広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期

この記事の所要時間: 350




袁紹&袁術

 

西暦197年、揚州の寿春を本拠地としていた

袁術(えんじゅつ)は、皇帝に即位します。

 

これより前の195年、献帝(けんてい)が長安から脱出して

曹操(そうそう)に保護された時、

袁術(えんじゅつ)は、「これで漢の命運は尽きた」と考えて自らが即位する事を

家臣に打ち明けますが、猛反対されて引っ込めていたのです。

 

しかし、197年に至り、袁術(えんじゅつ)は強引に皇帝即位を宣言します。

国号は仲とし、都を寿春としました。

 

前回記事:37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る




袁術(えんじゅつ)に賞金首がかかる

袁術くやしいいい

 

ところが、献帝(けんてい)が存命の間に袁術(えんじゅつ)が

皇帝を名乗った事に諸候は非難轟々曹操(そうそう)は、

これに乗じて献帝(けんてい)の命令で袁術(えんじゅつ)を逆賊として賞金首にします。

 

袁術(えんじゅつ)の配下であった孫策(そんさく)

「無謀な事は止めるように」と何度も諫言するような書簡を送っています。

 

袁術(えんじゅつ)は、それらの反対勢力に全て反発しました。

結果、袁術(えんじゅつ)の配下にいた有力な武将は

袁術(えんじゅつ)を見限って出て行きます。

 

書簡を送って袁術を諌めた孫策(そんさく)も失望して出ていき、

江東で独立志向を強めていきます。

 

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた




袁術(えんじゅつ)は住民に重税を課す暴挙

怒る村人 三国志

 

そればかりなら、まだしも、袁術(えんじゅつ)は皇帝に即位すると、

揚州の住民に重税を課し、また兵力とする為に多くの若者を

徴発してしまいます。

 

働き手は取られた上に、税金は重くなるのでは、

農民の暮らしは苦しくなる一方です。

 

ですが、名門の生まれで庶民の苦労をしらない袁術(えんじゅつ)は、

自分がどれだけ庶民を苦しめているかも分かりませんでした。

 

曹操(そうそう)は遂に袁術(えんじゅつ)を討つ為に兵を出す

曹操躍進

 

西暦198年袁術(えんじゅつ)は、陳という小国を奪い取る為に陳王を暗殺します。

これを知った曹操(そうそう)は、袁術(えんじゅつ)を討つ為に兵を出し、

袁術(えんじゅつ)配下の4人の武将を次々に討ち取ります。

 

これにより袁術(えんじゅつ)の兵力は大きく衰えてしまいました。

さらに同年には、曹操(そうそう)に対抗していた呂布(りょふ)が

袁術(えんじゅつ)に援軍を求めた時に、袁術(えんじゅつ)は

呂布(りょふ)の裏切り癖を理由に援軍を見送ります。

 

袁術(えんじゅつ)からの援軍がなく呂布(りょふ)は尽きる

呂布 あっけない 最後

 

呂布(りょふ)の命運は、これによって尽き、

袁術(えんじゅつ)は曹操(そうそう)の脅威を

まともに受ける羽目になってしまいました。

 

進退極まった袁術(えんじゅつ)は、曹操(そうそう)と

袁紹(えんしょう)のどちらが天下に近いか考え

弱兵の曹操(そうそう)は袁紹(えんしょう)に敗れるだろうと判断します。

 

そして、皇帝の位を袁紹(えんしょう)に譲る事を条件に

自分を守ってくれと手紙を出したのです。

 

袁紹(えんしょう)は、曹操(そうそう)との戦いに忙しく、

味方兵力が増えるのは、有り難い話ではありましたが、

皇帝を名乗って評判を落とした袁術(えんじゅつ)を匿う事で発生するリスク、

そして、以前、袁術(えんじゅつ)が袁紹(えんしょう)を

「身分卑しい庶子の子供」と馬鹿にしていた事を考えて返事をしませんでした。

 

止むなく、袁術(えんじゅつ)は飢饉と悪政で廃墟と化した寿春を捨てて、

猛将紀霊(きれい)を連れて、袁紹(えんしょう)の元へと移動を開始します。

 

これに対して、袁紹(えんしょう)も迎えを寄こす事が分かったので、

曹操(そうそう)は、二人が結託する前にこれを討ち取ろうと

劉備(りゅうび)と朱霊(しゅれい」を派遣します。

 

劉備(りゅうび)は、袁術(えんじゅつ)軍に追いつき、

張飛(ちょうひ)が紀霊(きれい)を討ち取ると袁術(えんじゅつ)軍は

総崩れになり袁術(えんじゅつ)は、僅かな手勢を引きつれて、敗走します。

 

関連記事:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

関連記事:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

 

袁術(えんじゅつ)の最期

袁術の最後

 

時は真夏でしたが、袁術(えんじゅつ)軍には食糧はおろか、

水さえありませんでした。

袁術(えんじゅつ)は、蜂蜜水を料理人に所望しましたが、料理人は、

 

「血と水しか材料がありません、蜂蜜などどこで得られましょう」

と冷たく言い放ちました。

 

袁術(えんじゅつ)は、寝台に腰掛けると、突然、目を見開いて

 

「袁術ともあろうものが、このようなザマになろうとは!!」

と叫んで、口から大量の血を吐いて絶命したと言われています。

 

袁術(えんじゅつ)の人生

袁術

 

袁術(えんじゅつ)はゲーム等では最後の悲惨な末路が勘案されて、

知力は低めに設定されていますが、その人生を振り返ると、

常に相手を上回る知略を駆使し、敵を騙しても騙される事はない

狡猾な策謀家として定義できます。

 

ただ、野望だけが先走る傾向があり、自分の実力を過信し、

皇帝を名乗るなどした為に、諸候の信頼を失い、

また、農民の苦労を知らず内政に意を用いなかったので

自分が拠って立つ基盤まで失ってしまいました。

 

故に一度の敗戦で、国力はガタ落ちしてしまい、

再起する事が出来なかったのです。

 

袁術(えんじゅつ)の失敗は、その部分に尽きると言えるでしょう。

 

関連記事:三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計

関連記事:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

 

耳で聞いて覚える三国志


次回記事:39話:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる




—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—

企画バナー袁術

 

こちらの記事もよく読まれています

袁術と孫策

 

よく読まれてる記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

袁術くやしいいい

関連記事:とっても皇帝になりたかった袁術

袁紹VS袁術

関連記事:貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中

関連記事

  1. 【5分で分かる】田中角栄とは何者なの?戦後最大の庶民宰相をザック…
  2. 曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】
  3. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  4. 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?
  5. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  6. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  7. キングダム 517話 ネタバレ予想:最近、河了貂がポンコツになっ…
  8. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?
  2. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  3. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  4. 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
  5. 妻子を人質に取られすぎな劉備
  6. はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しました!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした? 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの? うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……! 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの? 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?

おすすめ記事

  1. 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る!
  2. 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?
  3. 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集
  4. 周瑜公瑾の輝かしい功績
  5. 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】
  6. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】
  8. 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP