水滸伝のラストが納得いかなくても仕方がない?その驚きの理由とは?

2022年5月3日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

水滸伝の宋江

 

水滸伝(すいこでん)には、モデルとなった人が多数存在すると言われています。頭領である宋江(そうこう)にも、賊将の宋江がいた、その宋江が官軍となった、いや二人はそもそも別人、いや違う賊としての宋江がいただけで官軍は存在しなかった……などなど。

 

梁山泊(水滸伝)

 

民間伝承、言い伝え、面白い小話……そうして積み重ねてミックスして生まれたのが物語としての水滸伝と言えるでしょうか。しかしその水滸伝、読んでみると読後感がやや納得いかないところがある。今回は水滸伝の終幕についてお話したいと思います。

 

 

 

 

水滸伝には2つのエンディングがある

 

水滸伝って何? 書類や本

 

さて水滸伝、エンディングが大きく2パターンあります。まず108人の星の生まれ変わりたちが梁山泊(りょうざんぱく)に集まって「これから俺たちの戦いが始まるぜ!(終わり)」とするもの。

 

宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

 

そして更にお話はそこから続き、最終的に宋に梁山泊は帰順するも、敵国との激しい戦いの果てに数々の戦死者が出て、最終的に宋江も毒殺されて梁山泊は実質壊滅して終わるもの。

 

強引な梁山泊スカウト 秦明

 

途中エンディングか登場人物ほぼ終幕までかの違いですね。

 

関連記事:水滸伝はどうして70回で終わりではないのか?100回の果てに何が見えるのか?

関連記事:水滸伝と何ぞや?水滸伝のあらすじ(かなりざっくり化編)

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド

 

 

 

少年漫画の打ち切りのような70回本

宋江(水滸伝)

 

ここでちょっと70回のエンディングの方を。こちらは下手をすると「少年誌の打ち切りか?」とも思ってしまうエンディングです。

 

そもそも、水滸伝とすると話としてはやや短い。一例を挙げると梁山泊のナンバー2である玉麒麟(ぎょくきりん)こと魯俊義(ろしゅんぎ)の登場が61回ということもあり、ナンバー2が大した出番も活躍もないまま終了してしまうのです。

 

水滸伝 風采、人格、気品を備え 棍法に優れた盧俊義

 

玉麒麟の活躍が見たい人はぜひ100回、もしくは120回を見るべきと言えますでしょうか。

 

関連記事:水滸伝はピカレスク小説なお話?ピカレスク・ロマンと四大奇書を考察

関連記事:軍神「関羽」は水滸伝にも多大な影響を与えた理由

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

 

一番希望がある70回本

水滸伝の武松

 

ただ、100回、120回に比べると70回のエンディングは、読後感は良い方だと言えます。梁山泊のメンバーの末路は割と悲惨、悲痛なものが多く、ラストもここまで国のために頑張ってきた宋江が悪漢たちに毒殺されておしまい、ですからね。

 

桃園の誓いをする劉備、張飛、関羽

 

この辺りはたまに「三国志演義は桃園(とうえん)の誓いの頃が一番輝いていたのでは……?」なんて思う筆者みたいなタイプの人には同調して頂けるかもしれません。

 

関連記事:何だかんだ泣かしてくれるぜ!水滸伝・李逵の最期

関連記事:「水滸伝」の作者は施耐庵? それとも羅貫中?水滸伝の作者を考察

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR

 

 

 

水滸伝の納得いかない点

李逵(水滸伝)

 

今回お話したいのは、水滸伝の終わりについて。特に宋江の毒殺、梁山泊壊滅までの終わりについてです。

 

皆さんはこの終幕についてどう思いましたか?

何を感じましたか?

もしかしてちょっとスッキリしていない所もあるのではないでしょうか?

 

あ、誤解しないで下さいね。水滸伝について不平不満をぶつけたいのではありません。ただもしも「ちょっとスッキリしない」という人がいたとするなら、その理由をちょっと一緒に考えて欲しいだけなのです。

 

 

関連記事:「水滸伝」梁山泊の頭領、宋江は主人公っぽくない?人気の理由を考察

関連記事:張飛と性格ソックリ!水滸伝の豪傑・黒旋風、李逵と宋江の出会いとは?

 

北宋・南宋

 

 

最期まで悪事を尽くす四姦臣

蔡京(水滸伝)

 

まず、水滸伝には「四姦臣(しかんしん)」というキャラクターが出てきます。実際の彼らが正史においてどのような悪行をしたかどうかは置いておいて、水滸伝に出てくる彼らは正に悪人、外道とも言える人物たちです。例えば高俅(こうきゅう)とかは、本当に腹の立つ、典型的な悪人というキャラクターですね。

 

しかし高キュウは水滸伝中では裁きを受けません。何の罰も受けずに水滸伝は幕を閉じるのです。こういった面が、水滸伝の読後感にちょっと不満が出てしまう理由の一つでしょう。

 

関連記事:【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!

関連記事:【北宋】徽宗皇帝ってどんな人?Mrノープラン国を滅ぼした第8代皇帝

 

北宋・南宋

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-水滸伝
-