編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての魏

王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将

この記事の所要時間: 255




photo credit: AYP0850084 via photopin (license)

photo credit: AYP0850084 via photopin (license)

 

今回は魏の後半に活躍した王昶(おうちょう)を紹介します。

彼は優秀で、一言で彼を表現するなら「文武を備えた武将」ですね。

三国志演義」では少ししか、描写が描かれていません。

 

しかし正史の「三国志」ではかなりの活躍をした人物です。

彼は一体どんな活躍をした武将だったのでしょうか。




農業の生産量を増加させた教育熱心な父親

曹丕皇帝

 

王昶は曹丕(そうひ)の太子時代に彼へ仕えます。

曹丕が皇帝になると典農校尉として、洛陽の農業政策を刷新し、目覚ましい実績を挙げます。

この実績が曹丕に認められて、兗州の刺史に任命されます。

その後兗州をしっかりと治め、曹叡が皇帝になると、関内侯として昇進されます。

彼は関内侯に任命されたこの時期に、法律や兵法を勉強し、独自の視点から描いた兵法書や法律に関する本を何冊か出版するのです。

また王昶は教育熱心な父親で、息子や甥の教育を他人任せにせず自ら時に厳しく、時に優しく教育していきます。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る




司馬懿に推挙され、軍事に携わる

司馬懿

 

王昶は政治面や学術で実績を上げていましたが、魏の重臣・司馬懿(しばい)の推挙により、軍人へと転向する事になるのです。

彼は対呉戦線の前線である徐州へ赴くよう命令を受けます。

王昶は徐州の防備や政治に励んでおりましたが、荊州方面に転勤になります。

この時征南将軍に任命され、荊州の軍事を司る都督も兼任し、荊州方面から侵攻してくる呉軍の備えとしての重職へ昇進するのです。

王昶は荊州都督の拠点である宛に着任します。

しかし宛から呉の最前線である襄陽までかなりの距離があり、いざ呉軍が襄陽や他の荊州の城へ侵攻した場合、指示を出すのに不便な土地でした。

 

関連記事:諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?

関連記事:司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

関連記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

 

王昶は荊州の政治・軍事の強化

孔明 司馬懿 役職

 

そのため、襄陽から近い新野に拠点を移し、水軍の訓練を強化し、田畑を新しく開拓させて、農業の収穫量を増加させ、有事の際の兵糧確保に努めたのです。

王昶は荊州の政治・軍事の強化に励んでおりました。

そんなある日、司馬懿から「今後の国策についてどのような方針を打ち出せばよいか」と意見を求められます。

王昶は、若者や官僚達の教育と人事などを中心とした五箇条からなる意見書を司馬懿に送ります。

司馬懿は王昶や他の者からもらった意見書を参考にし、国の政策を決定していきます。

 

呉の征伐で活躍し、魏の重臣へ

photo credit: black beauty via photopin (license)

photo credit: black beauty via photopin (license)

 

王昶は呉の後継者争いが勃発した事を知り「今こそ好機です。呉を討伐する軍勢を出しましょう」と朝廷に上奏します。

魏の朝廷は王昶の意見に賛成し、呉の領内に侵攻するよう、命令を出します。

王昶は新城の太守(郡の長官)である州泰に巫・房陵に駐屯している呉軍を攻撃するよう命令を出します。

また荊州刺史(兵権を持つ統治者)王基に夷陵方面の攻撃を担当させ、王昶は江陵へ大軍を引き連れて出陣しました。

江陵城を守っていた呉の朱績の軍勢を打ち破ります。

王昶は江陵城へたどり着くと、敵を城外におびき出すため、わざと退却をします。

敵はまんまと騙されて王昶軍に追撃を行います。

王昶は退却の途中に設置した伏兵を用いて、呉軍の将軍二人を討ち取りました。

また王基や州泰もそれぞれ勲功を挙げ、三方面同時侵攻作戦は、大成功を収めました。

この功績により征南大将軍・儀同三司(幕府を開く事が出来る重職)に昇進します。

その後司馬師が実権を握ると、陳泰(ちんたい)諸葛誕(しょかつたん)らと共に魏の重臣として認められることになります。

その後彼は毌丘倹の乱や諸葛誕の乱で活躍し、将軍であればだれもがうらやむ驍騎将軍に任命され、司空の位を兼任して位人臣を極めるのです。

 

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

王昶は魏の後半における武将の中で、政治・軍事の両方に秀でた武将は数えるほどしかいません。

その中の一人が王昶です。彼は政治・軍事のみに実績を残した人物ではなく、曹丕に仕えた時に様々なジャンルの本を出版します。

一例としては「兵書」や「治論」、「家誠」などの本を執筆した、執筆者でありました。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

袁紹 曹操

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

曹操議員

 

よく読まれてる記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

曹萌

 

よく読まれてる記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

関連記事

  1. 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人…
  2. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・
  3. クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?
  4. 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?
  5. 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話
  6. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  7. 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  8. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった政治家
  2. 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動
  3. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。
  4. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく!
  5. 涙なしには語れない桃園の結義
  6. 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの? 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの? 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大いに活躍【晋の謀臣列伝】 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何? 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く
  2. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】
  3. 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り!
  4. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  5. 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!?
  6. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1
  7. ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!
  8. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP