三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!

董卓紙幣

誰もが必要だとは理解していますが、できれば払いたくないものが税金です。

おおよそ、国家というものが成立した時から税は登場し、

私達納税者は、何千年と決められた金額や物を支払ってきました。

もちろん、それは三国志の時代も例外ではありませんが、

この時代に税金の形は大きく変化しています。

 

[adsense]
 

漢の時代から、税金には様々な種類があった

怒る村人 三国志

 

文献によれば、漢の時代には、複数の税金が住民に課せられていた事が分かります。

それらは、人頭税・土地税・財産税・商税・畜税・労働税(徭役)・兵役・鉱林漁業

に関する税など多岐にわたりました。

 

当時の徴税の単位は人頭税と言われ、個人個人に税が掛けられていました。

記録によれば、初期は15歳から60歳までの男女に一律で120銭を納めさせる

一算と数え3歳から14歳までの男女に20銭を納めさせる口銭がありました。

また、女性は早期に嫁にいかせる考えからか15歳から30歳までの未婚女性には

5算つまり750銭が課せられました。

それから、生産力がない奴裨(ぬひ:奴隷)にも2算240銭が課せられましたが、

これは、贅沢税の一部として、所有者が支払ったのでしょう。

 

ちなみに、当時の一銭の価値ですが、色々資料がありますが、330円程度だそうです。

それで考えると、当時の15歳から60歳までの男女の税金は、39600円で、

結婚していない15歳から30歳までの女性は198、000円という事になります。

 

もっとも庶民の税はこれだけではなく、労働税や兵役として、

一年間に1カ月づつ、合計2カ月の義務が課せられました。

これは、お金を納める事で逃げられましたが労働税は1月300銭で10万円位、

兵役の代行には2000銭、660、000円も必要でした。

当然、貧乏な庶民には払える金額ではありません。

 

当時の人々の大半は農民だったでしょうから徴税の負担は兎も角、

労役や兵役で働き手を取られてしまうのは大打撃でした。

 

関連記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

 

[adsense]

後漢末の動乱時代、税収はどうなったの?

泣く民

 

後漢の末に入ると、霊帝の売官許可で倫理が崩壊して、汚職が当たり前になります。

税金を払えなくなった人々は、ついに田畑を捨てて逃げてしまう事態になりました。

おまけに黄巾の乱が勃発すると、黄巾賊に田畑を荒らされ、財産を奪われた人々は、

何百万という規模で流民になり、一部は山賊になり田畑を荒らし、一部は、

戦乱の無い土地を求めて中国大陸を逃げ回りました。

 

こうして、個人、個人を戸籍で記録していた漢の税制は崩壊してしまい、

必要な税金が入らなくなり政権は弱体化していきます。

 

逃げた流民はどうなっていったの?

董卓イラスト0024 kiki

 

では、逃げていった流民はどうなっていったのでしょうか?

これは、各地で群雄として割拠するようになった豪族に吸収されて私有民になりました。

日本の平安時代の荘園のように、群雄が流民を囲い込んで畑を耕させて、

その農作物を税として徴収するようになったのです。

 

流民は、もちろん、兵士にもなり、群雄の勢力争いに利用されます。

こうして戸籍の無い何百万という人々が誕生していきます。

 

群雄でもぶっちぎりの貧乏だった曹操の考えたアイデア

曹操018

 

三国志の最大の英傑である曹操(そうそう)ですが、彼が支配した兗(えん)州と

豫(よ)州は、中国の中心地ではありますが、戦乱の被害をまともに受けている

地域でした。荒れ果てた土地からは、続々と住民が出てゆき、

人口減少に歯止めが掛りません。

 

曹操の武帝紀には、兵糧が不足して戦争が停戦になった事が何度も出ますが、

それは、この深刻な人口不足も影響していたのです。

 

曹操は、この人口不足を補おうと考え、屯田制を思いつきます。

屯田自体は、秦の時代から辺境を警備する兵士の自給自足として制度化しますが

曹操は、これを流用して、荒れ果てた兗州と豫州を立てなおそうとしたのです。

 

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

 

曹操、軍屯と民屯を募集するが、だれも集まらず・・

裏切りは許さぬ 曹操

 

曹操は、農耕に必要な農具や種もみ、牛まで貸し与えて、荒地を貸与するという

触れこみで屯田の募集を掛けますが、当初は集まる人はいませんでした。

それも無理のない事で、土地は農民のものではなく、飽くまでレンタルで、

しかも、税率は50~60%という高率だったからです。

これは当時の小作人とほぼ同じ条件だったので、いかに喰えなくても、

他所に行った方がいいと考える人が多かったのでした。

 

やけになった曹操は、戦争で支配した地域の住民の一部を無理矢理引きはがし

屯田民にしたりしたので、脱走者が続出するなど苦労しました。

それでも、曹操が、税金の納め方を銭ばかりではく物納や、労働力の提供でもよいと

制度を改めたり農政官の努力により、屯田制は次第に根付いていきます。

 

曹操は、漢の時代の人頭税を改めて、納税義務を家族、戸制にします。

一家を連帯責任にして、助けあわせて徴税を円滑にしようとしたのです。

 

【次のページに続きます】

 

[adsense]

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  2. 三国志 象兵
  3. デザイン担当:よりぶりん

    三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

    江戸時代、戦乱のない平和な時間は人々の知識…

  4. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  5. 于禁を虐める曹丕

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP