ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1

曹操 女性の敵? 鄒氏




13人の妻達(曹操)

 

13人の妻と、32人の子供がいたという曹操

女っ気のない武将たちが多い『三国志』の中で、際立って女性関係の

エピソードが多いため、曹操は「エロおやじ」だと思われがちです。

 

……決して私は曹操をおとしめるつもりはなく

むしろ、曹操を持ち上げたいと思っています。

 

そこで、曹操の女性に関するエピソードを見ることで、

あくまで私見で曹操は「女の敵なのかどうか」を検証してみたいと思います。




人妻、鄒氏との恋にうつつを抜かして長男を失う

曹操 女性の敵? 鄒氏

 

鄒(すう)氏は、董卓の部下、張済の妻でしたが、

夫は流れ矢に当たって亡くなり、鄒氏は未亡人になりました。

 

その後、張済の甥である張繍と行動を共にします。

宛城に駐屯中、曹操が戦を仕掛けて来たとき、

勝ち目がないと悟った張繍は、軍を率いて降伏します。

 

しかし、ここで曹操は、鄒氏を妾にしてしまいます。

おじの未亡人に手を出されたとあっては、張繍も怒りを覚え

曹操に反感を抱き、曹操を襲撃しようと計画します。

 

曹操は鄒氏の魅力にめろめろで、そんなことにまったく気づきません。

異変に気付いたのは、長男の曹昂でした。

曹昂は襲撃の際、父曹操を逃がすために、敵に殺されてしまいます。

 

曹操の妻、丁夫人は、継子である曹昂をたいへん可愛がっていたこともあり

この事件を契機に、曹操と不仲になり、離縁するのです。

 

まあ……当然ですよね……。

戦をしに行ったと思ったら、人妻にうつつを抜かして、

長男を失って帰ってくるなんて……。

 

しかし、実際のところ、張繍が曹操を襲撃したのは、

曹操が張繍を殺そうとしている計画を知ったため、先手を打っただけです。

鄒氏の存在については、あくまで物語の演出の一環ではないかと思われます。




人妻、小喬を侍らせたいと夢見て赤壁で大敗する

抜き出た曹操

 

呉の周瑜の妻、小喬(しょうきょう)は、孫策の妻大喬と並んで

「二喬」と称される美人姉妹で有名でした。

 

小喬の父、橋玄は、漢の大尉を務めた名士で、

曹操が故郷の譙にくすぶっていたころに交流がありました。

この時から、曹操は姉妹のどちらかを娶りたいと思っていたようです。

 

ある時曹操は戯れにこう言います。

「俺、銅雀台を建てたら、二喬を侍らせて、朝晩愛でて楽しむんだ」

これは、曹操の五男である曹植によって、『銅雀台賦』という歌に

しっかりと記録されています。

 

さて、これが赤壁の戦いのとき、

開戦にいまいち乗り気ではない周瑜に対し、諸葛孔明がやってきて、

この「二喬を侍らせるんだ」という曹操男のロマンの歌を詠みあげ、

周瑜を挑発します。

もちろん、妻を愛している周瑜は大激怒。

ここに、赤壁の戦いが勃発するわけです。

 

……あれ?

銅雀台って、220年建立だったような……。

実際は、赤壁よりも、2年後です。

というわけで、あくまで『三国志演義』のエピソードですが、

曹操が美人がダイスキという話は、こんなふうに

読者の心に残ってしまうわけです。




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  2. 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族) 蜀軍に魔法と魔獣を使って徹底抗戦した木鹿大王がおもしろい
  3. 蜀の劉備 夷陵の戦いで勝つには?呉に対してどうするべきだったのか?
  4. 海賊時代の孫堅と孫策 孫堅から孫権はどんな所を受け継いでいたの?
  5. 山頂に陣を敷いた馬謖 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝…
  6. 司馬懿と曹操 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  7. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  8. 城 銅雀台 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 孔明をチェック
  2. 水魚の交わり
  3. 関帝廟 関羽
  4. 劉備と関平たち
  5. 藺相如(りんしょうじょ)
  6. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  7. キングダム53巻
  8. 劉禅

おすすめ記事

  1. 姜維が永安城に入城すれば蜀の復興も可能だった? 蜀の姜維
  2. みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情
  3. 黄皓の策謀!劉禅が占いを信じなければ蜀は滅亡しなかった!? 劉禅に気に入られる黄皓
  4. 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは?
  5. 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い 曹操から逃げ回る劉備
  6. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 孔明南東の風
  3. 董卓
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 暗殺計画自慢の董承
  2. 姜維
  3. 魏の夏侯淵

おすすめ記事

孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250 スパムアカウント凍結のお知らせ(12月27日実施) 朝まで三国志 袁紹 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! 劉備 呂布 肉取り合い 劉備は三国志で最も残酷な英雄だった?人肉を食べた真相 郭嘉の本 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 芹沢鴨とはどんな人?初代新選組筆頭局長・芹沢鴨誕生から暗殺まで

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP