46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操軍

 

70万の袁紹(えんしょう)軍は、隊列を整え悠然と官渡城に前身してきます。一方の曹操(そうそう)も、兵糧に不安がある以上は、短期決戦を行わざるを得ず、兵力を前面に並べて対峙します。

 

愛馬に乗り敵を粉砕する張遼

 

曹操は、張遼(ちょうりょう)、徐晃(じょこう)、許褚(きょちょ)、李典(りてん)というような名だたる武将を押し立てて、進撃していきます。

 

行軍する兵士達b(モブ)

 

しかし、7万対70万、海に呑みこまれる、小川の流れのような、曹操(そうそう)軍の数の少なさが目立ちます。同じく、正攻法で曹操を踏み砕く事に執着している袁紹も、猛将、張郃(ちょうこう)を出して来ます。

 

前回記事:45話:象対蟻か?袁紹vs曹操

張遼(ちょうりょう)対 張郃(ちょうこう)

泣く子も張遼

 

最初は、張遼(ちょうりょう)と張郃(ちょうこう)の一騎打ちになりますが、張郃は強く、張遼が負けそうになったので、曹操は慌てて、許褚(きょちょ)を援軍に出します。これを見た袁紹(えんしょう)は、高覧(こうらん)を援軍に出してきました。

 

曹洪

 

この間隙を突いて、曹操は、夏候惇(かこう・とん)そして、曹洪(そうこう)に兵3千名を与えて袁紹軍の本陣に斬りこませました。しかし、袁紹は、後方に巨大な櫓(やぐら)を組んで、上部に石弓(いしゆみ」部隊を配置して備えていたのです。


石弓(いしゆみ)って何?

石弓兵強い 袁紹

 

石弓とは、機械仕掛けのウインチ式の弓矢で、トリガーを引いて、矢が飛び出すので、ブレず、素人の兵士でも命中率が高くなる、当時の中国のハイテク兵器でした。

審配(しんぱい)

 

袁紹軍の武将、審配(しんぱい)は、石弓に火を付けて飛ばしたので、曹操軍の真上からは、火の雨が降り注ぎ夏候惇(かこう・とん)と曹洪(そうこう)の兵力は大混乱に陥って撤退します。

 

弩(ど)を発射させる蜀兵士達

 

勢いづいた袁紹は、曹操軍に突撃を開始したので、壊滅を恐れた曹操は、退却を指示し、曹操軍は命からがら、官渡城に逃げ込んで、城門を閉じてしまいました。こうして、曹操(そうそう)軍は、袁紹(えんしょう)軍の櫓(やぐら)と石弓(いしゆみ)の前に大惨敗を喫します

 

袁紹

 

三国志の戦いのハイライト、官渡決戦の第一ラウンドは、袁紹軍の勝利でした。

 

次回記事:47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!

 

 

関連記事

  1. 全訳三国志演義

    101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す

    合肥(がっぴ)城で張遼(ちょうりょう)に破…

  2. 三国志 歴史
  3. 抜き出た曹操
  4. はじめての蜀

    90話:張任によって龐統討たれる

    涪水城が、龐統(ほうとう)の計略で落ちた事…

  5. 孫権 劉備 対立
  6. 孫堅逝く

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP