文欽は自分勝手で全員に嫌われた圧倒的小物感を漂わせる人物だった


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志を語るセンさん

 

戦国の世に手生き残るために必要なものは何でしょうか。武勇か、知略か、家柄か、友情か、それとも時の運か。いいやそうじゃない、それは空気読みパワーである!

 

張繍(張繡)

 

何だかんだ許されたって、後に「君、僕のお兄ちゃん殺したのに良くもまあ何度も会いに来れるね?」とか言われて死んじゃうことだってあるんです。……ということで、今回のお話は空気が読めなかった男、文欽(ぶんきん)のお話をしましょうか。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



魏諷の乱に関与したが親父のお陰で許された文欽

文欽

 

文欽の父親は文稷(ぶんしょく)といい、曹操(そうそう)に仕えていました。文稷についての記録はほぼないのですが、武勇に優れ、曹操の元で功績を立てていたようです。

 

それが分かるのが219年に起こった魏諷(ぎふう)の反乱でのこと。この際に文欽は連座して処刑されそうになりましたが、曹操が父親の功績に免じてその罪を許したそうです。因みに文欽の武勇も父親に負けず劣らずのものであったとか。

 

圧倒的小物で頭も悪かった文欽

文欽
ダメ親父文欽が司馬師に勝てるチャンスを逃していた?

続きを見る

 

姜維特集

 

 

ジュニアと武勇以外の長所がない文欽

天下に名を轟かせる文鴦(ぶんごう)

 

さて、文欽。この武将について良い評価が書かれているのはここまで、といっても過言ではありません。

 

まだ冒頭も冒頭じゃないか、と言われたら本当にそうなのですが、彼の記録で良いことが書かれているのが本当にこの「武勇に優れていた」くらいしかないのが悲しい所。

 

もう一つ良い所を挙げるとするならば、彼の息子はかの有名な「文鴦(ぶんおう)」である、ということくらいでしょうか……。

 

息子(変な意味ではない)が立派な文欽

文鴦(ぶんごう)
文鴦とはどんな人?三国志演義では趙雲を凌ぐ遅れて来た名将

続きを見る

 

英雄の死因

 

 

個人的な恨みで司馬氏に叛く圧倒的小物感!

毌丘倹と共に反乱を起こす文欽

 

そんな武勇には優れていた文欽ですが、同時に気性が荒くて礼節を弁えない性格だったようです。まあそれくらいなら他にも良くある……と言いたい所ですが、文欽は更に上司を馬鹿にするわ法にそわないわとろくでもない性格で「周囲から憎まれていた」と記録されるほど。

 

何せ後に対司馬師(しばし)で手を組む丘倹(かんきゅうけん)(ですが、?丘倹は「司馬師の専横に不安を感じ」とされるのに対して文欽は「戦功を水増し報告したけど認められなかったから」というほぼ逆恨みから司馬師とは対立していたようです。

 

うーん、本当に性格がよろしくない。

 

毌丘倹とは何者?

カン丘倹(毌丘倹)
毌丘倹とはどんな人?異民族討伐ジュニア司馬師の術数の前に倒れる

続きを見る

 

鍾会特集

 

 

呉の嫌われモノ孫峻とは意気投合

孫峻

 

後に、文欽は息子たちを連れて丘倹の反乱に参加。ここでは息子の文鴦が活躍するのですが、文欽の働きはどうにもパッとしない……というか、行動が遅れて京劇に失敗するという失態まで犯してしまい、最終的には()に落ち延びることになります。

 

しかし呉でもその性格は変わらず、諸将からは「憎悪された」とまで言われるも不思議なことに孫峻(そんしゅん)からは気に入られたようで、割と厚遇されます。しかしその最期は、何ともあっさりしたものとなりました。

 

呉にもいた圧倒的小物!孫峻

孫峻
孫峻とはどんな人?小心者で暗殺を回避!でも心を病んで死ぬ小粒悪党

続きを見る

 

馬超特集

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-