孫悟空の生まれは循環の果てにあった?孫悟空金説を考察

2022年7月18日


西遊記 孫悟空

 

さて……遠い(そうでもない)昔に、筆者は西遊記(さいゆうき)孫悟空(そんごくう)が石から産まれたのは、五行(ごぎょう)に則ったもの……と妄想、コホン、提唱させて頂きました。その際において「五行説では石は土で土は金を生み出すから孫悟空は金」という感じでまとめましたね。

 

今回はその提唱にワンポイント添えつつ、更に踏み込んでいきたいと思います。

 

孫悟空金説

孫悟空(西遊記)

 

まずはちょっと五行説による孫悟空金説から。五行には全てのものが五つの物質でできており、それらが巡り巡って他の物質を生み出していく関係、というものがあります。その中で「土は金を生み出す」というものがあり、孫悟空が全身を金の武器防具で固めたりなどすることから

 

「孫悟空は石から産まれた」=「石は土に当たるため、土は金を生み出す五行説から孫悟空の出生が決められている」という考えで、孫悟空は石から産まれたのではないか、という考えを提唱してみました。

 

さてここに更にワンプラス。

 

こちらもCHECK

怪獣大決戦のような兀突骨 vs 孔明軍
兀突骨とはどんな人?むしろ西遊記に出た方がいい怪物

続きを見る

 

三国志とりかへばや物語

 

 

卵が先か?それとも

西遊記 孫悟空

 

孫悟空が産まれた石は、仙石です。この仙石は悟空の故郷となる、火山島、花果山(かかざん)の頂にあります。ある時にこの石が割れて、卵が産まれました。その卵が孵って、産まれたのが孫悟空です。

 

つまりどういうことなんだ?となる出生ですが、まあ英雄の産まれを追い求めすぎるのは野暮ってことなのかもしれませんね。しかしそこを妄想するのが筆者です。そして更に、この花果山についてもちょっと気になることがあります。

 

こちらもCHECK

【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者?

続きを見る

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド

 

火山島

ポイント解説をするセン様

 

ここで火山島、についてちょっと簡単に説明しましょう。

 

火山島というのは、多くの場合、火山作用によって生まれる島です。火山作用というのはつまり噴火のこと。噴火によって火山噴出物、熔岩や灰などが積もり積もって生まれる島が、火山島なのです。もしくは海底隆起によるパターンもありますが、今回は花果山は火山作用によって生まれた、として考えましょう。

 

こちらもCHECK

西遊記
【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった

続きを見る

 

赤兎馬はカバ

 

 

土と日の相生関係

 

五行説には相生(そうじょう)関係という、別の物質を生み出す関係があります。これに則って、土は金を生み出すことから悟空の石から産まれた説を妄想してみました。ではその前、悟空を生み出した石はどこから生まれたのか?

 

ここでまた五行説の相生の関係を見ると「火は土を生み出す」という関係があります。火が燃えることで後には灰、つまり土が残るからです。

 

こちらもCHECK

【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

続きを見る

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-西遊記
-,