ライセンシー募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての魏

王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将

この記事の所要時間: 255




photo credit: AYP0850084 via photopin (license)

photo credit: AYP0850084 via photopin (license)

 

今回は魏の後半に活躍した王昶(おうちょう)を紹介します。

彼は優秀で、一言で彼を表現するなら「文武を備えた武将」ですね。

三国志演義」では少ししか、描写が描かれていません。

 

しかし正史の「三国志」ではかなりの活躍をした人物です。

彼は一体どんな活躍をした武将だったのでしょうか。




農業の生産量を増加させた教育熱心な父親

曹丕皇帝

 

王昶は曹丕(そうひ)の太子時代に彼へ仕えます。

曹丕が皇帝になると典農校尉として、洛陽の農業政策を刷新し、目覚ましい実績を挙げます。

この実績が曹丕に認められて、兗州の刺史に任命されます。

その後兗州をしっかりと治め、曹叡が皇帝になると、関内侯として昇進されます。

彼は関内侯に任命されたこの時期に、法律や兵法を勉強し、独自の視点から描いた兵法書や法律に関する本を何冊か出版するのです。

また王昶は教育熱心な父親で、息子や甥の教育を他人任せにせず自ら時に厳しく、時に優しく教育していきます。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る




司馬懿に推挙され、軍事に携わる

司馬懿

 

王昶は政治面や学術で実績を上げていましたが、魏の重臣・司馬懿(しばい)の推挙により、軍人へと転向する事になるのです。

彼は対呉戦線の前線である徐州へ赴くよう命令を受けます。

王昶は徐州の防備や政治に励んでおりましたが、荊州方面に転勤になります。

この時征南将軍に任命され、荊州の軍事を司る都督も兼任し、荊州方面から侵攻してくる呉軍の備えとしての重職へ昇進するのです。

王昶は荊州都督の拠点である宛に着任します。

しかし宛から呉の最前線である襄陽までかなりの距離があり、いざ呉軍が襄陽や他の荊州の城へ侵攻した場合、指示を出すのに不便な土地でした。

 

関連記事:諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?

関連記事:司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

関連記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

 

王昶は荊州の政治・軍事の強化

孔明 司馬懿 役職

 

そのため、襄陽から近い新野に拠点を移し、水軍の訓練を強化し、田畑を新しく開拓させて、農業の収穫量を増加させ、有事の際の兵糧確保に努めたのです。

王昶は荊州の政治・軍事の強化に励んでおりました。

そんなある日、司馬懿から「今後の国策についてどのような方針を打ち出せばよいか」と意見を求められます。

王昶は、若者や官僚達の教育と人事などを中心とした五箇条からなる意見書を司馬懿に送ります。

司馬懿は王昶や他の者からもらった意見書を参考にし、国の政策を決定していきます。

 

呉の征伐で活躍し、魏の重臣へ

photo credit: black beauty via photopin (license)

photo credit: black beauty via photopin (license)

 

王昶は呉の後継者争いが勃発した事を知り「今こそ好機です。呉を討伐する軍勢を出しましょう」と朝廷に上奏します。

魏の朝廷は王昶の意見に賛成し、呉の領内に侵攻するよう、命令を出します。

王昶は新城の太守(郡の長官)である州泰に巫・房陵に駐屯している呉軍を攻撃するよう命令を出します。

また荊州刺史(兵権を持つ統治者)王基に夷陵方面の攻撃を担当させ、王昶は江陵へ大軍を引き連れて出陣しました。

江陵城を守っていた呉の朱績の軍勢を打ち破ります。

王昶は江陵城へたどり着くと、敵を城外におびき出すため、わざと退却をします。

敵はまんまと騙されて王昶軍に追撃を行います。

王昶は退却の途中に設置した伏兵を用いて、呉軍の将軍二人を討ち取りました。

また王基や州泰もそれぞれ勲功を挙げ、三方面同時侵攻作戦は、大成功を収めました。

この功績により征南大将軍・儀同三司(幕府を開く事が出来る重職)に昇進します。

その後司馬師が実権を握ると、陳泰(ちんたい)諸葛誕(しょかつたん)らと共に魏の重臣として認められることになります。

その後彼は毌丘倹の乱や諸葛誕の乱で活躍し、将軍であればだれもがうらやむ驍騎将軍に任命され、司空の位を兼任して位人臣を極めるのです。

 

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

王昶は魏の後半における武将の中で、政治・軍事の両方に秀でた武将は数えるほどしかいません。

その中の一人が王昶です。彼は政治・軍事のみに実績を残した人物ではなく、曹丕に仕えた時に様々なジャンルの本を出版します。

一例としては「兵書」や「治論」、「家誠」などの本を執筆した、執筆者でありました。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

袁紹 曹操

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

曹操議員

 

よく読まれてる記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

曹萌

 

よく読まれてる記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

関連記事

  1. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  2. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選
  3. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  4. 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の…
  5. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  6. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キ…
  7. 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?…
  8. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍
  2. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は?
  3. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?
  4. 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期
  5. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)
  6. 曹操を好きになってはいけない6つの理由

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた! 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説 もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの? 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの? 【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康 王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師 三国時代の経済ってどうなってたの?

おすすめ記事

  1. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  2. 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・
  3. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  4. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  5. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一
  6. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  7. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者
  8. 【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP