ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?

孔明 司馬懿 陸遜




孔明 司馬懿 陸遜

3000年の興亡の歴史を持つ中国は軍師の宝庫でもあります。

 

ざっと歴史を俯瞰して名前を上げるだけでも、太公望、管仲、楽毅

范増、陳平、張良、東邦朔、李需、田豊、周兪、孔明徐庶龐統と大豊作です。

 

劉邦のように、張良と陳平という二人の軍師を使いこなしたケースも

あれば、項羽袁紹のように、范増田豊というたった一人の軍師

使いこなせないケースもあります。

 

この中から最強の軍師を選ぶと言っても時代が違うと比較が困難なので

今回は魏・呉、蜀の三国時代の後半を彩る軍師、

諸葛亮孔明司馬懿仲達を比較して見ようと思います。




三国志演義の特徴

孔明バージョン 三国志 軍師

三国志演義では、孔明が主役で悪役が司馬懿になっている事もあり、

孔明の神懸かり的な計略に翻弄され、辛うじて逃げ切る司馬懿ですが、

もちろん、これはフィクションの面が多いのが事実です。

 

孔明は乏しい国力を駆使して、5回に渡る北伐を敢行して魏を攻め

これを司馬懿は迎え撃って撃退しています。

 

一見すると司馬懿は北伐軍に対して防戦一方に見えますが、孔明と違い、

国力が充実している魏は、急いで蜀を攻略する必要がありませんでした。

 

だから、司馬懿も蜀軍の進行を食い止めさえすればそれで良く、

これを打ち破る必要は全く無かったのです。

 

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義 




当時の魏・呉・蜀の国力

三国志地図

 

当時の魏・呉・蜀の戦力を見ると、魏の人口が800万であるのに対し

呉は200万人、蜀に至っては100万人という規模でした。

 

しかも、魏は曹操の尽力で国力が整い、人材はどんどん登用され、

時が過ぎれば過ぎる程、魏と他の2国の国力差は開いていきます。

 

関連記事:三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説

 

 

孔明がしつこいくらい北伐を行った理由

孔明 軍師

 

孔明の北伐の真の狙いは放置すれば、国力差が取りかえしのつかないレベルに

達する事を恐れた孔明の魏の国力を削ぐ為の防衛措置だったのです。

 

関連記事:姜維は忠臣なのか、それとも愚将か? 

関連記事:三国志初心者の為の諸葛孔明ってどんな人

 

孔明と司馬懿の役職の違い

孔明 司馬懿 役職

 

一方の孔明が蜀の承相(総理大臣)として蜀の権力を最大限に動員できたのに

対して、司馬懿は、実は宰相にさえなっていない文官の立場でした。

 

こうして見ると、遂に魏を落とせなかった孔明より、魏を守備して、

蜀の侵攻を阻止した司馬懿が軍師としては優れていると言えます。

 

しかし、前述した通り、蜀の人口は、魏の8分の1に過ぎませんでした。

先進地域である魏と田舎の蜀では国力差は10倍以上はあったでしょう。

 

更に人材豊富な魏に較べて、蜀には、無能の代名詞である劉禅が皇帝と

して君臨し、孔明が後継者として頼む人材は僅かしかいません。

 

孔明は、アホな君主を支え、多くの仕事を自分で決済して、

その為に寿命を縮めたとも言われています。

 

もし司馬懿と孔明の立場を入れ替えたら

梅雨 s

 

もし、司馬懿が孔明の立場であり、孔明が司馬懿の立場なら、

司馬懿は五度に渡る北伐など到底不可能だったでしょう。

 

こうして考えると個人としての資質は、孔明が司馬懿を大きく

上回っていたと考えられます。

 

司馬懿は後に、魏の権力の中枢を掌握して、魏の曹一族を廃し、

孫の司馬炎の時代に、魏は滅ぼされ晋が建国されます。

 

孔明はそのような野心とは無縁で、アホな劉禅を支え続け、

皇帝になれるチャンスは何度もありながら劉備との約束を守り続け

235年に自ら北伐に進出して五丈原で没します。

 

軍師の資質に人間性の高潔さは余り関心がありませんが、

こういう性格の潔さも司馬懿より孔明に人気が集まる原因でしょう。

 

そういう訳で個人的には、3対7で諸葛孔明を中国史上最大の軍師に

推したいと思います。

 

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?




こちらの記事もよく読まれています

孔明 矢

 

よく読まれてる記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

周瑜 孫策

 

よく読まれてる記事:周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

 

法正

よく読まれてる記事:三国志マイナー?武将列伝・軍師『法正』

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

 

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった…
  2. 曹操 耳で聞いて覚える三国志 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  3. 朝まで三国志2017-80 kawauso、禰衡 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第11部
  4. 袁紹VS袁術(犬猿) 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  5. 孫権に攻められ戦死する黄祖 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  6. 黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ 【赤壁の戦いの結末】劉備・曹操・孫権はどんな事があったの?
  7. 曹操 孔明をチェック 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなっ…
  8. 野望が膨らむ鍾会 「蜀を滅ぼした男」鍾会の実像に迫る!けっきょく性格はよい?わるい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 解煩督 呉
  3. 曹操から逃げ回る劉備
  4. 袁術と郭嘉
  5. キングダム53巻
  6. 于禁、曹操、青州兵
  7. 曹操から逃げ回る劉備
  8. 呂不韋
  9. 関羽が好きすぎる曹操

おすすめ記事

  1. 呉の名将・陸遜の栄光と悲劇の生涯がドラマチックすぎる件 陸遜
  2. 【春秋左氏伝】横恋慕から旦那と主君を殺し人妻をゲットした華父督 関羽に無視される孫権
  3. 織田信長は南蛮貿易からいろんなものを仕入れていた!? 火縄銃を気に入る織田信長
  4. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる! 曹操
  5. 天才久坂玄瑞の攘夷実行と現実との剥離
  6. 于禁は虞翻からも厳しいイジメを受けていた?その理由とは? 于禁を虐める曹丕

三國志雑学

  1. 曹操
  2. 何進に見切りをつける蒯越(カイ越)
  3. 孔明
  4. 孔明
  5. 日本に目指さした孫権


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  2. 人物評論家として有名な李粛
  3. 周瑜の魅力
  4. kawauso編集長
  5. 戦で功績をあげる王渾
  6. 実は頭がイイ賢い張飛
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ 蜀の劉琦 劉琦の性格とは一体どんなだったの!? 熱血曹操 若かりし曹操は熱血漢 大久保利通 幕末 大久保利通の名言・格言の意味、座右の銘を紹介 曹操 幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!? 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後 キングダム 戦国七雄地図 戦国策【燕策】人の弱みに付け込み交渉を有利に進めるの巻 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP