[諸葛亮の忠誠]劉禅から国を奪わなかった理由

2023年12月11日


銅雀台

 

蜀の初代皇帝劉備(りゅうび)は呉への遠征に失敗したあと白帝城に入り、そのまま都へ戻ることなく西暦223年に亡くなりました。正史三国志諸葛亮(しょかつりょう)伝によれば、劉備は臨終にさいして重臣の諸葛亮にこう遺言しています。

 

「君の才は曹丕(そうひ)(魏の文帝(ぶんてい))の十倍だ。きっと国を安んじ、最後には大事を成就させることだろう。もし我が子が補佐するに足る人物ならば、これを補佐してやってほしい。もし才がないならば、君が国を取れ」

 

これに対して、諸葛亮は涙を流しながらこう答えます。「私は股肱の力をつくし、忠貞の節をいたし、最後には命を捨てる所存です」のちに諸葛亮が蜀で独裁体制を敷いたことから考えると、この時「ハイそれでは遠慮なく国をいただきます」と言ってもよさそうなものなのに、諸葛亮はどうして辞退したのでしょうか。

 

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



諸葛亮の野望

諸葛亮の野望

諸葛亮

 

諸葛亮は野心家です。正史三国志諸葛亮伝に引用されている『魏略』によれば、まだ誰にも仕官していなかった頃、あくせくと勉強をしている友人を眺めて小馬鹿にしていた諸葛亮は、こんなことを言ったそうです。「君たちは仕官すれば州や郡の長官ぐらいにはなれるだろうな」そういう君は何になるつもりだと問われると、諸葛亮は笑って答えませんでした。

 

州の長官より上を目指していたことは明らかで、王様か皇帝にでもなるつもりだったのでしょう。正史三国志諸葛亮伝によれば、諸葛亮は浪人生活中に梁父吟という歌を好んで口ずさんでいたそうです歌の内容からすると、

 

“天下をブイブイ言わせているならず者の三人を抹殺して国の安定を図った晏子(あんえい)みたいに、俺はなる!”という志が見てとれます。

 

隠者生活をしながら天下三分の計を練り練りしていた諸葛亮は、曹操(そうそう)孫権(そんけん)と劉備に天下を三分割させて、ゆくゆくは三者とも抹殺するつもりだったのでしょう。

 

(梁父吟の内容はこちらの過去記事にあります:

大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?

 

正史三国志李厳(りげん)伝の注釈に引用されている『諸葛亮集』の中の李厳への手紙では、諸葛亮は魏を滅ぼして魏の皇帝を斬り蜀漢の都を漢の旧都・洛陽に戻すことができれば九錫を受けてもいいという趣旨のことを書いています。

 

九錫とは皇帝の持つシンボルアイテムで、皇帝が臣下に与える最高の栄誉です。それをもらった人は王様になり、後々は皇帝になっちまうというフラグであります。諸葛亮の野望はそれほどのものだったのです。

 

 

 

 



皇帝・劉禅の権威をかさに着て権勢を振るう

諸葛亮

 

劉備の「君が国を取れ」という、諸葛亮のことを信頼しているんだか疑っているんだか分からない乱命に対し、諸葛亮は劉備の息子の劉禅(りゅうぜん)に命がけで忠節を尽くすと答えています。そうして劉禅を国君として上に戴いた諸葛亮。劉禅には実権を与えず、自分が丞相として権勢を振るいます。

 

諸葛亮が北伐に出かけるさいには、自分の息のかかった官僚を皇帝のまわりに貼り付かせておき、彼らの言うことを聞くようにと「出師の表」で劉禅に釘を刺してから出かけました。そもそも蜀は諸葛亮が劉備を操縦して建国させた国なので、実権は諸葛亮にあり、劉禅が諸葛亮に逆らえるはずもありません。自分に逆らわない傀儡皇帝を権威としてふりかざし、諸葛亮は自分の体制を盤石なものとしていったのです

 

 

実権を握っているのに皇帝にならなかったわけ

劉禅と孔明

 

皇帝でさえ逆らえないほどの実権を握っているのならば、自分が皇帝になってしまったほうがシンプルです。劉備が臨終の時にせっかく「国を取れ」と言ってくれたのですから、その時にいただいておけばよかったのではないではないかとも思えます。

 

しかし、それは棘(いばら)の道です。当時、劉備の政権下には三種類の人たちがいました。劉備の若い頃から付き従っている人たち、諸葛亮と昵懇(じっこん)な荊州出身の人たち、劉備を蜀に引き入れた功績のある現地出身の人たちです。劉備にはそれをまとめることができましたが、もし諸葛亮が劉備の後を継げば、他の二つの勢力の人たちが諸葛亮の言うことを聞かないおそれがあります。

 

他の二勢力とガタガタしながらトップになるよりも、劉備の息子をトップにたてておき、自分のやりたいことをぜんぶ劉禅に承認させるほうが断然やりやすいです。劉禅の命令書をふりかざし、「わいは先帝の遺児をお守りする忠臣じゃあ! おまいら先帝のご恩を思い出せ!」って一喝すれば、みんな逆らいづらいですからね。

 

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

劉備の遺言に対する諸葛亮の返事の「最後には命を捨てる所存です」という部分はすごいですね。このくらい勢い込んで国取りを否定しておかないと、人から “あいつ国を奪う野心を持っているらしいぞ”って思われて面倒くさいことになりそうだから全力で否定したのでしょう。劉禅をあやつり蜀を盛り立て洛陽でも攻略すれば、諸葛亮はどえらい功臣だということで王様になれたはずで、そうなれば息子の諸葛瞻(しょかつせん)あたりが皇帝になっていたことでしょう。諸葛亮の戦いは、漢王室再興のその先を見ていたと思いますよ。

 

▼こちらもどうぞ

【横山光輝三国志】イリュージョンで世を去る諸葛亮

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
よかミカン

よかミカン

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。 個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。 三国志小説『ショッケンひにほゆ』 【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】 何か一言: 皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。 妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。 読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

-外部配信
-, ,