3138名に聞きました!義理堅い異民族と言えば?三国志の歴史を彩ってきた民族達




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

義理高い異民族のアンケート

 

募集期間:2021年3月(1週間)

 

暴れまわる異民族に困る梁習

 

今回は三国志の中で「義理堅い異民族と言えば?」というアンケートを取ってみました。三国志の世代は、その舞台の広さも相まって、数多くの異民族も出てきます。

 

南蛮異民族をボコボコにする潘濬(はんしゅん)

 

多くの異民族に頭を悩ませている、対立している、という場面も多いですが、状況によっては協力し、時に盟友となった存在もいますね。

 

特集バナー 一億二千万人のにほんし 特集バナー

 

皆さんのコメントも一緒に見ていきましょう!

 




蹋頓

烏桓族も裴潜(はいせん)に従っているシーン

 

 

「え?トウトツじゃないの? 袁紹が死んでも息子二人の面倒みたじゃん」

引用元:はじめての三国志TV

 

烏桓族

 

蹋頓は「烏丸鮮卑東夷伝」に記述がある異民族です。烏丸の部族長であり、袁紹とは互いに協力して公孫サンを倒すなど、和親を深めていました。正史でも袁煕、袁尚兄弟を匿って曹操と戦ったことがあり、三国志演義でもこれは変わりません。

 

袁紹

 

袁紹の代で友好を深めただけで、息子の代は知らない……なんてことはなかった、義理堅い異民族ですね。余談ですが、筆者は蒼天航路の蹋頓戦が大好きです。

 

関連記事:【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった!

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 




沙摩柯

沙摩柯

 

 

「沙摩かかな」

「何か王平は特別枠と言うか別格な気がしてしまいます……なので沙摩柯に一票」

引用元:はじめての三国志TV

 

呉軍をけちらす沙摩柯

 

沙摩柯は夷陵の戦いにおいて劉備に協力した異民族の長です。夷陵の戦い自体が劉備の私怨での戦と考えると、それに協力してくれた沙摩柯は中々に義理堅いと言えるでしょう。

 

甘寧を弓で討ち取る沙摩柯

 

しかし三国志演義では何とも異様な姿であるというインパクト抜群の存在となり、またこの戦いで甘寧を討ち取るという凄い活躍を見せています。正史と比べると活躍しているのは、そういった義理堅さに対しての演出もあったのかもしれません。

 

関連記事:沙摩柯とはどんな人?三国志演義では托鉢坊主の外見だった!

関連記事:甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王

関連記事:沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

 

王平

王平は四龍将

 

 

「王平一択だと思っていたら やっぱり」

「張翼・廖化と共に無双でプレイヤー武将化してほしい」

引用元:はじめての三国志TV

 

王平へのコメントは多く見られましたね。そして王平にはこんなコメントもありました。

 

 

「にわかの自分は「王平って異民族だったのか···!?」とビックリしてます」

「王平って異民族だったの?知らんかった」

引用元:はじめての三国志TV

 

ほとんど字が書けなかった王平

 

王平は元々は魏の武将でしたが、漢中戦後に劉備に降りました。そしてそれ以前は張魯の元にいたのです。また王平は「文章が書けない」「文字が10文字しか書けない」ということも相まって、異民族の出身なのでは?とも考えられています。

 

馬謖の山登りに反対する王平

 

もしかしたら馬謖が王平の進言を聞き入れなかったのも、異民族だったという理由もあった可能性はあるのかもしれません。

 

関連記事:魏からの降将である姜維と王平はなぜ蜀軍の中心になったのか?

関連記事:馬謖の山登りは王平が原因だった!陳寿が隠した真実?

 

【諸葛亮に愛された登山家・馬謖】
馬謖

 

 

その他

鮮卑大人、育延

 

 

「個人的には劉豹ではないかと思います。蔡文姫を攫ったとは言え曹操から釈放の提案がなされ金銭を支払う事で交換と言う形を取るとした事に対して金銭の受け取りを拒否し無事に曹操の元に送り返したと言うのは間違いなかく義を通した異民族の方ではないかと思います」

 

「これはもう金禕じゃない?前漢時代の匈奴の金日磾の末裔だし、献帝のために曹操に対して反乱を企て、しかも蜀の劉備に援軍頼むつもりだったのだから」

 

「鮮卑の拓跋力微を挙げさせて頂きます。胡(異民族)の最長老で、親魏勢力だった御仁。晋朝にも協力的で、息子の拓跋沙漠奸を引き続き入朝させています。後に、隋唐へと続く北魏の始祖とされた人物です」

引用元:はじめての三国志TV

 

三国志を楽しく語るライターセン様

 

今回、上記のように多くのコメントが寄せられていました。皆様の知識の深さを知ると共に、やはり三国志の舞台の広さ、そして異民族と呼ばれる一族の多さも再確認することができました。

 

異民族に好かれる董卓

 

異民族故に敵対することもあり、そして時に手を組むこともあり……だからこそそこにドラマが生まれていたのでしょう。民族の違いが考えの違いに繋がり、そしてそれ故に三国志の舞台は複雑化して、面白いものになったのではないかと思います。

 

関連記事:関羽の魅力は劉備以上?敵国から異民族までをも魅了した男の実態

関連記事:世界史レベルの三国志!英傑たちは隣の異民族とどう付き合ったの?

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

三国志ライター センのつぶやき

三国志ライター セン

 

今回、アンケートの内容とはまた違いますが、とあるコメントが少し気になりました。内容の全ては抜出しませんが、どうやらコメントを下さった方が以前に勘違いしてコメントをしてしまったので今後は注意したい……とのことでした。

 

裴潜(はいせん)に依頼する曹操

 

他の方も仰っていましたが、勘違いは誰にでもありますし、そこから色々な知識を知れることも多くあります。なのでどうぞ遠慮なく、色々なコメントをして下さいね!

 

センさんが三国志沼にドボン b

 

どうぞ楽しき三国志の沼へ、どんどん沈んでいって下さい。どぼーん!

 

関連記事:漢王朝を裏切って異民族の土地に逃げた盧綰とは何者?

関連記事:費桟とはどんな人?本当は異民族ではなかったアウトロー

 

 

 

引用元:はじめての三国志TV

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

【魏蜀呉の領域内外に暮らした異民族】
三国志と異民族

 




関連記事

  1. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  2. 後継者争いをしている曹丕と曹植
  3. 劉備の黒歴史
  4. 董承と曹操
  5. 三国志(歴史)を誇張しまくる羅貫中
  6. 孫策が亡くなり呉を継ぐ若き孫権

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP