キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る

孫権 冠

 

甘寧(かんねい)が呉に投降してきたと聞いて、

孫権(そんけん)は当初、わけがわかりませんでした。

どうして、呉を破った功労者である甘寧が自分達に投降してきたのか、、

 

しかし、これは千載一遇のチャンスではあります。

何しろ、黄祖(こうそ)軍、最大の強敵が自分達に降伏したのです。

孫権は、取るものも取りあえず、甘寧に引見しました。

 

甘寧:「黄祖は、ケチで猜疑心が強く、私を嫌っております、、

この間の戦いでも、あなたがた呉軍を退けて窮地を救ってやったのに

黄祖は、何の恩賞も与えぬばかりか、ますます警戒してきました。

このような狭量の男にはほとほと愛想が尽きたのです。」

 

前回記事:70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編

 

甘寧は孫権に敵陣の情報を伝える

甘寧 裏切る ゆるキャラ

 

甘寧は、孫権が自ら、引見してきたのに気を良くして、

黄祖の性格から、陣営の様子、人民にどう思われているかまで、

すっかり孫権に喋ってしまいます。

 

孫権:「甘将軍、私は、是が非でも黄祖を討伐し、我が父の仇を討ちたい

黄祖を倒すよい方法はないか?」

 

孫権が尋ねると、甘寧は、、

 

甘寧:「ただ、仇討ちのみならず、荊州を抑える事は天下を獲るのに必要不可欠です

幸いにして、黄祖は徳薄く、猜疑心が強いので名だたる武将は、

誅殺を恐れて、彼の下を離れ、残るは小物ばかりです。

また軍規も乱れ、兵は暴虐、それに住民から重税を取っているので、

全く人気もありません。

私に先陣を任せて頂ければ、造作もなく黄祖の首を取ってみせます。」

 

周瑜を総大将、甘寧を副将で再出陣

影の薄い孫権

 

そのように堂々と答えたので、孫権は喜び、周瑜(しゅうゆ)を

総大将として、甘寧を副将につけて、黄祖を攻撃させました。

 

黄祖の水軍は長江に大軍を浮かべて、進んできますが、

海賊出身の甘寧は、水戦はお手のものでした。

直ぐに、自分の艦を黄祖軍の旗艦に突撃させていきます。

 

大混乱に陥った黄祖の水軍に呂蒙が火を放ち、

黄祖の船団は、火に包まれて壊滅してしまいます。

 

黄祖は、上陸した呉軍に攻められ、江夏城を守り切れず、

たった一人脱出しますが、呉軍の騎兵、馮則(ふうそく)という人物に

首を斬られて死亡しました。

三国志演義では、甘寧に斬られたとされている。

 

孫権が自尊心が強い甘寧へ取った対応は?

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

孫権は、周瑜呂蒙(りょもう)の進言を受けて、

甘寧を新任の武将としては扱わず、譜代の家臣として扱いました。

 

自負心の強い甘寧は、この扱いに満足して、その後も孫権に忠誠を尽くし

魏の張遼に匹敵する、呉の甘寧として天下に名前を轟かします。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ
  2. 荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世…
  3. 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版…
  4. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁…
  5. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第5部
  6. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める
  7. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位
  8. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Par…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 鄧禹と兵士
  3. 朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング

おすすめ記事

  1. ペリーとプチャーチン日本を研究した二人から日本人の弱点を探る
  2. kawauso編集長のぼやきVol.30「環境マネジメント」
  3. 87話:劉備、蜀への侵攻を決意
  4. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!
  5. 王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物
  6. 三国志バトル3DRPG『異世界三国志』の予約Top10における事前予約受付をスタート

三國志雑学

  1. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 異議ありと叫ぶ司馬懿

おすすめ記事

名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? 曹操に降伏する教祖・張魯 張魯の配下には以外にも優秀な人材がいた!! 邪馬台国の卑弥呼はアイドル 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【前編】 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件 豊臣秀吉 戦国時代2 お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジはハンパ無い 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!?

おすすめ記事

  1. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  2. 西郷隆盛の政治思想はどんなもの?
  3. 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱
  4. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)
  5. 本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説 燃える本能寺
  6. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  7. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍
  8. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP