曹操を好きになってはいけない6つの理由

2015年12月5日


 

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。

曹操を好きになってはいけない

1ページ目から読む場合は、上記の緑ボタンからお願いします。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



曹操を好きになってはいけない理由 5 ヨイショがウザい

曹操 ほめ上手

 

曹操は、金持ちのドラ息子ですが、宦官の孫という血筋のハンディがあり当初は有能な人材が集まりませんでした。そこで、口が上手い曹操は、めぼしい人材を見つけると、ヨイショして、おだて、イイ気分にさせてやる気を出させたのです。

曹操 ヨイショ

 

荀彧には、漢の高祖、劉邦(りゅうほう)の名軍師、張良子房(ちょうりょう・しぼう)になぞらえて、「我が子房」と吹かしているし、典韋(てんい)は古代の豪傑、悪来(あくらい)になぞらえ、許褚(きょちょ)は、劉邦のボディーガードの樊噲(はんかい)に例えています。

 

曹操 ヨイショ

 

また、郭嘉(かくか)には「お前がいればわしは天下を取れる」と最大級に吹かしちゃっています。

 

郭嘉

 

こんなおべんちゃらを言う、曹操のせいで天才郭嘉は寿命を縮めてまで遥か北方の烏丸(うがん)族討伐に従軍して、37年の短い人生を終えます。

 

郭嘉が亡くなり悲しむ曹操

 

曹操の言葉を本心から信じてしまい無理をしたのです!!こんな人を魅了する熱いヨイショが出来る曹操を好きになっては絶対駄目!!

 

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

関連記事:曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

 



曹操を好きになってはいけない理由 6 どスケベ

曹操05

 

曹操は、奥さんが13名もいる、どスケベのチビです。こんなパッとしない容姿なのにモテるのが嫌ですが、それでは飽き足らず、人の未亡人に手を出すなど、スケベぶりも度外れています。そんな曹操は、死が近づくと残された妻で子供がいない者に下駄の鼻緒飾りの内職を覚えさせています。

曹操06

 

当時は女性の地位が低く、妃であっても子供が無いと宮殿を追い出される事さえ珍しくありませんでした。死期を悟った曹操は、子供のいない妻の為に手に職をつけさせようとしていたのです。この、途方もない愛情の深さ、ドスケベです!!

 

曹丕を生む卞夫人と曹操

 

曹操は、相手の女性が子持ちでも、その連れ子を実の子同様に育てました。女性を好きになったら、連れ子まで丸ごと好きになる、何てドスケベでしょう。そりゃあ、容姿がパッとしなくてもモテちゃう筈です。くれぐれも言います、こんなドスケベな曹操を好きになってはいけません!!

 

関連記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

関連記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

曹操なんて、ケチでチキン野郎で居留守の常習犯で、口先が上手いヨイショの名人で、チビで貧相で、女の敵のドスケベです。

 

曹操

 

皆さん、三国志でファンになるなら、くれぐれも曹操だけは止めて下さい!

ハマりこんだら、もうどうなっても知りませんよ!!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-