三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての変

えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?

この記事の所要時間: 114

曹丕皇帝

 

220年、魏の曹操(そうそう)の跡を継いだ息子、曹丕(そうひ)

魏王(ぎおう)という身分では満足できず、

献帝(けんてい)に譲位をせまり、

自らが皇帝の地位につきます。

 

さらには、献帝は殺害されたという噂も広まります。

 

これを受けて、蜀では

諸葛孔明(しょかつこうめい)らを筆頭に、

劉備を帝位につけ、漢王朝を継承させようという動きが広まりました。

 

 

 

劉備はイヤだと固辞する

劉備 だらしない

「逆賊曹丕なんかと同じことはしたくないもん!」

と、忠義の人、劉備はもちろん皇帝になることを断りました。

 

そもそもその前年の219年、

魏王に即位した曹操に対抗するために、

孔明は劉備にこうすすめていました。

「劉備様、それではあなたは皇帝になるのです」

 

しかし、劉備は決して首を縦に振ることはなく、

「漢中王」に即位することで決着をしていました。

 

たった一年後に、「やっぱり皇帝に」なんて気持ちがかわるわけがありません。

 

なんとしてでも劉備を帝位につけたいと望む孔明は

一計を案じました。

 

 

孔明、渾身の芝居

孔明 仮病

孔明は、病を得たといって自宅にこもります。

仕事の鬼で、常に劉備のそばにいた孔明が、

突然何日も出仕しなくなったため、劉備はびっくりします。

 

聞けば、孔明は重病だというのです。

 

慌てて見舞いに訪れた劉備に、孔明は弱々しい声で告げます。

 

「わたしはもう長くありません。いままでありがとうございました」

 

そんなことを言われて、義兄弟の関羽を失ったばかりの劉備は、

ちぢに乱れて嘆き悲しみます。

 

孔明はここぞとばかりに言いました。

「ああ……、劉備様の皇帝即位を見られないことだけが

心残りだなぁ(ニヤリ)」

 

劉備は、孔明の手を握りしめて約束しました。

「そなたの病が治るなら、即位なんていくらでもするから!!」

 

すると、孔明は、すんなりと起き上がり、にっこりほほえみます。

「それはよかった! あ、病ですか? 今、治りました」

 

なんと、孔明の背後には、諸官たちも隠れていて、

「ついに皇帝に即位してくださるって!」

「やったな、おい」

と騒ぎ出します。

 

劉備ははかられたと気づいたものの、

こうなっては引っ込みが尽きません。

 

皇帝に即位することを決意しました。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

魏延

 

よく読まれてる記事:魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?

 

曹操 健康

 

よく読まれてる記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

 

曹丕

 

よく読まれてる記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ?
  2. 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可…
  3. 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一…
  4. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌
  5. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  6. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  7. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりや…
  8. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍
  2. 論語を覚えるには暗唱が大事!ノーベル賞受賞者も実践した素読とは?
  3. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る
  4. 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】
  6. 島津斉彬は幕末の天才藩主だった3つの理由

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍 第3話:袁術くん、自分の幸せを見つけるため「他人とすぐ比較する癖」を直す 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは? 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!? kawauso編集長のぼやきVol.20「風雲児たち」

おすすめ記事

  1. 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは?
  2. 2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するランカイのモデルも?
  3. 曹操の偏頭痛は歯ぎしりが原因だった?歯ぎしりが引き起こす英雄の悲劇
  4. 【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ
  5. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  6. キングダムネタバレ573話「祝!壁がロゾ王討った?」レビュー
  7. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行
  8. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP