ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識!




エドワード黒太子 wiki

 

百年戦争の初期にイギリスを率いて、フランスに勝ち続けたエドワード黒太子

今回は百年戦争で、圧倒的な強さでフランスと戦ったエドワード黒太子について紹介します。



イギリスの王太子・エドワード

エドワード黒太子 wiki

 

エドワード黒太子は、フランスのフィリップ6世に挑戦状を叩きつけたイギリスのエドワード3世の子供で、百年戦争の初期に活躍しました。

百年戦争が開戦されると父エドワード3世は、イギリスを留守にすることが多くなり、その留守の間、まだ13歳のエドワード黒太子がエドワード3世の代理を務めました。この功績により、正式な後継者として認められ王太子なりました。

王太子とは王位継承の第一順位の王子を指します。



常勝将軍・黒太子

ポワティエの戦い wiki

 

エドワード黒太子は、16歳で戦争に参加します。

その強さは圧倒的なもので、エドワード黒太子が参加した戦いのほとんどを勝利で飾っています。

特に、ポワティエの戦いでは、イギリス軍9,000に対しフランス軍18,000の不利な状況から、巧みにフランス軍を誘い出して矢を射かけ、さらには背後や側面からの奇襲で打ち破りました。

これにより、当時のフランス王ジャン2世を捕らえることに成功し、大勝利に結びつけました。

この戦いで、百年戦争でのイギリスの勝利は決定的になり、イギリスは「フランス王位を放棄する代わりにフランスの一部を統治する条約」、ブレティニ・カレー条約を結びます。

これにより、百年戦争は一時休戦状態になりますが、さらなる領地拡大を目論むイギリスとそれを阻止するフランスとの小競り合いは続きます。

 

エドワード黒太子を三国志で例えると誰?

裏切り 呂布

 

エドワード黒太子を三国志で例えると、三国志最強と言われる呂布(りょふ)にあたります。

あの曹操すらも殺すのを躊躇うほどの強さを持っていて、戦場に現われるだけで敵を震え上がらせたほどです。

エドワード黒太子もまた負け知らずで、その存在がフランス軍を恐怖に陥れます。

 

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

関連記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

関連記事:呂布の裏切りについて考察してみた

 

エドワード黒太子が常勝していた理由

石弓兵強い 袁紹

 

また、エドワード黒太子が常勝していた理由のひとつに、弓の違いが上げられます。

当時のフランス軍は、三国志でもお馴染みの弩を使っていましたが、イギリス軍は長弓を使っていたのです。

弩はクロスボウと同様に、機械的に矢を発射する弓で、命中精度や誰でも扱える所に長所がある一方で、矢の装填に時間が掛りました。

長弓は普通の弓矢と大きな差はありませんので、使用者の訓練次第で命中精度や扱いに差がありましたが、矢の装填に必要な時間が圧倒的に速いのが特徴です。

この装填時間の差が大きく戦況に影響していたのです。

 

関連記事:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破

関連記事:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!

関連記事:東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

関連記事:華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器

 

黒太子の暗黒面

photo credit: Welcome to the dark side….. via photopin (license)

 

王太子であり、常勝将軍であるエドワード黒太子には、輝かしいだけではなく残虐な面もありました。

エドワード黒太子は、圧倒的な強さを誇って何年にもわたり戦争を繰り返していました。

百年戦争当時の戦争スタイルは、傭兵を雇って指揮をするのが一般的であり、傭兵を集めるのに多額のお金が必要になりました。

また、豪勢な暮らしを好んでおり、財政状態は破綻していたのです。

この財政状況を再建するために、ブレティニ・カレー条約により支配権を得ていたフランス領に対し、重税を課しました。

エドワード黒太子の暗黒面はこれに留まらず、

イギリスが統治していたフランスの都市であるリモージュでは、さらなる残虐性が顔を覗かせます。

この時のエドワード黒太子は黒死病(ペスト)に侵されており、戦争に参加できない状況にありました。

これを良いことにフランス軍は次々に、イギリスから領地を奪還していきます。

リモージュもあっけなくフランス側に寝返りました。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  2. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  3. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大…
  4. 袁紹にお茶を渡す顔良 なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?…
  5. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  6. ホウ徳、馬超 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  7. 毛沢東(もうたくとう) 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  8. 九品官人法を作った陳羣 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉の周瑜、孫策、程普
  2. 宴会マナーと酒(古代中国)
  3. スサノオが草薙の剣でヤマタノオロチを倒す(古事記)
  4. 典論を掘る曹丕
  5. 石亭の戦い 曹休と韓当
  6. ブチ切れる曹操
  7. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  8. 織田信長
  9. 張昭 VS 孫権

おすすめ記事

  1. はじめての三国志公式twitterアカウントの急激なフォロワー増加について はじめての三国志
  2. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節 曹操 女性の敵? 鄒氏
  3. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦 孔明君のジャングル探検
  4. 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官 陳登を救うために曹操に会見する陳矯(ちんきょう)
  5. 明智光秀は安土城を焼いたのか?その理由は 安土城 織田信長が作らせた城
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第5部 郭嘉の本

三國志雑学

  1. 魏から蜀に下る姜維
  2. 陸遜
  3. 張遼・楽進・李典
  4. 馬騰
  5. 曹休


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 楊醜
  3. 曹操と機密保持
  4. 曹操にコテンパにされる袁紹
  5. 曹植
  6. 藏覇(臧覇)と孫権
  7. 鎌倉時代 服装 男女

おすすめ記事

はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志1月号」12月25日(火)に出版決定 司馬懿 漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー 高杉晋作の死因は感染症結核だった! 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛 鼻をほじりながら無関心な織田信長 若い頃の織田信長はどんな人物だったの?うつけ者が時代を駆け抜ける! 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相 郭嘉 司馬懿は仮病!もしも郭嘉が赤壁の戦いまで生きていたら? 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP