水滸伝と何ぞや?水滸伝のあらすじ(かなりざっくり化編)




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志演義_書類

 

皆さんは三国志は良く、それは良くご存知のことでしょう。もちろん三国志演義(さんごくしえんぎ)についてもまた、良くご存知のことでしょう。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

ではその三国志演義と並ぶ、水滸伝(すいこでん)についてはご存知でしょうか?

 

三国志を語るセンさん

 

今回は「水滸伝ってなあに?」という方のために、まだまだ水滸伝の神髄には至っていない筆者が、水滸伝についてかなりざっくりとした説明をしたいと思います。

 




水滸伝の始まり

梁山泊(水滸伝)

 

ではまず水滸伝の始まりから見てみましょう。時代は北宋(ほそう)、それも末期。官吏たちは汚職に手を染め、世には不条理と不正が跳梁跋扈するそんな時代。この乱れし世の中をどうにかするべく立ち上がったのは108人の英雄たち。

 

宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

 

様々な理由と背景を持った彼らは、導かれるように「梁山泊(りょうざんぱく)」という沼の傍に集まって、悪漢らを倒そうと正義の道を志して行く……という感じのストーリーです。

 

関連記事:「水滸伝」梁山泊の頭領、宋江は主人公っぽくない?人気の理由を考察

関連記事:梁山泊とはどんな所?水滸伝の初代首領の王倫とは誰!?

 

【滅亡から読み解く宋王朝】
北宋・南宋

 




 

「水滸伝」とは?

宋江の夢(水滸伝の主人公)

 

この水滸伝、には三国志、と同じく意味が有ります。

 

水滸、これは「水」の「(ほとり)」という意味です。ほちろとは水際、河や湖のほとり、というように、水滸伝は水のほとりの伝説、という意味になります。そしてこの水のほとりが指し示すのは梁山泊、これはかつて中国にあったとされる沼のことです。

 

現在はこの沼は存在しないようですが、ここは低地であり、その昔は黄河の反乱などで水が溜まり、このために大きな沼が生まれていました。ここに英雄たちが終結していた、と思うと不思議なロマンを感じますね。

 

関連記事:【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む

関連記事:水滸伝はピカレスク小説なお話?ピカレスク・ロマンと四大奇書を考察

 

【草原の王朝 契丹の魅力】
北宋・南宋

 

 

水滸伝の生まれた時代

三国志演義の作家 羅貫中

 

ここで一端、水滸伝が生まれた時代についても説明しておきましょうか。水滸伝が生まれたのは明の時代、著者は施耐庵(したいあん)、もしくは羅貫中(らかんちゅう)と言われています。この名前を見て思い出した方も多いでしょう。

 

そう、三国志演義の作者とされる二人の名前、そして三国志演義が書かれた時代もまた明時代です。この時代に二つの「奇書」が生まれたのは偶然か、はたまた何らかの運命か……それは誰にも分かりません。

 

関連記事:「水滸伝」の作者は施耐庵? それとも羅貫中?水滸伝の作者を考察

関連記事:『三国志演義』はいつ誕生したの?三国志演義の誕生について分かりやすく紹介

 

【孔明没後も続く!はじ三三国志演義全史】
全訳三国志演義

 

 

奇書について

西遊記

 

奇書についてもお話しておきましょう。

 

水滸伝は三国志演義、西遊記(さいゆうき)金瓶梅(きんぺいばい)と共に、中国四大奇書と言われています。この「奇書」についてですが、日本では「三大奇書」として夢野久作(ゆめのきゅうさく)氏の「ドグラ・マグラ」小栗虫太郎(おぐりむしたろう)氏の「黒死館殺人事件(こくしかんさつじんじけん)中井英夫(なかいひでお)氏の「虚無(きょむ)への供物(くもつ)」という著作が有名になって「奇妙な書物」「奇抜な作風の物語」の印象が強くなっているのですが、中国での奇書とは「類い稀なる素晴らしさの書」という意味で使われているのです。

 

封神伝(書類)

 

筆者などは昔、これについて「奇書っていうなら封神演義とかの方が奇書じゃないかなぁ」なんて勘違いをしていたものです、お恥ずかしい!

 

関連記事:【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者?

関連記事:【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

 

水滸伝のスピンオフ?金瓶梅

西遊記巻物 書物_書類

 

因みに四大奇書には「西遊記」「三国志演義」「水滸伝」と共に「金瓶梅」が挙げられています。この金瓶梅は、水滸伝に出てくる英雄の一人、武松(ぶしょう)のストーリーを中心としたお話です。

 

水滸伝の武松

 

武松のストーリー自体は水滸伝中にも出てきますが、それを更に膨らませて面白くしたもの……というか、そこまで武松の出番は多くなく、敵役の二人が破滅していく様を見ていくストーリーというかで……

 

水滸伝の武松

 

かなり三国志演義、水滸伝、西遊記とは趣が違うお話になっております。こちらも興味のある方はどうぞ。

 

関連記事:【金瓶梅】ってどんな本? 四大奇書だけど淫猥すぎて発禁になった奇書

関連記事:漢王朝成立の歴史を美麗に描く!おすすめの映画3本をご紹介

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 李逵と宋江(水滸伝)
  2. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  3. 戴宗
  4. 魯智深(水滸伝)
  5. 林冲
  6. 林冲

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP