夏侯惇の逸話は豪快だけじゃない?隻眼将軍の逸話を探る!




 

変わった人物とも仲が良かった夏侯惇

 

田疇(でんちゅう)」という武将がいました。彼はその人徳と知能で、異民族討伐などに大いに貢献しました。

 

曹操

 

しかし朝廷や袁紹(えんしょう)、曹操がその業績を称え、仕官や爵位を与えようとしましたが、彼は「世の中が不安定なのに、自分だけ出世することはできない」とこれらの恩賞や仕官の誘いなどをすべて拒否していました。

 

曹操は何とか田疇を恩賞を与えようと考え、夏候惇に説得を依頼しました。なんと夏候惇はこの変わり者、田疇とも友人関係にあったのです。

 

夏候惇は曹操の名前を出さずに、田疇を説得しましたが、彼は「私を理解してくれるはずの将軍(夏候惇)がそんなことを言うなんて、この首を斬って死ぬしかありません。」と脅し、夏候惇も曹操もしぶしぶ諦めたのでした。

 

関連記事:【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!!

関連記事:夏侯惇が鏡が嫌いなのはブサイクだから??

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 




 

小説では損な役回りをしている夏侯惇

水滸伝って何? 書類や本

 

魏が敵役である小説「三国志演義」では敵国の重要武将である夏候惇は、武勇にすぐれているものの、軽率な人物として描かれています。小説での夏候惇は諸葛亮(しょかつりょう)の策略にかかり戦に大敗したり、死に際しては曹操が殺した者の霊たちに遭遇してしまい、驚いてそのまま死んでしまうというあんまりな最期を迎えています。

 

関連記事:華麗なる夏侯惇の一騎打ちの記録とは?血気盛んな隻眼将軍の戦績

関連記事:曹操の盟友「夏侯惇」は曹丕とはどんな関係だったのか?

 

【孔明没後も続く!はじ三三国志演義全史】
全訳三国志演義

 




三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

夏侯惇の逸話の数々は彼の素晴らしい武将ぶりを示しているものばかりでしたね。これほど完全無欠な人物も珍しいですから、「三国志演義」でのちょっと隙がある所も創作として面白いのかもしれませんね。

 

関連記事:夏侯惇将軍の正しい名前の読み方は、かこうとん?かこうじゅん?どっち?

関連記事:不臣の礼からわかる激動の時代!曹操と夏侯惇の立場

 

【熱き戦いの記憶をコンパクト化】
三国志主要戦図一覧

 




< 1

2

関連記事

  1. 鏡を見ると怒って割っていた夏侯惇
  2. 猛将のイメージが強い夏侯惇
  3. 夏侯惇
  4. 赤壁の戦い
  5. 実は文官タイプだった夏侯惇
  6. 夏侯惇に見出され曹操に仕えた韓浩

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“三国志データベース"




PAGE TOP