充と対立していた対呉総司令官との意外な関係性

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

曹操は賈逵や司馬懿に暗殺されたのではないか?

曹操頭痛

 

史書では曹彰が大それた野心を抱いたかのような描き方ですがkawausoはもしかして曹操が心変わりしたのではないかと考えます。いざ、死を間際にした時、曹操が冷静な判断力を持っていたとは言い切れません。死因は脳腫瘍とも言われ、激しい片頭痛があった曹操が錯乱し曹丕を廃して長安の曹彰に自分の葬儀を司れと言った可能性はゼロではなさそうです。

 

そうでないなら、曹彰が賈逵に向かって曹操の璽綬の在処(ありか)を問う事は無いでしょう。

「父は私に葬儀を執り行えと言ったのだ。魏王の璽はどこにある?」

 

それくらい質問しても不思議はありません。

 

北方謙三 ハードボイルドな司馬懿

 

しかし、賈逵や司馬懿は曹操が血迷った事を知っていました。同時に、もし曹彰に葬儀をさせれば曹丕派である自分達の破滅は確実です。こうして2人は意図的に曹操を殺害し、曹彰に会わせないようにしました。

 

関連記事:助けて、董承!献帝依頼の曹操暗殺計画とは?

関連記事:やる気あんのか!?董承のペラペラ曹操暗殺計画

 

殺人の証拠を見せない為に司馬懿が葬儀をした

曹操のお墓(曹操高陵)

 

しかし、問題は葬儀を曹丕に執り行わせると暗殺の証拠が出てしまう恐れがある事です。もし毒ではなく、曹操を絞殺したり身体に傷を負わせたなら、肉体がかなり腐乱しない限り、不自然な傷がある事が分かってしまうかも知れません。

 

司馬懿

 

そこで、賈逵は司馬懿が儒教の典礼に詳しい事を理由に、洛陽で司馬懿に曹操の葬儀を執り行わせ、曹操の遺体を(ひつぎ)に移して鄴までの護送の任務に当たったのです。一度柩に入れて陵に安置すれば、入り口は盗掘防止の為に塞がれ二度と柩が開けられる事はありません。

 

こうして、賈逵と司馬懿は曹操殺害の証拠を抹消する事に成功したのです。かくして曹操の後継者でもない司馬懿が曹操の葬儀を主宰する奇妙な出来事の辻褄(つじつま)はあってしまいました。

 

関連記事:関羽が華容道で曹操を斬ると劉備は滅亡していた?

関連記事:今日のkawauso11「曹操は毒矢で死んだ?」

 

【英雄の壮絶な人生・死生観をひも解く】
英雄の墓

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹操と曹丕
  2. 曹操に重宝される賈ク
  3. 悪の正義バットマン風 曹操
  4. 三国志大学を目指す曹操
  5. 曹操・曹丕・曹叡の3代に仕えた朱霊

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 8月 01日

    「天下尚未安定、未得遵古也。葬畢、皆除服。其將兵屯戍者、皆不得離屯部。有司各率乃職。斂以時服、無藏金玉珍寶。」

    ↑武帝紀を読むと死に際に曹操は駐屯地を離れるなと厳命してるのだから、曹丕はそれを忠実に守っている。
    むしろ曹操が血気ある曹彰が曹丕の障害になると判断して打った手なのかもしれない。(敢えて曹彰を呼び出す)

    私の持論だと葬儀に軍を率いて参加するのはアウト。
    曹彰、周瑜、袁譚、劉琦(未遂)を見て判ると思いますが、葬儀に参加しようとして軍を率いて出向いた結果、次の後継者から見事なぐらいに冷遇されてるんです。
    曹操としては長幼の序を良く考えてたと思う。だが曹彰の霍去病に対する憧れが実際に現実味を帯びてきたから、この辺りを憂慮したのだと思います。

    何が言いたいかと言うと曹操は曹操の死後に曹彰を抑える口実を曹丕の為に残したと言う事です。

      • kawauso編集長
      • 2021年 8月 02日

      月友さん:コメントありがとうございます。

      曹操は曹丕の権力を盤石とする為に、敢えて曹彰を呼び寄せて曹丕に処罰する口実を与えたという事ですね。

        • 月友
        • 2021年 8月 04日

        霍去病に憧れていても、これが曹丕の代に項羽や韓信に成りかねない。実力がある者に武力を預ける危うさを曹操は歴史で良く知ってるんですよ。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP