【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす

曹操の使者が下邳城へ来るが…。





表情 呂布02

 

陳登は下邳城へ帰ると呂布に報告します。

呂布は徐州刺史の任命の使者が来るのを待っておりましたが、一向にやってきません。

ついに曹操の使者が下邳城にやってきます。

呂布は曹操の使者に会うと「貴殿の臣下である陳登と陳珪親子に領地を加増せよ」と伝えます。

呂布は「承知仕った。他に私に伝える事はないのか」と曹操の使者に尋ねます。

使者は「ありません。それではこれで。」と呂布に挨拶し、帰っていきます。



呂布の逆鱗に触れる

表情 呂布03

 

呂布は曹操の使者が陳登と陳珪親子の加増のみを知らされただけで帰った事に激怒。

すぐに陳登を呼びます。

呂布は陳登が来ると「曹操の使者が先ほど来て貴様に加増せよと伝えに来た。しかし俺への徐州刺史任命の話はなかったぞ。どうなってんだ」と言いながら机をたたき割ります。

陳登は水のように静まり返り呂布に向かってゆっくりと言い返します。



その時、歴史に名を残す

呂布 VS 曹操

 

陳登は息を整え、歴史に残る名言を呂布に言います。

彼は「私は曹操にこのように申し上げました。

『(虎を飼うなら)その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす(そのにくをあかしむべし。あかざればひとをかまんとす)』と伝えました。」と伝えます。

 

この名言の意味は呂布を遇するのは虎を飼うようなものです。

そのため飽きるほど肉を与えなければ噛みついてくるでしょう。

曹操殿どうか彼に十分な官位と俸禄を与えてくださいますようお願いしますと言う意味です。

この陳登の言葉を聞くと呂布の機嫌は一変し「そうか。曹操は我を虎と称したか。大いに結構だ」と機嫌を直し、その場を離れます。

 

この名言の本当の意味は呂布が喜ぶような意味ではない

呂布 最強 曹操

 

陳登は名言を残して、呂布の逆鱗を躱しましたが、実は呂布が喜ぶような意味の言葉ではありませんでした。

それどころかこの話は全て陳登の作り話です。

曹操は呂布を虎に例えた話など残っていません。

それどころかこの作り話は呂布を持ち上げる名言ではなく彼を大いに貶めた評価をした内容なのです。

まず「虎を飼うならその肉を飽かしむべし」の前半部分は貪欲で物欲の強い呂布を現しております。

後半部分の「飽かざれば人を咬まんとす」は厚遇しても、今以上の厚遇の話が舞い込んできたら厚遇された恩を忘れてその人物を咬み殺すであろうと言う意味です。

 

関連記事:呂布、ナイスシュート!

関連記事:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

関連記事:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

陳登は激怒した呂布の前で作り話し、危機を脱します。

彼は瞬間的に作り話をつくることができる機転の持ち主です。

さらに三国志の中でも最強と称される呂布の逆鱗を前にしても作り話をサラッと話すことのできる彼は普通では考えられない胆力の持ち主であったのでしょう。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまた初めての三国志でお会いしましょう。それじゃまたにゃ~

 

関連記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

関連記事:呂布の裏切りについて考察してみた

関連記事:菫卓を守った最強のボディーガード呂布




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

< 1

2

関連記事

  1. チビってしまう司馬懿と孔明
  2. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  3. チャーチル
  4. スキッパーキ(はてな)
  5. 殿を務める張飛

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 5月 11日

    >呂布は曹操の使者に会うと「貴殿の臣下である陳登と陳珪親子に領地を加増せよ」と伝えます。

    これって正しくは
    曹操の使者は呂布に会うと「貴殿の臣下である陳登と陳珪親子に領地を加増せよ」と伝えます。
    の誤記ではないでしょうか?




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP