帝位を奪おうとした極悪人?「司馬昭」の逸話とは?

2022年7月18日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬昭と司馬師

 

司馬昭(しばしょう)」は司馬懿(しばい)の息子で司馬師(しばし)の弟です。彼は兄とともに司馬家が()の帝位を簒奪(さんだつ)するための準備をした人物として知られていますね。

 

司馬昭から蜀の討伐を命じられる鍾会と鄧艾(トウ艾)

 

元々は配下でありながら、皇帝である曹一族(そういちぞく)をないがしろにして政治を行っていたため、司馬昭の評判はあまりよろしくありません。今回の記事ではそんな司馬昭のプロフィールから意外な逸話まで紹介していきましょう。

 

 

司馬懿の息子として生まれ、意外な一面も見せる

司馬昭

 

司馬昭は司馬懿の次男として生まれました。そして父司馬懿の功績により、とんとん拍子に出世をしていきます。

 

北伐でやりあう曹叡vs孔明

 

時の皇帝は曹叡(そうえい)。彼は諸葛亮(しょかつりょう)が北伐を行っている間はその対応に追われていましたが、諸葛亮が死ぬと、どうやらダガが外れてしまったようです。

 

曹叡

 

大規模な宮殿の建設や民衆からの徴発を行い、農民を強制労働させ、農村は荒廃しました。しかし、司馬昭は農民の徴発を行わず、農業に専念させたので、民は感謝したと言います。冷酷なイメージのある司馬昭の意外な逸話です。

 

こちらもCHECK

北伐でやりあう曹叡vs孔明
曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

続きを見る

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑

 

 

父とともにクーデターを起こし、魏の実権を握る

司馬懿の墓

 

その後、敵対していた曹一族の「曹爽(そうそう)」をクーデターによって殺害し、魏の実権を完全に掌握します。ただ、このクーデターは司馬懿と司馬師が主導し、司馬昭は当日まで知らされていなかったようです。

 

こちらもCHECK

司馬懿
【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?

続きを見る

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

 

姜維を何度も撃退する

蜀の姜維

 

司馬家が魏の実権を握ってからは、(しょく)の「姜維(きょうい)」の北伐にもっぱら対応しました。司馬昭は、策謀家のイメージですが何度も進行してくる姜維を計略をもって撤退させるなど、軍事面で活躍していました。また、北方の異民族を撃退するなど、辺境まで軍を進めており、かなりアグレッシブに戦っていたと考えられます。

 

こちらもCHECK

北伐したくてたまらない姜維
姜維の北伐は必要だったの?失敗した原因は何だったのか考察してみた

続きを見る

 

姜維特集

 

 

 

兄・司馬師が死に、魏の実権を握る司馬昭

晋の司馬師は玉座に座る

 

転戦していた司馬昭ですが、そんな時に兄の司馬師が亡くなります。司馬師には跡継ぎがいなかったので、司馬昭が魏の実権を握ります。

 

諸葛誕を攻める司馬昭

 

そんな彼を苦々しく思っていた人も当然いて、西暦257年には「諸葛誕(しょかつたん)」が反乱を起こし、それを鎮圧しています。

 

しかし、この戦いの後にも逸話があり、司馬昭は反乱に加担し、降伏した武将や兵をすべて許したのです(ただし諸葛誕や降伏しなかったものは皆殺し)。寛容な司馬昭を見せた意外な逸話です。

 

こちらもCHECK

李豊を蹴る司馬師
司馬師ってめちゃくちゃ天才だったのでは?三国時代を終わらせた司馬師の「地味な天才っぷり」をまとめてみた

続きを見る

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-三国志の雑学
-